朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

川内村の土志工房の作品展とランチ

一枚のはがきが届きました。
それは福島県川内村で土志工房を開いている志賀さんからの作品展の案内のはがきでした。

実は私は志賀さんと知り合いというわけではありません。志賀さんの亡きお父様と知り合いでした。

福島民報のコラム欄に、私のつたない文章が載ったのが縁で、お父様と文通が始まりました。

ある日
「息子が川内村に窯を作ったので見に来ませんか」
と誘われて川内村の土志工房を訪ねたのはずいぶん昔のことです。13,4年ぐらい前でしょうか。

その時に、たくさんの作品を拝見して、一目で作品の魅力に引き込まれてしまいました。その時に買ってきた飾り皿は、今でも一番よい場所に飾ってあります。

それからも二度ぐらい川内村を訪ねましたが、我が家もいろいろなことが続き、またお父様が亡くなったりで、その後はなかなか川内村まで行くことができないでいました。

毎年、作品展の案内状をいただくのに、仕事との折り合いが悪くて、いつもいけずじまいでいました。

今回、運良く、仕事も選挙も暇な日と作品展の日程が合いました。行きたい!!絶対に行く!!

ちょうど結婚したお友達に何かお祝いをと思っていたので、さっそく作品を拝見しに出かけました。

久しぶりに拝見する作品は、昔よりもちょっとだけ華やかな感じになっていて、その分、やさしくなっている感じがしました。お祝いの品を選ぶのに、どの作品も素敵で、目移りがしてなかなか決まりませんでした。

f0061402_224521.jpg


f0061402_2244648.jpg


f0061402_2253347.jpg


f0061402_2262091.jpg


そして今回はSala Cafeという喫茶店で、志賀さんの作品でランチをいただけるというので、早速予約をして作品展を見た後、うきうきと出かけました。

私はほとんど外食をしません。まして相馬市でどこかのお店に入るなどというのは、数年に一回あるかどうかです。どんなお料理かなと楽しみでした。

お店は三階にあり、店内にはおしゃれにキルトの作品が飾ってありました。普通の日はキルト教室なんだそうです。

f0061402_227111.jpg


f0061402_2275964.jpg


お皿も素敵で、川内村の食材で、ていねいに作られたお料理がとてもきれいに盛り付けてあって、おいしくておいしくて大満足でした。天然酵母のパンもおいしくて、お土産に買って帰ってきました。

f0061402_2285550.jpg


f0061402_2295120.jpg


f0061402_22103820.jpg


by asahikanokami | 2010-11-01 22:10 | 私のこと
<< プンラレッタ??プンタレッラ?? めいすい君 >>