朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

謎の銅像

さて、裁判の傍聴をして今夜は作並温泉に宿泊です。

いつもは町役場の車での研修旅行なのですが、雪が降ったら大変ということもあり、たまには列車力も良いねということになりました。

仙台駅は久しぶりです。二年ぶり???なにせいつも仙台に行くときはくるまですから。

作並駅に到着したらお宿の車が待っていました。

f0061402_223285.jpg


温泉に入っておいしい夕ご飯を食べてまた温泉に入って・・・・。ああ~なんて幸せなことでしょう。

いつもなら」お客様の夕ご飯の後片付けであたふたしている時間に、お布団の上に寝っ転がってテレビを見ている。

おっとっとは今頃忙しくしているだろうな。パートさんは帰ったかしら。
などなど、どうしても家のことが思い出されます。

翌朝、出発前、
「お部屋から見える銅像は何の銅像でしょうねぇ?」
と他の委員の方から聞かれました。銅像?銅像?そんなものあったっけ?

あわててお部屋の窓から覗いてみたら雪の中に銅像が建っていました。このお宿の関係者ではなさそうです。道の真中のローターリーになっているところに立っています。

f0061402_22323992.jpg


ミーハーの私のこと。さっそくカメラを片手に傍まで行ってみました。

説明の銅板は長い年月風雨に晒されて腐食してところどころわかりません。どうやら作並温泉を整備して今のような温泉街にした佐藤さんという方のようです。

f0061402_22331252.jpg


列車の出発時間が近づいたので、またカメラ片手に走って宿まで戻ったら
「元気だなぁ」
と他の委員の方に褒められ(あきれられ?)ました。

by asahikanokami | 2009-02-02 22:32 | 私のこと | Comments(6)
Commented by カネコ at 2009-02-03 08:57 x
写真の駅は作並駅ですか。
なんか情緒のあるいい感じの建物ですね。

それにしても宿の銅像、不釣合いな場所のような
気がしますが・・。
なんにせよ、銅像になるような人ってすごいです。
地元で愛されているんですよね、きっと。

仙台といえば大学時代の友達が教師をやっています。
もう、年賀状でのやりとりしかないですが・・。
楽天イーグルスには元中日ドラゴンズの選手も多いし、
勝手に親近感もってます。
Commented by 朝日館女将 at 2009-02-04 21:19 x
カネコ様

そうです。作並駅です。木造でお風呂屋さんをイメージしているそうです。

無人駅なんですよ。

銅像がある場所は周りがぐるっと道路に囲まれた小さな広場でした。この方のおかげで今の作並温泉ができたのだそうです。

名古屋と仙台はいろいろな関係があるんですね。かく言う私も独身時代に岐阜の各務ヶ原に住んでいましたので、休日は名古屋に遊びに行ってましたよ。味噌煮込みうどんを食べに!
Commented by カネコ at 2009-02-04 23:43 x
私の実家は愛知県の犬山市という所です。
岐阜県各務原とは木曽川をはさんでお隣同士。
(名古屋に出てきたのは、就職してからです)
各務原とは・・・すごく身近な感じです。

ちょっと、ビックリしました。
Commented by 朝日館女将 at 2009-02-05 09:29 x
*カネコ様*

あらま!!

犬山城や明治村にも何度も行きましたよ。
結婚前の二年間、各務ヶ原市にある日本毛織という会社の中にある定時制高校で家庭科と料理(今思うと、ろくにお料理ができもしないのに何と大胆不敵な!)を教えながら、100名もいる女子寮の舎監をしてました。
Commented by カネコ at 2009-02-05 12:28 x
ちょっと調べたら、鵜沼に工場がありますね。
そこですか?

鵜沼はホント犬山とはお隣ですよね。
・・・・どっかで会ってるかもしれませんね。

100名もいる女子寮の舎監っていうのもなんか
スゴイですね。
Commented by 朝日館女将 at 2009-02-05 21:24 x
*カネコ様*

そうです、そこです。

中卒の子たちが金の卵ともてはやされた時代のことです。
全国から400名ぐらいの従業員が来ていました。

女子寮が4棟あり、そのうちの一棟が担当でした。年頃の女の子が100名もいると毎日なにかしら事件が起きて管理も大変でした。

今はとても良い思い出になってます。良い経験をさせてもらいました。
<< 自書式投票用紙読取分類機 裁判を傍聴してきました >>