朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ACのコマーシャルに出ます

いよいよ本日、7月1日から、ACのアイバンク応援キャンペーンのコマーシャルに出演いたします。

現在、年間に角膜移植で光を取り戻される方は2千人なそうです。しかし、半数は国内で提供されるものの、残り半数は東南アジアからの輸入(こういう場合も輸入と言ってもいいのかな??)なそうです。

しかしWHOの規約改正に伴い、自国で必要な臓器は自国で調達しなければならなくなりました。

そのために今国会では臓器移植法の改正の審議が行われています。

脳死は人の死か…ということについてはいろいろなお考えがあると思います。

私個人の意見としては、自分が脳死になった時はすべての臓器を使っていただいても良いです。しかし、家族が脳死だったら絶対に死とは認めないと思います。もちろん臓器も提供できないです。

娘が死んだ後でさえ角膜を持っていかれるのには抵抗がありました。

しかし、時が過ぎて今は角膜を提供してよかったと思っています。まだ角膜だけは生きています。そのことがどれほど私たち夫婦の慰めになっているか知れません。

コマーシャル出演を機にアイバンクに登録しました。伝染性の病気がなければ、老眼でも近眼でも白内障でも提供できるそうです。

撮影はゴールデンウィークの超多忙な後すぐでしたので、顔に疲労感が出ています。そこがちょっと悲壮な感じがしていいといわれましたが、私としてはもう少し美人に撮ってほしかったです。

ではそれなりの映像をご覧ください。

ACジャパン支援キャンペーン  日本アイバンク協会 ТVCF
「最後の親孝行編} 





by asahikanokami | 2009-07-01 20:44 | 私のこと | Comments(12)
Commented by カネコ at 2009-07-01 21:51 x
いろいろとありがとうございました。
やっとオンエアとなります。

実際テレビで見ると感慨深いものがあると思います。
タイミングが合わないとなかなか見ることができないですが・・。
新聞やラジオも楽しみですね。

このCMがアイバンクについて、ご家族で話をするきっかけに
なってくれれば、と思っています。
Commented by まみみ at 2009-07-01 22:02 x
はじめまして。
先月初め、今夏予定しているフランス旅行の参考にさせていただこうとブログ検索していてここにたどりつきました。私にとって本当に幸運な出会いでした。
すてきな文章にひかれ、過去に遡って読ませていただくと次々出てくるお話しの深いこと、尊いこと・・・そのすべてを飲みこんでいらしたお二人のお顔の輝かしいこと!涙がとまりませんでした。
重ねていらしたご経験の上になお、旅行記の中のユーモアあふれるやりとりや文章の明るさ、軽やかさ、お二人の大きさに心から敬服しております。
御著書も早速amazonで取り寄せて何度も読ませていただきました。おじいちゃまのお歌もすてきですねぇ!
「桜」の詩が心にやきついています。慟哭、受け入れ、希望、お気持ちの流れが胸に迫ります。
よい機会をいただきました。アイバンクのこと、ゆっくりじっくり家族で話し合ってみます。
これからもいろいろなお話、楽しみに読ませていただきます。ありがとうございました。
Commented by 朝日館女将 at 2009-07-01 23:01 x
*カネコ様*

いよいよ今日からです。

まだタイミングが合わず見ることも聞くこともできませんが、とても楽しみにしています。

素敵なコマーシャルを創ってくださってありがとうございました。

*まみみ様*

ようこそ!!

いやぁ・・・そんな風にほめていただくと穴を掘って入らなければならなくなります。

日ごろの出来事を、思いつくままに、気ままに書いています。
読んでくださる方がいると思うと、張り切ってしまいます。

読んでくださってありがとうございます。

なにせ、ブログネタに事欠かないおっとっとですので助かります。

また時々は遊びにお出でくださいね。ありがとうございました。
Commented by カルピンママ at 2009-07-02 09:36 x
広島でも見れるのでしょうか?そちら方面だけかな〜。
Commented by 常磐線沿線住民 at 2009-07-02 11:03 x
関東エリアは??
女将さんの声、想像していたのとぴったりです。
おっとっとさんは「オレのセリフは?」と言わなかったのでしょうか・・・。おっとっとさんのお声も聞いてみたかったです。

臓器提供・・・病に苦しんでいる方々のことを思えば、登録したほうがいいとは思うのですが、なかなか・・・。
Commented by カネコ at 2009-07-02 11:42 x
代わってお答えします。

全国でオンエアします。
(しかもほとんどの局で・・)
ただし、いつ流れるかは放送局しだいなので
いつなら見られるということはわかりません。
一年間のキャンペーンですから、気を長くして待っていて
下さい。
ちなみに、新聞もラジオも全国で放送・掲載されます。

あと、ACのキャンペーンは他にもありますので、
そのあたりもご了承下さい。

角膜移植も臓器移植もデリケートな問題で簡単には
割り切れないことだと思います。
これを機会にそのことを考えていただければ、
そしてきっかけになれば幸いです。
Commented by かっちゃん at 2009-07-02 15:40 x
ああ。とってもステキなCMです。
もう音楽とか映像とか女将さんとか旦那様とか菜穂子さんとか
泣けちゃって泣けちゃって。。。。

よろしかったら私のブログでも取り上げてみたいのですがいいかしら?
Commented by 朝日館女将 at 2009-07-02 16:52 x
*カルピンママ様&常磐線沿線住民 様、そしてカネコ様*

お問い合わせありがとうございます。

そしてカネコさん、ご返事をしてくださいましてありがとうございます。

全国の民放テレビ、ラジオ、そして新聞にも出ます。見てくださいね。

*かっちゃん*

ぜひ、ぜひ紹介してください。

カネコさんも書いていますが、このコマーシャルをきっかけにして、命のこと、アイバンクのことなどを話題にしていただけたならと思っています。

Commented by yokocyomuseumu at 2009-07-03 10:59 x
未だTVでは見ていませんが、愉しみにしています。
おふたりの気持ちがシンプルに伝わって(個人的な想いも重ねて)素晴らしいですね。
最近思うんですが自分を外から捉えて貰うと、自分を、なにか納得出来る気がします。この撮影では如何だったでしょうか?
Commented by 朝日館女将 at 2009-07-03 23:26 x
* yokocyomuseumu 様*

テレビは不定期なのでなかなか見る機会がないかもしれません。
でも一年間流れますのでいつかきっと見ることができると思います。

今回の撮影で納得できたことですか・・・・・何でしょうねぇ・・・・・思っていたより老けて撮れたこと・・・・。

というのは冗談で、今回はすべて娘との共同作業だったなぁと思っています。人は死んでも、その思いは誰かの中にいつまでも残っていることを確信しました。
Commented by はなみずき at 2009-07-06 20:04 x
臓器移植について真剣に家族で考える機会がありました。
 果たして脳死を死として受け入れられるか?
難しい問題です。 孫が天に召されるという悲しい出来事が
ありましたので、お嬢さんの角膜が生き続けておられる
話は、あつい物がこみ上げました。素晴らしい事ですね。
 なかなか、TVで拝見出来ずにおりますが、焦らずに待つ
事にします。
Commented by 朝日館女将 at 2009-07-06 23:36 x
*あなみずき様*

私は自分が脳死状態になったら、使える臓器を全部さし上げます。

しかし、家族が脳死の時は、死とは認められないと思います。もちろん絶対に臓器はあげられません。

一方で、臓器移植でしか生きることができないお子さんをお持ちの親御さんの苦しみを思います。

角膜は死後に提供するので、臓器提供とはまた違う気がします。
眼球を取り出した後も、義眼を入れてくださり瞼を縫ってくださるので、顔は眼球がないことがわからないほど普通です。

最初は眼球を持っていくということに抵抗があった私ですが、今は、角膜だけでも生きているということにとても慰められます。

臓器移植の問題はデリケートですので、それぞれのお考えで良いのではと思います。とても難しい問題です。頭では理解できても、いざその場になったら・・・わかりません。
<< 撮影秘話(その1 それは一本の... ドイツ・フランスの旅(その42... >>