朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

一番最初の記憶

前に日記の、同級生のあっつぁんのコメントに、「志たあめや」という名前を見たときに、懐かしさで涙が出そうでした。

生後一カ月目から1歳ごろまで、岩泉町の尼額という所の前角地さんの言うお宅の離れを借りて住んでいました。もちろんその当時の記憶はありません。

母がおっぱいが出過ぎて困っている時に、おっぱいが出なくて困っている人がいると聞きました。私よりも一日早く生まれたT君。母は毎日私を連れてТ君の家に通っておっぱいを飲ませたそうです。

両方のお乳を二人に吸わせても、それでも余ってしまって痛くて痛くて困ったらしいです。まるでホルスタインみたいな母です。牛だったらさぞかし高値で取引されたことでしょう(こんなこと書いたら天国の母に叱られそう)

その時にТ君の家に通うのに、町はずれの尼額よりも町真ん中の方が便利だと、志たあめ屋さんのお向かいのかたろうさん(どういう字を書くのかわかりません)という方の二階に引っ越しました。

次に国鉄バスの独身寮の管理人として独身寮に引っ越すまでの一年ぐらいをそこで過ごしました。Т君の家も近所で、母は毎日Т君の家に通っていました。私はずいぶん大きくなるまで、Т君の家族に本当の孫のように、かわいがってもらいました。ありがたかったです。

さて私の一番古い記憶。

それは、大勢の人たちが大騒ぎをしながらお店を出たり入ったりしているのを二階から見ている記憶。
「みっこ。ここでおとなしくしていなさいよ」
と母に言われたような気がします。

後に母にそのことを確かめたら、それは火事の時ではないかというのです。志たあめ屋さんだったのか、お隣の亀やさんだったのか、そこの記憶があいまいですが、ボヤがあったらしいです。

その時私は2歳。両親は、そんな幼い頃の事を覚えているはずがないと言いました。
でも覚えているんだよねぇ・・・・。

白い服(下着?)を着たおじさんが大きな声で騒いでいた・・・・・。いっぱい人が集まってきたので、面白くて見ていた・・・・。消防車か消防ポンプが来たかもしれないけれどその記憶はありません。

もしこれが本当に火事の時の記憶なら、確かに
「ここでおとなしくしていなさいよ」
と言ったと母は言いました。そう言い残して私を一人家に残して、夫婦で消火の手伝いに行ったと。

だけどねぇ。まったくうちの両親ったら!!
お向かいの家が火事の時に、二歳の子供をたった一人、二階の部屋に置いて出かけるなんて!

もしこちらに延焼してきたらどうする気だったのかしら??私の事、心配じゃなかったのかしら??
残念なことに、両親が存命中に、このことを確かめるのを忘れました。

天国に通じる電話があったなら、両親にぜひ確かめてみたいです。
「おとうさん、おかあさん!私を一人残して消火を手伝いに行って、私の事心配じゃなかったの?」

by asahikanokami | 2010-02-22 21:36 | 私のこと
<< 津波騒動 トリノオリンピック >>