元朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

鬼の撹乱、晴天の霹靂(その2)

実は私は今、我が家のホームドクターがいる猪苗代町にいます。小川医院が連休中は入院患者を取らないというので、近くの民宿のお部屋を借りて治療を受けています。

おっとっとが入院中もずっと体調が悪く、夜になると微熱が出るし、咳も止まらず、鼻もズルズル状態が続いていました。

それでも検査の結果が心配で無理して病院に行っていました。
さすがに退院の日は起き上がるのが億劫で、息子が病院に行ってくれました。

寝ていても、頭の上を
ラジコンカーが唸りをあげて走り抜け、そのあとを子供達が追いかけていきます。夜中にはトイレに行くために絶え間なく誰かが行きます。
とても静かに養生等というわけにはいきません。

そのうち、自分でもどんどん具合が悪くなっていくのがわかり、ホームドクターに電話してここにきた次第です。

ここの民宿には浪江町から30人ほどが、原発避難をしています。でも私たちの部屋はちょっと離れているので静かですし、豪華な物はありませんが手作りの心の籠ったお食事が出ます。とても美味しくて、食欲がなかった私にはとてもありがたく、いつも感謝していただいています。

私一人を置いてすぐに帰る予定だったおっとっとですが、今田先生ご夫妻に大歓迎を受けたとたんに、帰ることを忘れました。

息子からゆっくりしてきたらと、電話を貰うに至って、すっかり腰を下ろしています。

お陰さまで、日に日に、体調がよくなり、食事も食べることができるようになり、今日は点滴が終了後、美味しいおそばを食べて来ました。

5日に仮設住宅に引っ越し出来ることになったと、息子から連絡が来ましたので、2日に帰る予定です。

夫婦揃って大変にご心配をお掛け致しました。もうすっかり元気ですのでご心配なく。

by asahikanokami | 2011-04-30 17:01 | 避難生活
<< おおほりな日々 鬼の撹乱、晴天の霹靂(その1) >>