朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

裁判を傍聴してきました

裁判員制度が開始されることになったので、一度は裁判というものを見てみたいと、新地町選挙管理委員会のみなさんと傍聴してきました。

私たちが傍聴したのは刑事裁判で、窃盗でした。

被告人席の後ろに座りました。傍聴席を見渡すと数名の家族もしくは親類という感じの人たち。そして六法全書を片手の研修生という感じの人が数名。そして私たち5名。総勢16,7名が座ってました。

正面の裁判官席はまだ空席。その下段席に書記の方が1名。右側に事務官が2名。その前に弁護士。左の席に検察官が1名。

前のドアが開いて被告人が入ってきました。

ぎょっとしてしまいました。

腰縄、手錠、さらに両脇をかかえられて入って来たのです。大きな体を丸めて頭を下げたままのその姿。隣の親類らしい人はどんな思いで眺めているのでしょう。

そのまま腰かけて裁判長が来るのを待ち、裁判長が入ってきたら手錠と腰縄が外されました。

最初に氏名住所の確認。そして検察官が今回の起訴状を読み上げます。ダンプを盗み、解体して売り払ったらしいです。

それから裁判長が黙秘出来る旨を説明。冒頭陳述の後、弁護人が被告人に質問する形で事件について陳述。

テレビドラマみたいに進んでいきます。ひとつの質問ごとに事件の内容がはっきりしてきます。

それについて検察官からの質問。そしておばさんという方が情状に関する立証をしました。

その方に裁判長が質問していくうちに、おばさんという方は本人のおばさんではなくて、離婚した奥さんのおばさんということがわかりました。

実の両親が来ないで、離婚した奥さんのおばさんが情状陳述をするという、素人目にも不自然な情状立証。

しかもこのおばさんは釈放後は自宅に引き取り、これから展開する事業があるのでその責任者になってもらうというのです。

実の甥でもなくて、前科もあり、組員(脱会の届を出したと言っていたが)という被告人を親身に世話をするという。

世の中にはなんて優しい人がいるのだろうと思った方がいいのか・・・・私のように意地が悪いと、なにか・・ちょっと利用してやろうと思っているのかと勘繰りたくなるような立証答弁でした。

傍聴人が多かったせいか、弁護士さんが張り切り過ぎて質問が多くなり、ここで時間切れ。今日中に結審する予定が翌日まで伸びてしまいました。

「もっと手際よく進めてください」
と裁判長に弁護士さんが叱られる場面もありました。

黙秘権もあるけれど、質問されると一応答えなければならないので、言いたくないことも口ごもりながら答えて、それによってどんどん家庭内の実情などがあぶりだされてきて、テレビドラマよりももっと迫力がありました。

世の中には傍聴マニアの人もいるらしいのですが、納得できました。

裁判員制度で選ばれた人は、素人だから簡単な裁判しか参加させられないだろうと思っている人が多いらしいです。

しかし、裁判員が実際に参加するのは、殺人とか強盗致死傷とかそういう重罪の裁判です。

はたして裁判制度がスムーズに執行されるのか????裁判員は殺人罪の被告に死刑判決を出せるのか???

もし自分が選ばれたならと思うと、すごく重い気持ちで裁判所を後にしました。私は人を裁けないなぁ。

by asahikanokami | 2009-01-30 09:15 | 私のこと
<< 謎の銅像 裁判所に行ってきました >>