朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ダイアモンドプリンセスの旅4(どこの夫婦も)

乗船して最初にしたのは、避難訓練でした。
船内放送があり、全員が避難訓練を受けました。
なにしろ乗客は、2800名。集まってくる人、人、人、人。これほど多くの乗客がいるなど想像できません。すごい人数です。
「すごい人だなぁ。どこから来たんだべ?」
おっとっとが目を丸くしています。
どこから来たのかって?決まっているじゃないですか。客室からです!
三分の二が、夫婦。または一見夫婦。残りは女性グループ。
見渡す限り、男性だけというのは見当たりません。
半分は、外人です。半分は日本人です。船内の案内は、英語と日本語と両方です。
船員は、ほとんどが外人です。日本語がわかる人と、まったくわからない人がいます。
出港してから、レストランやイベント会場などの船内で、いろいろな夫婦を見ました。
とても面白いです。
見ていると、なるほど、このご主人には、やはりこの奥さんだよなぁと納得できます。
神様の采配はすごいと思います。
あら!私たち夫婦も、そんな風に見えるのでしょうか?それほど相性はよくないのですけど、見た目はお似合いの夫婦でしょうか。困るなぁ・・・・・。これでも、一緒に生活するには、結構大変なんですよ。向こうもそう思っているかもしれませんが。
そして、あちこちで目撃しました。
エレベーターの前で。レストランで。トイレの前で。プールのわきで。etc。
激しく奥さんに怒られているご主人の姿を。
どの夫婦もすべて、怒られているのはご主人でした。それも、傍で見ていて気の毒になるほどの激しさで怒られていました。
12階の私たちの部屋から下を見ると、階下の部屋のバルコニーが見えます。
f0061402_20302155.jpg
日本人だけかなと思ったら、なんと、外国の人も奥さんに激しく怒られていました。
そして、今夜、コンサートで隣に座った奥さんが、こんなことを言いました。
「昨日までは、船内がよくわからなくて、主人と一緒でないと不安だったけど、3日目ともなると慣れてきて、主人なしでも大丈夫。今日から、別行動なの。コンサートっていうと『そんなもの聞かない』って言うし、ショッピングすると『家に同じような洋服あるだろう』っていうし、ほんと、邪魔!」
ふっふっふっふっふ。その気持ち理解できます。
我が家も、今夜は、おっとっとはカラオケに行きました。私は、ピアノのコンサートの後、こうして部屋でブログを書いてます。



by asahikanokami | 2016-06-18 17:35 | 私のこと | Comments(0)
<< ダイアモンドプリンセスの旅2(出港) ダイアモンドプリンセスの旅3(... >>