朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

トリノオリンピック

4年前。2006年2月17日の私のブログです。4年たっても思わず笑ってしまう思い出です。

********************************

今日、歯医者さんの待合室での出来事。

隣に座った老婦人。どうやら私が朝日館の女将と言うことを知っているらしいのです。しきりに話しかけてきます。

どこかでお見かけしたようなお顔ですが、はて??どなたでしたっけ??
お聞きするのも失礼なような気がして、話の内容から謎解きの糸口を探すことにしました。

「オリンピックが始まりましたね。メダルがなかなか取れませんね」
とりあえずは差し障りの無い話から。

「ほだね(そうですね)。トリノオリンピックって人間のオリンピックだったのね」

「えっ?」

「トリノオリンピックだと思ってたの」

「そうですよ。トリノオリンピックですよ」

「いや、私ね、鳥のオリンピックだとばり(ばかり)思ってたの。ほれ、お空を飛んでる鳥。始まったら人間のオリンピックだったのねぇ。いやぁ、驚いたぁ~~」

笑うわけにもいかず、必死にこらえた私です。

鳥のオリンピックかぁ~。
ニワトリがスキーを履いて、孔雀がスケートを履いて、う~~~む、メルヘンですねぇ~~。

今日一日、鳥のオリンピックと言う言葉を何度も思い出しては、大笑いをしました。

で、結局そのご婦人がどなたかという、肝心なことはわからずじまいでした。

by asahikanokami | 2010-02-18 21:17 | 私のこと | Comments(6)
Commented by あっつあん at 2010-02-18 22:00 x
昨日は自分の苦い思い出を書いたつもりです(大汗)

しかし、変な気持ちです

我らが「高根の百合」の美保子ちゃんとこうしてチャット(?)
ができるなんて
「美保子の保は保健所の保だよな」と言ったら
「いいえ、美しく保つ子です」と言われたのを
今でもはっきり覚えています。
Commented by NAGOTAKE at 2010-02-19 01:19 x
「鳥のオリンピック」などと、普通に言っちゃうような人・・・
大好きです。
いいなぁこういう人。

それにしても、誰なんでしょうか、その方。
Commented by 朝日館女将 at 2010-02-21 19:44 x
*あっつぁん*

えっ!私って高根の百合だったんですか!!知りませんでした。高根の百合も、寄る年波には勝てず、このありさまです。

「美保子」って言う名前が大好きでした。あっ、今でも好きですよ。
その頃はあまりない名前でしたから自慢でした。

両親が
「いつも美しく(容姿ではなくて人柄だと思うけど、子供のころは容姿だと思ってました)いてほしいという願いをこめてつけてくれたようです。

「美しさを保つようにとつけたのよ」
と言われていましたから、きっとそう言ったのでしょうね。今では恥ずかしくて
「美しさを保つ子です」
なんて言えません。

あっつぁんの名前も気品のある素敵な名前ですよ。

Commented by 朝日館女将 at 2010-02-21 19:45 x

*NAGOTAKEさま*

うっふっふっふっふ。

テレビで
「トリノオリンピックの時には・・・・・・」
とアナウンサーが言うたびに、スキーを履いた鶏やスケートをしているクジャクが目に浮かび、にんまりしてしまいます。

お年寄りって聞き間違いや思い違いが多いです。

その昔、姑がニュースで、たまごっちを買う人が、店頭に何百メートルも並んだというのを見て
「今の若い人は心がけが良いねぇ。多磨墓地を買うのにこんなに並ぶなんてねぇ~」
ってすごく感心してましたから。
Commented by あっつぁん at 2010-02-21 22:54 x
美保子ちゃん正確には「高根の百合」は「高嶺の百合」でした
名前をほめてくださってありがとう
昨日、満年齢でついに還暦を迎えました
午前は「志たあめ屋」さんでお茶会で祝ってもらいました
夜は龍泉洞の中で「春呼ぶオカリナの夕べ」があり
それは記念すべき日となりました

もちろん午前中は死んでおりました(汗)
Commented by 朝日館女将 at 2010-02-22 10:56 x
*あっつぁん*

お誕生日おめでとうございます。

その当時、自宅で、しかも産婆さんも頼まないで、自分一人で赤ちゃんを取り上げる風習が残っていた土地なのに、あっつぁんのお母様は先進的なお考えがあって、あっつぁんを病院でお産したって、亡き母から聞いたことがあります。

昭和24年から25年ごろはは我が家もあっつぁんのお家のご近所でしたから。
母はあっつぁんのお母様の勇気を褒めてましたよ。

あ・・・でも、あの時代に本当に病院出産だったのかしら???もし私の記憶違いならごめんなさい。なにせ小学校時代に母から聞いた話の記憶ですから。
<< 一番最初の記憶 金メダル >>