朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

自書式投票用紙読取分類機

自書式投票用紙読取分類機って何だろうと思ったでしょ?

これは普通の人は必要がない機械です。しかし、新地町選挙管理員会では喉から手が出るほど欲しい機械です。

こんな機械です。
f0061402_21483351.jpg


選挙の時に投票済みの用紙をこの機会にセットします。字が汚くても大丈夫です。
f0061402_21485564.jpg


スイッチを入れると自動的に、一分間に480票を読み取り、なおかつそれぞれの候補者別に分類してくれます。すごい!!
f0061402_21492224.jpg


そしてあっという間に計算して各候補者ごとの票数をプリントしてくれます。
f0061402_2149364.jpg


選挙のたびに役場職員のみなさんは、朝早くから投票事務、そして続いて開票作業と一日中大変な思いをします。もしこの機械が導入されたら、開票作業が格段の速さで終了します。

今回の研修旅行の二日目に事務用品メーカーさんを訪問して、開票のデモンストレーションしていただきました。

誤字や脱字や識別不能な字が書いてある票は、はじき出されます。はじき出された票は後で人間の目で識別します。

目にもとまらぬ速さで票が読み取られて分類されていくのをただ驚いて見てきました。

一台300万円以上するらしい。もしわが町の予算に余裕があるのならあの機械が欲しいな~。余裕なんてなさそうだからきっと無理だと思うけどあの機械が一台欲しいなぁ~。

by asahikanokami | 2009-02-09 21:51 | 私のこと
<< 掛け軸 謎の銅像 >>