朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

撮影秘話(その7 スタイリストさん)

ゴールデンウィークまでの忙しさったら!

海外旅行から帰ってきて、時差ぼけなどと言っているひまもなく、忙しいまま連休に突入。

連休中の大忙しの日々を送り、5月6日に連休最後のお客様をお見送りした後、そのあと片づけをしてそのまま相馬発16時のスーパーひたちに乗りました。

東京に行くのには仙台まで出て、新幹線に乗ったほうが早くて便利なのです。しかし今回は常磐線でスーパーひたちです。

なぜなら連休最終日ということを忘れて、出発間近に切符を買いに行ったからです。当然、上りの新幹線は満席・・・・・でした。かろうじて夕方のスーパーひたちが、奇跡的に二席空いていました。

「お席が離れていますがいいですか?」
と窓口の駅員さんが言ったけど、願ったり叶ったりです。

おっとっとが隣でなければ上野まで眠っていくことができます。おっとっとが隣では、うるさくて寝ってもいられません。

待ち合わせの中目黒の駅に着いたのは20時半ごろでした。夕御飯をごちそうになり、ホテルに行きました。

ホテルで待っていてくださったのはスタイリストさん。

なんと!我々にスタイリストさんが付いたのです。ひゃ~~すごい!!

それからいっぱい持ってきた洋服の中から、とっかえひっかえ試着をして、コマーシャルのイメージに合う洋服を選んでいただきました。

なんと、靴もバックもイヤリングもすべて貸していただくことになりました。

こうして長い一日がやっと終わったのは23時を回っていました。

by asahikanokami | 2009-07-06 23:43 | 私のこと | Comments(3)
Commented by S社のK at 2009-07-07 01:54 x
そうでした、そうでした。
お仕事が大変な中撮影のスケジュールを設定させていただきました。
本当にお忙しいところ申し訳ありませんでした。

しかも、ご自宅で事件が起ったことを知らされたのは夕食を
ご一緒させていただいた時でした。
御主人、手に腕に大やけど。さらに髪の毛も少し燃えてしまった
とのこと。包帯をした手を見たときはビックリしました。
まさにスケジュールとともに危機一髪だったみたいです。

幸いに撮影にはほとんど影響はなさそうで、一同胸をなでおろした
ものでした。
あとは、当日の天気・・・本当に心配でした。
Commented at 2009-07-08 22:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 朝日館女将 at 2009-07-09 23:38 x
*S社のK様*

そうでしたね!!忘れてました!!

おっとっとが腕に大やけどを負い、撮影が危ぶまれましたが、なんとか無事に終えることができました。

*非公開コメント様*

ようこそお出でくださいましてありがとうございました。

VYGもよろしくとのことです。また時々このブログに遊びにお出でください。
<< 撮影秘話(その8 百草園) 撮影秘話(その6 取材) >>