朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ローフード

スローフードではありません。ローフードです。

つまり火を通さず生でいただくお料理のこと。

なぜ火を通さないかというと、野菜などに含まれている酵素は熱に弱いからです。なるべく火を通さず、野菜の栄養素(食物酵素)をそのまま体に取り入れたいからです。

酵素は体内で消化を助けます。そのために体内で作られる消化酵素の消費が少なくて済みます。その分のエネルギーが代謝活動に多くつかわれるので、代謝が活動的になります。もちろん、食物繊維が腸を大掃除してくれます。

その結果、たとえば、排泄がスムーズになったり、体温が上ったり、ダイエットになったり、コレステロール値が下がったり・・・・・・と嬉しいことが起きてきます。

実は、私はローフードを勉強している友人の指導のもと、7月ごろからとてもゆるゆるのローフードを始めています。

とてもゆるゆるというのは、100パーセントローフード生活というのではなく、朝はできるだけ葉物野菜と果物のジュースだけ。お昼と夕食はなるべく最初に生野菜の料理を食べて、後は好きなものを食べるという生活のことです。

そしてなんと相馬でこのローフードの講習会がありました。講師は石塚ともさんというかた。「ローフード 私をキレイにした不思議な食べ物」という本も出されています。

f0061402_2001570.jpg


ローフードについての説明の後、私が毎朝飲んでいるグリーンスムージー(野菜と果物のジュース)の作り方を教えてもらいました。これは私がつくっているのと同じで味も同じでした。

f0061402_2012672.jpg


その後、火を使ってないお料理をいただきました。お隣の飯館村のシイタケとパプリカにナッツ類で作ったパテをつめたもの。相馬はおいしいお野菜の宝庫なんです。おまけに朝どりの野菜がその日のうちに手に入るという恵まれた所なんです。

f0061402_2021773.jpg


サラダのソースもナッツをすりつぶして作ってあってお豆腐の白和えのような味でした。

なんと!ケーキも火を使っていないのです。ブラウニー。お砂糖の使ってなくてアガぺシロップというものを使っているのだそうです。想像以上にすごくおいしかったです。

f0061402_2032671.jpg


ゆるゆるローフードをはじめて、私はもちろんおっとっとの体重が毎月1~2キロ平均で減ってきています。今ちょっと減り方が落ちてきましたがそれでもリバウンドはありません。

なんとなくお肌もつるつるになってきたような気がします。

あら!!これ以上美人になったらどうしましょ!

毎月ホームドクターの所で定期診察をしてもらうのですが、67歳のメタボのおっとっとの血液検査の結果は、顔と性格以外は悪い所が無く、すべての数値が異常なしです。

「何か特別な薬を飲んでますか?」
と聞かれました。何も飲んでません。

前の晩のご飯が残ってしまった時には、卵かけご飯をたべたり納豆ごはんにしたりしますが、それでも翌日にはグリーンスムジーを飲んでしまうのは、ローフードの方が体の調子が良いからかもしれません。

教えてくれた友人に感謝です。いつまで続くかわかりませんが、なるべく生でお野菜をいただきたいと思っています。

by asahikanokami | 2010-11-30 20:05 | 私のこと
<< 言葉もない・・・・・ 白幡の大銀杏 >>