朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

謎の銅像

さて、裁判の傍聴をして今夜は作並温泉に宿泊です。

いつもは町役場の車での研修旅行なのですが、雪が降ったら大変ということもあり、たまには列車力も良いねということになりました。

仙台駅は久しぶりです。二年ぶり???なにせいつも仙台に行くときはくるまですから。

作並駅に到着したらお宿の車が待っていました。

f0061402_223285.jpg


温泉に入っておいしい夕ご飯を食べてまた温泉に入って・・・・。ああ~なんて幸せなことでしょう。

いつもなら」お客様の夕ご飯の後片付けであたふたしている時間に、お布団の上に寝っ転がってテレビを見ている。

おっとっとは今頃忙しくしているだろうな。パートさんは帰ったかしら。
などなど、どうしても家のことが思い出されます。

翌朝、出発前、
「お部屋から見える銅像は何の銅像でしょうねぇ?」
と他の委員の方から聞かれました。銅像?銅像?そんなものあったっけ?

あわててお部屋の窓から覗いてみたら雪の中に銅像が建っていました。このお宿の関係者ではなさそうです。道の真中のローターリーになっているところに立っています。

f0061402_22323992.jpg


ミーハーの私のこと。さっそくカメラを片手に傍まで行ってみました。

説明の銅板は長い年月風雨に晒されて腐食してところどころわかりません。どうやら作並温泉を整備して今のような温泉街にした佐藤さんという方のようです。

f0061402_22331252.jpg


列車の出発時間が近づいたので、またカメラ片手に走って宿まで戻ったら
「元気だなぁ」
と他の委員の方に褒められ(あきれられ?)ました。

by asahikanokami | 2009-02-02 22:32 | 私のこと
<< 自書式投票用紙読取分類機 裁判を傍聴してきました >>