朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

被災地の雇用を何とかしたい

コメントのお返事はちょっと待っていてくださいね。

さて今日は、被災地の雇用問題です。

11月20日に、福島県県議会議員と新地町町議会議員の選挙があります。
選挙管理委員の私は、10月中ごろから会議が続いています。

今、一番問題なのは、町外に避難している有権者に、いかにして選挙の周知を図り、入場券を届けて投票してもらうかです。なにしろ、地震津波に原発という大混乱の時に、住所変更などの届け出をする暇なく、町外に避難した人が数多くいるのです。

その人たちの居場所がわからないことには、投票してもらえません。

新地町はまだよい方です。全員が避難している飯館村や双葉郡の市町村は、有権者の把握に四苦八苦しています。

福島県は何万人もの人が県外に避難しているのです。仮に原発が収まったとして、その方たちははたして戻ってきてくれるのでしょうか?福島県はこのまま過疎県になるのではと心配しています。

原発の心配がないとはいえ、宮城県、岩手県、青森県の沿岸部も同じような心配があります。
仕事がなければ人は戻ってこないでしょう。人が戻らなかったら復興なんてありえません。

戻ってもらうために、なんとか被災地に雇用の場を作りたい。
そんな熱い思いを持った人々が「みちのくお遍路プロジェクト」を立ち上げました。

企業を誘致して・・・・などと悠長なことをしていたら復興なんて先の先になってしまいます。
とりあえずは、今あるものを利用して雇用促進し、復興をしようというのです。県外に避難した人たちに戻ってきてもらおうというのです。

政府は5年以内に、今回被災した沿岸部に、産業道路を作ると言っています。その道路を利用して、福島、宮城、岩手、青森の四県の沿岸部に八十八か所のメモリアルモニュメントや神社仏閣を決め、東北お遍路道とします。

そしてそれぞれの場所にご朱印を置いて、鎮魂と復興援助の願いを込めたお遍路をして、各地を廻ってもらおうというのです。現存するところを利用するのですから、改めて建設する必要がありません。また被災したもの、たとえば高田松原に一本だけ残った松の木などもメモリアルモニュメントとして八十八か所の中に含めます。

もし、全国からお遍路さんが集まってきたなら、食事をする場所や宿泊するところやお土産屋さんが元気になります。それに付随するお店も元気になります。必然的に雇用も生まれます。

被災地は、月日が経つと共に、原発以外のニュースが流れなくなり、忘れられつつあるようにおもいます。
まだまだ支援は必要なんです。復興なんてほんの一部の人にすぎません。多くの人は3月11日で立ち止まったままなのです。

どうぞ忘れないでください。
どうぞ応援してください。

そのためには、実際に現地を見ていただくのが一番です。

いろいろな願いを込めて、震災から500日目に「東北お遍路プロジェクト」が始動する予定です。

まだ準備中ですが、いろいろな人が知恵を絞り、東北を元気にするために頑張っています。
私は何もできないけれど、なんだか楽しそうでおもしろそうで、皆のお話を聞いているだけでわくわくするので、野次馬代表で参加しています。

はっきり決まったらまたここでお知らせいたします。

by asahikanokami | 2011-10-28 22:35 | 避難生活 | Comments(17)
Commented by cocomerita at 2011-10-29 07:17
女将さん、炊き出しの件を記事にしました
女将さんも載ってるんで、お時間のある時に覗いてみてください
女将さんは相変わらずフォトジェニックだから、こっちでも美しいよ 笑
(ふくみみのお写真お借りしたの)
Commented by 空です。 at 2011-10-29 09:02 x
おはようございます。

早く改善してほしいですね。
それには早く放射能洩れは止めてほしいですね。
それと一緒除染が進まなければ、何も解決しないような気がします。
岩手・宮城も、国が青写真も予算も出さないので、何も進んでないですね。
知事の妄想も酷いし。
空の地域も沿岸部が心配ですね。

お互い頑張りましょう。
Commented by JSkinokoart at 2011-10-29 10:12 x
おはようさんです。
被災地の現場に立って、自分の目で見る事がいかに大切か、TVや写真では伝わらない現実と、恐怖感がそこにあります。私が息子や家内を足柄から呼び寄せて見させたのはそのためです。
何年か後には私もこの地を去ることになるでしょうが、あの被災現場が皆さんの顔と一緒に心に刻まれて、忘れることはないでしょう。私にできる事は忘れない事だと思っています。いつまでたっても「あそこはどうなった?」「あの人はどうしているのかな?」と思い続けられる事は、この地にいて経験した事の宝物だと思っています。
「頑張って」としか言えないけれど、忘れないでいる事も、小さくても支援につながっていると思っています。
Commented by melodynelson-2812 at 2011-10-29 13:23
 はじめまして。上でコメントしているjunkoさんのブログを見て来たのですが ”みちのくお遍路プロジェクト”これすごく良いと思います。素敵なアイデアだと思います。

私の両親はお隣宮城県の女川町で被災したのですが女川町でも
なんとか復興の道のりを辿ろうと、皆がんばっていますよ。
私は今は女川からは遠い所に住んでいますが、いろいろやりくりして毎月帰っています。なんとか観光客を呼び込んで、雇用の創生ができないものか・・。どこの町もそこが頭の痛いところですね・・。 
新地も女川も南三陸も今は必死でてんでに頑張っていますけれども、みちのくお遍路として一つに繋がって一緒に進んでいけたら本当に素晴らしいですね。
Commented by 30キロ圏内のしとでした。 at 2011-10-30 07:25 x
熟慮した結果の「現場保存」は重要です。壊れた防波堤の一部。ビルのてっぺんに乗り上げた観光船。国道6号線の横断歩道橋で停止した漁船。瓦礫むき出しの原発。小学校のグランドに積みあがった漁船。3日経てば帰れるといわれて避難して30年以上無人の村。等々、世界遺産に登録して守り、保存を急ぐ物件がたくさんあります。そうしないと責任者はさっさと片付けて記念碑をたてておしまいにしようとしています。ナガサキでは被爆した聖母像が隠蔽されて60年経った今でも所在が不明です。
Commented by 30キロ圏内のしとでした。 at 2011-10-31 11:29 x
追申
「世界歴史遺産」に向けての震災被害保存事業は膨大な費用と時間を要するので、長期的、計画的雇用を現地にもたらす。これほど有効な税金の使い道は無いと確信できる。
Commented by NAGOTAKE at 2011-11-05 10:49 x
「みちのくお遍路プロジェクト」すばらしい企画だと思います。
雇用の問題はものすごく重要だと思います。
復興と言葉でいうのは容易いのですが、まだまだこれからでしょうし。

「多くの人は3月11日で立ち止まったまま」の言葉が
胸に痛いです。

また、詳しいこと聞かせてください!
Commented by 30キロ圏内のひと at 2011-11-07 11:06 x
30キロ圏内にかぎっては、避難よりも疎開が優先!なぜならば早くても90年、遅ければ2,000年も故郷に帰還できないなら、早急な移民政策が正解。感傷的な除染に騙されてはいけない。核質は置き場所を変えても消滅はしない。一箇所にまとめて保管すると、そこだけ線量が激増する。
Commented by 相双地域の住民 at 2011-11-11 10:30 x
小手先の復旧、復興論が横行し、意味の無い除染でゼネコンがホロ儲けの構図が見え見えです。この先50年とも100年かかるといわれる原発廃炉こそ東北住民しか対応できない一大工事です。親子何代にもかかわる難工事です。極論すれば福島県民以外はしり込みして逃げ出す仕事です。これが本当の天職です。仮設などでうつつをぬかしている時間はありません。
Commented by 朝日館女将 at 2011-12-09 15:58 x
cocomeritaさん

遅くなりました。
ブログをいつも拝見してます。

書くことで自分の気持ちが軽くなることもありますよ。
日本からいつも心を通わせていますから。
Commented by 朝日館女将 at 2011-12-09 16:00 x
空さん

津波被害だけでも大変なのに、そのうえ原発事故で福島県は苦しんでいます。

早く終息、除染してほしいです。
Commented by 朝日館女将 at 2011-12-09 16:10 x
JSkinokoart さん

実際の風景を見ると誰でも
「テレビで見ていたよりもずっとずっと凄い」
と言います。
荒涼とした風景は、行くたびに涙が出ます。
Commented by 朝日館女将 at 2011-12-09 16:19 x
melodynelson-2812さん

女川町は、被害が甚大だったのに、元気に復興がはじめっていますね。

ニュースで見るたびに、新地も頑張らなければと勇気と元気をもらっています。

とにかく雇用を急がないと、生活が成り立ちません。復興しながら雇用を増やしていこうと思っています。
どうぞ応援してください。
Commented by 朝日館女将 at 2011-12-09 16:23 x
30キロ圏内のしとでしたさん

歴史遺産の登録は必要です。
これほどの被害は残す必要があります。

後世に伝えるためには、被害現場の保存は必要不可欠だと思います。
Commented by 朝日館女将 at 2011-12-09 16:26 x
NAGOTAKEさん

復興への道のりは、遠くて険しいです。

それぞれが、それぞれの事情を抱えてるので、皆が納得するのには、気の遠くなるほどの時間と多額の費用が掛かります。

それでも、恐れずに一歩づつ歩いて行かなければなりません。
Commented by 朝日館女将 at 2011-12-09 16:32 x
30キロ圏内のひとさん

若い人は、被ばくのことを考えると、疎開したいからその費用を補償してほしいでしょうし、ご年配の方たちは、先祖伝来の土地を手放したくないし、故郷に帰りたい気持ちがあって、除染してほしいでしょうし、難しい問題です。

どちらにしても、全員が苦しまなければならないことに、激しい憤りを感じます。
Commented by 朝日館女将 at 2011-12-09 16:37 x
相双地域の住民さん

復興で儲けている人もいるんですね。

この期に及んでも、全原発が廃炉にならないことを不思議に思い、また、腹が立ちます。

いつになったら、枕を高くして寝ることができるのでしょうか。お国のお偉い方々に福島県民のことをもっと考えてほしいです。
<< ダライラマ14世の講演 ふくみみ出演 >>