朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

撮影秘話(その10 雨男VS晴れ女)

暑くなってきましたので、仕事が忙しくなってなかなか日記が進みません。ごめんなさい。

さて前夜、東京に降り立ったときにポツリポツリと降り出した雨。夕御飯が終った時には本格的に降り出してしまいました。

撮影は野外です。もし雨の場合は翌日に延期になります。しかし、天気予報は翌日も雨の予報です。すでに撮影場所の百草園は貸し切り予約をしているそうです。カメラマンも照明さんもスタイリストさんもメイクさんもスタンバイしているのです。

雨が降ったら困ります。食事中もホテルまでの車の中でも話題はお天気のことばかりでした。

「大丈夫です。明日は晴れます!!私は晴れ女ですから!!」
と宣言しました。これでちょっとは皆さんが安心するかなと思ったのです。

私は晴れ女です。出かける時はたいてい晴れます。雨が降っていても、車から降りると雨がやみ、また車に乗ると降るという具合で、あまり雨にあたることがありません。

明日は絶対に晴れます。

ところが、S社のKさんがとても申し訳なさそうに、小さな声で
「あの・・・・ぼく・・・・雨男なんです・・・・」

「えっ!Kさんは雨男なの?」

「はい・・・・・すみません・・・・・」

「よ~~し!こうなったら対決よ!雨男VS晴れ女。明日のお天気、どっちが勝つかな」

こうして始まったお天気合戦。

撮影日は、前日のような大降りの雨ではなく、小雨。そして時々止んで、止んでいる時をねらって、それっっとばかりに撮影をしたのでした。

f0061402_21401371.jpg


おまけに、二日ぐらいかかるかもと言われていたのに、とんとん拍子で進んで、夕方前には終了してしまいました。良かった!良かった!

雨男VS晴れ女。今回は引き分けといたしましょう。

by asahikanokami | 2009-07-16 21:40 | 私のこと
<< 撮影秘話(その11 レフ板) 撮影秘話(その9 1たす1はい... >>