朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

同級生って

私は中学校を3年の3学期に遠野から横手に転校しました。

中学校の3年の3学期というのは微妙な時期で、私は遠野中学校の卒業名簿に名前はなく(転校したので当然)横手鳳中学校の卒業アルバムには印刷が間に合わなくて(すでに出来上がっていたので)名前が載っていません。

したがって中学校の同級会の案内が来ません。悲しいことに横手の同級生とはほとんど思い出もありません。なにせ通学期間は2カ月もなかったのですから。

ですから通ったこともない(岩泉は小学校卒業までしかいませんでした)岩泉中学校の同級会の案内状が届いたときには本当にうれしかったです。なかなか参加できませんでしたが、昨年9月にやっと念願かなって還暦同級会に参加できました。

48年ぶりに会った同級生。私のことを覚えていてくれる人は何人いるだろうかとドキドキしながら参加したら、大勢の方から
「美保子ちゃん!」
って声をかけていただきました。そしてそのことが今回のミニ同級会につながりました。

二次会。
今まで歩いてきた人生、家族のこと、小学校時代の思い出などおしゃべりりしました。60年も生きているといろいろなことがあります。
それぞれが乗り越えてきた多くのこと。話を聞いているうちに、同級生の頑張りが私のエネルギーになりました。私も頑張らなけりゃと改めて思いました。

毎年同級会をしようということになって、アルコールが入っていることもあり、次回をどうするかで喧々諤々の話し合いになってしまいました。

その時私は
「同級生っていいなぁ」
と思ったのです。

言いたいことを言い合えるのは、相手の信頼しているからこそ。相手に心を開いているからこそ。お互いに自己主張しているのに、険悪なムードにならないのです。

自分の主張を曲げない人、なんとか説得を試みる人、話を早くまとめようと必死な人、そんな喧騒の中で寝ている人・・・・。

いいなぁ!!同級生って!!どの人もいい!!全部いい!!

私は同級生たちの話し合いを心から楽しんで聞いていました。
そして結局次回の同級会は、岩泉在中の人たちに一任と決まったのでした。

本当に楽しい一日が終わりました。

翌日、9時半、これから松島を見物して帰るといって、同級生を乗せたバスは出発していきました。

バスの横に書かれた「IWAIZUМI」の文字を見たときに
「一緒に乗って岩泉に帰りたい」
という衝動に駆られました。

バスが角を曲がって見えなくなったときに不覚にも涙がこぼれました。

あぁ!同級生っていいなぁ~~~!!

岩泉は私の一番大事で、一番大好きな町です。

by asahikanokami | 2010-04-12 16:36 | 私のこと | Comments(8)
Commented by あっつぁん at 2010-04-12 21:17 x
へ~え
二次会ではそんなことが
あったんですか
なにせ小生ときたら
酔生夢死でしたからね

いやはやもったいない時間を
過ごしたものですね

だって料理は美味いし
「鹿狼」はすいすい進むし(汗)
Commented by 朝日館女将 at 2010-04-12 21:22 x
*あっつぁん*

あっつぁんが知らないのは当たり前です。
そんな喧騒の中寝ている人っていうのは、何を隠そう、隠すまでもなくあっつぁんのことですから。

眠っていても
「あっつぁん!写真を撮るよ」
っていうと眠りながらもピースしていましたよ。
律儀なあっつぁんです。
Commented by NAGOTAKE at 2010-04-13 09:18 x
同級生・・私の場合、ずっと会ってませんが。
いいですよね。
社会のしがらみもなく、損得関係ないし。
同級生のみんなに、会ってみたくなりました。

でも、当たり前なんですが、あのコも、あいつも、こいつも、
自分と同じように年とってるんだと思うと、なんか不思議な気分。
当時の記憶のあの姿しか残ってないんで。

楽しかったようでなによりです。
やっぱりいいですよね、昔(?)の仲間って。
Commented by 朝日館女将 at 2010-04-13 23:40 x
*NAGOTAKEさん*

同級生、最高です!!すごく楽しかった!!

私は48年のブランクがあるのですが、そんな年月はあっという間に縮まりました。あった瞬間から小学校時代に戻れました。

皆さんは(と言いますか・・・私もですが)おじさんおばさんになっていましたが、話をしているうちに小学校の面影が出てくるから不思議です。

ニックネームで呼んでいた同級生の本名を48年ぶりに思い出しました。
たーぼちゃんは〇〇〇君でした!!
ニックネームって忘れないものですね。
Commented by かっちゃん at 2010-04-14 09:17 x
ああ〜解ります。遠慮せず付き合えるって最高!
安心感つ〜んだかホッとする感じ

んで、好きだった人とかは来てたりしたのけ?
Commented by 朝日館女将 at 2010-04-14 16:07 x
*かっちゃん*

私、ませていたがら、同級生はみんな幼く見えて恋愛の対象外だった。

足長おじさんどが、赤毛のアンのギルバートどがに憧れていて、そのうちきっと白馬の王子様が来っと思っていた。

したっけ、現れた王子様は、胴長、短足、メタボでおまけにこの頃は頭のてっぺんが薄くなってきて・・・・・・・・・・。ま、現実っつうもんはこんなもんだべ。(向こうもそう思ってかもしんねぇ)
Commented by あっつぁん at 2010-04-15 18:31 x
思ってる思ってる(いや失礼モチ冗談)
つうか、あの頃からこんなに気さくだったのすか
それとも大人になってから砕けてきたのすか
だって高嶺のMIHOチャンが・・・・
Commented by 朝日館女将 at 2010-04-16 21:47 x
*あっつぁん*

おっとっとに確認したら
「お互い様だべ」
と一言。

私は子供のころからこんな感じでしたよ。ただおっとりしていたので(のろいとも言うけど)ちょっと品よく見えたのかなぁ。

同級生たちはみんな幼く思えたので、教室では一人で本を読んでいることも多かったしね。かわいげのない子だったかも。反省(今頃遅いけど)。
<< 故郷の香り たまゆらの同級会 >>