朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ダイアモンドプリンセスの旅5(金でできた男)

今回のクルーズは、沖縄、そして台湾を回るクルーズです。
旅の途中で海外に行くので、海外寄港地に入港する前に、日本での最終寄港地で出国手続きが必要でした。
4日目は、朝起きたらすでに沖縄港に入港していて、朝食後は沖縄観光でした。
港に戻ったら、そこで出国手続きが待っていました。
パスポートの提出や、台湾への入国申請などを終えて、船に帰ってきました。
船の入り口でも、セキュリティチェックがあります。自分の手荷物と、お土産をセキュリティチェックの機械に通して、人間も、空港にあるようなチェックを通ります。
みなさん、すいすい通って行きます。すると後ろのほうで
「ビィー」
と警告音が鳴りました。後ろを振り返ると、警告音が鳴ったのは、おっとっとでした。
「あれ・・・・。何かなぁ。ポケットには何も入ってないし・・・・」
大慌てで、ポケットをひっくり返して見せています。
「あ!帽子だ!帽子の金具だ!」
帽子を脱いで通っても警告音がします。
「ベルトの金具かな?」
ベルトを外しても警告音がします。
どんどん焦っているのが手に取るようにわかります。汗が尋常でないぐらい噴き出しています。
「服を脱ぎましょうか?」
おっとっとの言葉に、検査員が大笑いして
「ノーサンキュウ。プリーズ」
と通してくれたのでした。
汗をふきふき
「俺の体は金でできているからなぁ」
などと、わけのわからないことを言いながら、検査所を後にしたのでした。
それにしても、時計もしていないし、アクセサリーの類は持っていないおっとっとに、なぜ警告音が鳴ったのでしょう。
時計もしていて、アクセサリーもしていて、靴にも金具がいっぱいついている私がスルーできたのに、不思議です。
f0061402_20365819.jpg


by asahikanokami | 2016-06-22 21:57 | 私のこと
ダイアモンドプリンセスの旅14... >>