朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

水無月のお茶会

え~~~と・・・・40年ぶりの同級会について、何から書こうかなと思いましたが、やはり一番うれしかったことから書きたいと思います。

それは今年の初夏のお話です。

母校の茶道部から連絡があり、何名かが母校を訪れました。目的は、茶道部の歴史の資料が無いので、在学中の様子を教えてほしいという事だったそうです。

そこで、わが同級生たちは緑水会のこと、緑水庵まで茶道具をリアカーで運んだことなどを話しました。

すると!驚くような報告が!!

なんと、お茶会は私たちが卒業した後も、ずっと40年間一度も途切れることなく「水無月のお茶会」として続いているというのです。

なんと嬉しいことでしょう!!

私たちが卒業後に、一学年下の後輩たちが、私たちをまねてお茶会を開いたという話は聞きました。しかし、そのお茶会が、今でも続いているなんて思ってもいませんでした。

出席した人たちから報告を受けて、全員が大感激と大喜びをしました。

そして、実はその会に出席した4名が相談をして
「そろそろ緑水会の皆で集まらない?」
「じゃぁ、美保子さんの所で」
と決まったらしいのです。

14名の会員のうち12名の出席という高確率。

花も恥じらう乙女たちは、40年たっても花も恥じらうまま年を重ねて、まるで乙女のようなおばさんたちになっていました(ごめんなさい。嘘です)

by asahikanokami | 2010-10-07 21:43 | 私のこと | Comments(2)
Commented by あっつぁん at 2010-10-09 15:00 x
我が同年の方々ですから
さぞやお賑やかだったでしょうね

ところで気になっていたのですが
リヤカーはどこから
借りたのですか
Commented by 朝日館女将 at 2010-10-09 20:39 x
*あっつあん*

それはもう!!御想像通りです。

私も、あのリアカーはどこから持ってきたのか謎でした。どうやら学校の備品だったみたいです。

まだあの頃は、学生の身分で車を持っている人は少なかったですから。
<< 宮地房江先生のこと 緑水会 >>