朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

48年ぶりの再会

還暦同級会に行ってきました。

20日、岩手県岩泉中学校丑寅会還暦同級会がありました。
実は私は岩泉中学校の卒業生ではありません。

私は岩泉小学校卒業後すぐに岩手県の遠野市に引っ越してしまったので、中学校には一日も通ったことが無いのです。それなのにお誘いを受けました。

参加者のほとんどが小学校の同級生です。嬉しくて嬉しくて、シルバーウィークで超忙しいのに、仕事を放り投げて行ってきました。転校生って同級会の案内が届かないんですよ。(住所が転々としたから、たぶん不明人になっていると思われます)

盛岡駅まで会場となるホテルのバスが迎えに来ていました。

ドッキドキ。

今、NHKで
「BS はたち ドキド~キ♪」
というコマーシャルをしていますが、まさに
「わ~たし 60 ドキド~キ♪」
という感じでした。

なにせ48年ぶりに同級生に会うのです。転校生の私のことを覚えていてくれる人は、はたして何人いるのでしょう?????皆に忘れられていたらどうしよう・・・・・。

バスの入り口で、どこか見覚えのあるような、ないような顔の幹事さんが名簿を持って待っていました。名前を告げるとそっけない顔で
「はいどうぞ!乗ってください」
と言います。

やはり・・・・・忘れられてるのかなぁ・・・・。

心配を吹き飛ばそうと、思い切って大きな声で
「お久しぶりです。齊藤美保子です(私の旧姓は齊藤です)」
と言ってバスに乗り込みました。

すると!!
「美保子ちゃ~~ん!」「美保子ちゃ~~ん、久しぶり!!」「美保子ちゃん、私のことわかる?」
とあちこちから声をかけてもらうことができました。

48年ぶりの再会。

可愛い小学生は、還暦のおじさん、おばさんになっていました。

by asahikanokami | 2009-09-25 00:10 | 私のこと
<< ・・・だったのにぃ・・・・・ 「はずれ」の茶碗蒸し >>