朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ほらほら・・・・あれあれ・・・・ほら、あれだってば!

先日、福島の代表的な昔話の語り部でいらっしゃる横山幸子先生の出版記念パーティがありました。

f0061402_17202394.jpg


レディの年齢を公表するのは気が引けるのですが、横山先生は御年80歳。
それなのに細い皮のパンツをはいて真っ赤なジャンパーでさっそうとお出かけになる、とてもおしゃれでお元気な方です。

その横山先生。あちこちで昔話を語り歩いています。県内はもちろんのこと、海外までも。
フランスやミャンマーでは、その土地の言葉を覚えて現地言葉でお話をされたそうです。

福島弁でさえうまく語れない私にとって、それは至難の業、奇跡のように思えます。

さらに平成5年の北海道を皮切りに、なんと全都道府県でお話会を開始しました。それが昨年、全都道府県でのお話会開催を達成したことを記念して、ご自分の人生を振り返り本になさいました。
題して「お話しおばさんの『むか~しむかし』」

それには横山先生の今まで歩んできた語り部としての人生のすべてが書かれています。
たくさんの人との出会い。楽しい出来事。横山先生ならではのエピソードが満載です。
そして改めて思います。
このエネルギーはどこから生まれるのだろう。
その行動力に脱帽です。はたして、私も横山先生のように元気で語り続けられるだろうか。昔話を志す者にとって、横山先生は良いお手本であり、目標です。

f0061402_1721926.jpg


さて、横山先生のパーティ。
私たち語ってみっ会のメンバーは、ちょっと早めに会場に着いてしまいました。
まだ会場には人も少なくてぽつんぽつんと何人か座っているだけでした。

ちょっと人だかりができているのは、岩手県や山形県などの有名な語り部さんの周りです。

その時、最前列の真ん中のテーブルにぽつんと一人で座っている人がいました。
見覚えがあります。誰だっけ???

ほらほら・・・・あの人・・・・あの人・・・・名前が・・・・名前が・・・・・。

席次表を見ると「井上堯之」というお名前が。
ああ!グループサウンズのギターリストの井上堯之さんだ!!

芸能人は、ファンに付きまとわれるのも迷惑だけれど、誰にも気が付かれないのはもっと悲しいと聞いたことがあります。

こういう場合、おっせっかいおばさんに変身する私。知っていますよってアピールして来よう。ファンですって言ってあげよう。

そばに行って
「ファンでした。写真を撮らせていただいてもいいですか」
と言うと、とびっきりの笑顔で
「どうぞ」
と言ってくださり、握手までしてくださいました。ちょっとムッとしていたお顔が、その後気のせいか笑顔になったと思いました。

f0061402_1722187.jpg


席に戻ったら語ってみっ会のメンバーが
「誰?」
「ほら、グループサウンズのギターリストの井上堯之さん。写真を撮らせてもらった」
「なんていうグループサウンズ?」
「・・・・・・・。ほらほら・・・・・・あれあれ・・・・・・ほら、あれだってば。え~~~っと・・・・タイガースでなくて・・・・テンプターズでもなくて・・・・・・ワイルドワンズでもなくて・・・・・サザンではもちろんなくて・・・」

ご本人にファンですなんて言ってきたのにグループ名が思い出せません。

家に帰ってからもずっと考えていたのですがどうしても思い出せません。

夜中に突然思いだし
「スパイダース!!」
と大きな声で叫んで
「うるさい!」
とおっとっとに叱られました。

by asahikanokami | 2011-10-02 17:22 | 避難生活
<< ごめんなさい イギリスから届いた小包 >>