朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ダイアモンドプリンセスの旅14(お風呂)

ダイアモンドプリンセスの客室には、ジュニアスイートとスイート以外は、シャワーのみです。大浴場が15階にありますが、有料です。
90分の利用で15ドル。その値段を見て、シャワーだけで我慢しようと思っていました。
しかし、息子に
「せっかくダイアモンドプリンセスに乗るんだから、お金がもったいないなどと言わずに、お風呂に入ってきたらいいのに。良い思い出になると思うよ」
と言われて、思い直しました。
そうだよね。一生に一度のこと。(二度あってほしいと願ってはいるけれど)お風呂に入ることにしよう!
お風呂は予約制です。夜は混むらしいし、昼なら海を見ながらお風呂に入れます。いろいろなアトラクションも、昼よりも夜のほうが充実しています。
それで、8日目の10時に予約を入れました。
おっとっとは、朝食が済むとすぐに、船内の写真を撮るといって出かけていきました。
「予約は10時だからね。遅れないようにしてね」
と言って送り出したのに、9時45分になっても帰ってきません。50分になっても帰ってきません。55分になったので、さすがの私も心配になりました。
部屋の入り口で待っていましたが、来ないのです。お風呂のフロントに電話をしました。
「10時に予約した村上ですが、主人が帰ってこないので10分ぐらい遅れます」
すると
「ご主人様は、ここでお待ちです」
まったく!!もう!!
急いで15階に上がって、お風呂に入ってきました。
大きな浴槽が4つ。そのうち2つは、天井がない露天風呂(危険なので全面はガラス張り)でした。しかもジャグジー!海を見ながら潮風に吹かれて入るお風呂は、ぜいたく極まりなくて至福のひと時でした。
空は晴れ、海は穏やかです。ミストサウナにも入りました。汗をかいて少し体重を減らしたいです。大きな浴槽が4つもあるのに、入浴している人は10人もいません。ゆくりとお風呂を楽しみました。
男湯は、ミストサウナではなくて、打たせ湯だったそうです。おっとっとは、話し好きの元関取の方とおしゃべりしながら、のぼせるぐらい入浴したそうです。
「いやぁ、俺よりもしゃべる人がいてびっくりした。よくしゃべるなぁ。ずっとしゃべっていてもう少しでのぼせるところだった」
たぶん、今頃、向こうも同じ感想を言っていると思いますよ。

by asahikanokami | 2016-06-22 14:18 | 私のこと
<< ダイアモンドプリンセスの旅5(... ダイアモンドプリンセスの旅13... >>