朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

横手焼そば

今日の日経新聞の「遠みち近みち」というコラム欄に特別編集委員の野瀬さんというかたが「市長の涙」という文を書いていらっしゃいます。

先日行われたBー1グランプリが横手市で開催され、10万人の来場と見込んでいたのに、なんと、26万7000人が来場したそうだ。

秋田県の中央の盆地。新幹線のルートから外れた地方都市。そこに大勢の人が来て笑顔を残して行った。そのことが嬉しくて市長が涙を流したという記事です。

横手市長の五十嵐忠悦さんは、横手高校で私の二つ上の先輩です。そして横手高校の演劇部の先輩でもあります。私が一年生の時に三年生でした。

皆から「がちゅう」と呼ばれていたこの先輩は優しくて後輩の面倒見の良い方でした。がちゅうさんは繊細なところと、おおらかな実に器の大きいところを併せ持つ人です。

今年のBー1グランプリには横手焼そばが選ばれたそうです。

高校時代、放課後に良く友人たちと焼きそば屋に食べに行ったものです。横手の焼きそばはひき肉とキャベツが入っていて、目玉焼きと福神漬が乗っています。(ひき肉と目玉焼きが無いシンプルなものもあります)

学校の近くにも小さな焼きそば屋さんがあって、お昼休みにそこで食べるのは禁止されていました。

ある日、こっそりと食べに行ったら、なんと先客がいて、それは怖い、怖い、生活指導の先生でした。先生も
「しまった・・・・」
というような顔をされて
「誰さも黙ってれ(誰にも黙っていろ)」
と焼きそばをおごってくださいました。なつかしい思い出です。

その思い出の焼きそばを明日、横手まで食べに行きます。
祖父母のお墓参りをしながら、夏の忙しい間手伝ってくれたパートさんを連れて焼きそばを食べに行こうと思っています。

先輩の市長が頑張っているふるさと。友人たちが頑張っているふるさと。

あ~した、天気にな~~~れ♪

by asahikanokami | 2009-10-04 20:51 | 私のこと | Comments(4)
Commented by NAGOTAKE at 2009-10-04 21:27 x
秋田県横手市・・まったくなじみがないです。
(と言うか、知りません)

 が、Bー1グランプリは知ってました。
少し前にTVでやっていたので。
その時には同じ青森の「黒石つゆ焼きそば」を紹介していました。
でも、今回はグランプリには横手焼そばが選ばれたんですね。

その焼きそばにもそんな想い出があったとは・・
「がちゅう」先輩や生活指導の先生を思い出せてくれた
横手焼きそば・・・グランプリとったこと以上に食べたく
なりました。
その懐かしの味の方もまた教えてください。
Commented by うげ at 2009-10-04 23:13 x
昨晩(10/3)は大変お世話になりました@前橋市(朔太郎の街)です.実はこのブログは宿泊前からチェックしてはいました.

今日チェックアウトの際にご主人とお話した内容を思い出しながら,再度見直したところ,間違いない!と確信しました.

機会をみてまたお邪魔したいと思います.
昨晩はきれいな満月で,月明かりが海に反射する様子をまじまじとみた記憶は久しくありません.
Commented by 朝日館女将 at 2009-10-06 21:46 x
*NAGOTAKE様*

横手市はかまくらで有名な所です。

焼きそばは高校生の日常食でした。コンビニのない時代でしたから。

なつかしくておいしかったです。

*うげ様*

ご宿泊いただきましてありがとうございました。

わがやのおっとっとはお客様とおしゃべりするのが大好きですので、お急ぎの方にはご迷惑kも知れません。

またどうぞお越しください。何もない田舎ですが、その何もない所が良い所です。
Commented by 秋田おばこ at 2009-10-27 07:17 x
いやいや・・・。2009年度”B級ご当地グルメの祭典!”「B-1 グランプリ in YOKOTE」で、見事ゴールド・グランプリを獲得した”横手やきそば”、こちらも同じく秋田県横手市出身「THE”ロック”食堂 in 西荻窪」のシェフが始めてしまいました。同郷の私、恐る恐る(?)Tryしましたが、 全然文句無し。正に、幼少期より”横手やきそば”を知り尽くした人にしか、全く出せない味です。

加えて、”横手やきそば”に引き続き、知る人ぞ知る、秋田県横手市名産、”十文字中華そば”も始めたようです。しかも、通常の魚介系・和風あっさりスープではなく、クリーミーな鶏パイタン・スープということですから、「THE”ロック”食堂」ならでは・・・。何れにせよ、”横手やきそば”、また”十文字中華そば”も、東京では先ずはお目にかかれませんので、双方一度御賞味の程を・・・。

以下がお店のURLです:

www.k5.dion.ne.jp/~voyant

以上、御参考下さい。

<< 横手焼そばを食に行く旅(その1... トイレの謎 >>