朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

神様がお連れ下さったお客様

7月12日のことです。

その日は本当は仲良しグループで日帰りで温泉に行く予定でした。

しかし、前日に大勢のお客様があって、その後片付けがありました。温泉から帰ってきてからお掃除するからと言ったのに、おっとっとから温泉行きの許可は下りませんでした。

楽しみにしてたのにぃ・・・。

ちょっとふくれっつらでお掃除を開始。
するとお昼近くに一人のお客様がお出でになりました。自転車旅行のお年寄り。雨に降られて難儀をしていると言います。

宿泊の場合は15時からチェックインできます。時計を見たらまだお昼前。でも、なんだかお気の毒な気がしてお部屋を用意しました。

大きな荷物を自転車から降ろし、ビニールの雨合羽を脱いだらTシャツの胸の所に大きな文字。

『鎮魂』

そしてその下に
『日本一周自転車旅行 原野亀三郎 80歳』(お名前を掲載することはご本人了承済みです)

なんでも昨年は2ヶ月かけてドイツを自転車で廻ってきたそうです。それで自信がついたので今年は日本一周の計画を立てたそうです。

4月30日に長野を出発。日本海沿いを走って北海道に渡って北海道を一周。太平洋沿いに本州を南下して来たのだとか。

ずっと雨降りで、本当はもっと走る予定だったのに、なんだか急に走るのが嫌になり朝日館にはいってこられたそうです。

すごいことに、ただ海岸沿いを走っているだけでなく、島も一回りしているのだとか。佐渡とか、北海道沿岸の小さな島も走ってこられたそうです。

これから南下して沖縄まで行き、その先の島々も廻り、長野に帰る予定は来年の6月30日!!

80歳と言う年齢にも驚きます。

「私は戦争のせいで青春がありませんでした。多くの友人が戦死しました。彼らの青春は永久にありません。残された私が青春を楽しまなかったら、あの世に行ったときに彼らにあわせる顔がないんです。だから、今、青春をしてます。彼らが私と一緒に日本一周旅行を楽しんでいるのを感じながら走ってます」

「でもねぇ、やはり辛いですよ。走るのは・・・。走りおわったっときに、楽しかったって思うんでしょうねぇ。走っているときはちっとも楽しくなんてありません。人生も旅と同じですね。その時は必死に生きているから楽しくなんてないけど、後で思い返すと『あの時は楽しかったなぁ』なんて思いますから」

次の日の朝
「帰りたくないなあ。このままここにいたいなあ。もう一泊しようかな」
とおっしゃったけれど、曇り空を見上げて
「やっぱり雨が降らないうちに出かけることにしましょう」
と出発していかれました。(写真も掲載許可をいただいて撮らせていただいたのにピンボケでした・・・残念)

時々、神さまがお連れ下さったお客様ではないかと思う方がおります。その方のお話を聞いていっぱいエネルギーをいただく時があります。お話をお聞きして心が震えるときがあります。

そんなお客様はたいてい
「朝日館に泊まるつもりはなかったのに、なぜか泊まってしまった」
っておっしゃいます。それはきっと神様がお連れしたからだと思います。

温泉に行かないでよかった。もし行っていたら原野さんをお泊めすることはなかったと思います。そしたら原野さんの素敵なお話も聞くことが出来ませんでした。

原野さんは今頃どこを走っていらっしゃるのでしょうか。
雨に当たって難儀をしているのではと心配しています。梅雨明けがこころから待たれます。

by asahikanokami | 2006-07-28 21:47 | 我が家のお客様 | Comments(31)
Commented by よっちん、 at 2006-07-29 18:01 x
こういう出逢いって、不思議で、素敵ですね♪
ピンボケでも風情が感じられるなら、と思うのですが?
最近は「ピンぼけ・手ぶれレスキュー」とか安価でもいい修正ソフトも売ってますよん~(^ー^)~♪
Commented by 朝日館女将 at 2006-07-29 22:39 x
【よっちん】

そうなのよ。不思議なの。
温泉に行っていたら出会えなかった。お掃除もちょうどその部屋を終えたばかりでした。お掃除が出来てなかったら泊めることは出来ませんでした。

いろいろ考えると・・・・泊めることが決まっていたかのような数々の出来事。やはり神様がお連れ下さったお客様さまなんでしょうね。

写真はものすごいピンボケでした。きっとこれも写真など必要ないということなんでしょう。
Commented by kogomori-no2 at 2006-08-01 22:29
素晴らしい!!若輩者の私が言うのは甚だしいですが。
その方の、人生で生き様なのですね。しかし、足が元気でないとこうわいきません。もちろん、その方の強い意志があってこそですが。とても素晴らしい、出会いを頂けたのですね。羨ましい限りです。
Commented by 朝日館女将 at 2006-08-02 12:43 x
kogomori-no2様

そうなんです!若いもの(って言うほど私は若くないんですが・・・汗)も負けられません。

ものすごく勇気をいただきました。日頃の鍛錬の成果でしょうね。もちろん強い意志も。

すばらしい出逢いでした。出愛でした。
Commented by 無名の一市民 at 2007-06-25 21:29 x
悲報です。心よりお悔やみ申し上げます。

自転車で日本一周の80歳が事故死 あと40キロで自宅
2007年06月25日 朝日新聞

 25日午後1時50分ごろ、長野県小谷村北小谷の国道148号の外沢トンネルで、自転車で走っていた同県小川村瀬戸川の無職原野亀三郎さん(80)が、小谷村中土の運転手田原登さん(22)の大型ダンプにはねられ、胸を強く打ってまもなく死亡した。県警大町署によると、原野さんは自転車で日本一周旅行をし、自宅まであと約40キロのところで事故に遭ったという。
 近所の人によると、原野さんは数年前、古い民家を借りて東京都内から移住し、一人暮らしをしていた。一昨年ごろには欧州でも自転車で旅をした、と話していたという。
 原野さんが旅行途中の昨年7月に泊まった福島県の旅館によると、原野さんは昨年4月下旬、長野県の自宅を出て北上し、北海道を回って南下していた。「亡くなった戦友には青春がなかった。彼らのために青春しているんです」と話したという。
 昨年10月には、鹿児島県で地元放送局のラジオ番組に出演。「これからも夢をたくさん持って、悔いのないよう生きていきたい」と語っていたという。
Commented by アウトドア大好き at 2007-06-25 21:36 x
う~ん、亡き戦友のために80歳まで生きられたんですから・・・
でもあと自宅まで40キロだったんですか!
ご冥福をお祈りします
Commented by at 2007-06-25 22:22 x
ただ、ただ合掌してしまいました。
Commented by 朝日館女将 at 2007-06-25 22:45 x
【無名の一市民様】

新聞社からの電話で訃報を知り驚いております。

原野さんのことは今でも鮮明に覚えております。
心からご冥福をお祈りいたします。

【アウトドア大好き様】

あと40キロ・・・・・・・・。どんなにか心残りだったことでしょう。
涙が止まりません。

安らかにと祈るばかりです。

【り様】

お近くなのでしょうか。
私も近かったらお線香の一本でも手向けたい気持ちです。

ここで静かに祈らせていただきます。
Commented by アニジャ at 2007-06-25 22:50 x
突然の書き込み失礼します
ニュースを読み、80歳で日本一周に挑んだ原野亀三郎さんってどんな人だろう?と思い調べていてたまたまたどり着いた通りすがりの物です。
自分も趣味で自転車に乗るのですが真に残念です
あと少しで家族の待つ我が家に帰れる所だったのに…
Commented by 自転車乗り at 2007-06-25 23:09 x
このブログのお陰で、亀野さんの素晴らしい言葉を知ることができました。有難うございます。
この場をお借りしてご冥福をお祈りさせていただきます。
Commented by pino at 2007-06-26 00:04 x
ニュースを読んだ後にこちらの日記を拝見しました。
良いお話を見る事が出来ました。ありがとうございました。
原野さんのご冥福をお祈りします。
また女将の仕事も本当に大変だと思いますが頑張って下さい。
Commented by 戦争に行かされなかった鶴さん at 2007-06-26 01:41 x
戦友に伝えるために青春を追い続けた亀さんの「鎮魂の旅」は、終止符が打たれないまま終わってしまいました。この続きはきっと、亀さんに共鳴する心の持ち主が、バトンを引き受けることでしょう。亀さんの人生には、高度な文学的価値があります。本になってドラマになって、多くの人に勇気を与える。そんな気がします。亀さん。そちらの戦友に、終止符のない青春を語ってやってください。
Commented by 戦争に生かされなかった鶴さん at 2007-06-26 01:49 x
朝日館の女将様。いつも、名文をありがとう。才能のあるあなた、亀さんを日本じゅうに紹介する文章力が、あなたにはあります。亀さんは、すごい人間関係を作って、旅立っていかれました。皆さん、どう思われますか?
Commented by California at 2007-06-26 01:59 x
ニュースを見て「戦友のために」という言葉に惹かれました。また
昔自転車で長野県を通ったことがあったので地図を見ると、お住
まいのある小川村もあまり遠くなかったようです。
今回思いがけずこちらのブログに巡り合い原野さんのエピソードを
読ませていただくことができました。感謝しています。
ありがとうございました。
Commented by 奥土居美可 at 2007-06-26 02:48 x
ヤフーのニュースで今回の事故を知りました。本当に辛い事故だと沈んでいましたら、その記事をよく見ると原野さんが前日宿泊された福島新地町の旅館の村上美保子さんのコメントが載っていて驚きました。神様がお連れしたお客様・・・本当に神様はきまぐれです。
お家まであと一歩。ゴールでの充実感を味わって欲しかったですね。本当に信じられない、お気の毒なことですが、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
Commented by 通りすがりの海外留学アドバイザ at 2007-06-26 07:50 x
悲報をニュースで知り、ここにたどり着きました。「亀さん」のご冥福を心よりお祈りします。
Commented by 名も無きチャリンカー at 2007-06-26 09:14 x
突然の書き込み失礼します。

自転車乗りとしては悲しい限りです。

直接は会ったことありませんが、きっとこの町も走られたんだろうと思います。

なかなか人生って難しいです、、

原野さんのご冥福をお祈りいたします。

高知・名も無きチャリンカー
Commented by Ryo at 2007-06-26 21:12 x
ご冥福をお祈りいたします。
あと40km、どんな気持ちで自転車をこいでいられたのでしょうか。
最後の最後でこのような結果が待ち受けているとは、誰も思っていなかったでしょう。残念で仕方ありません。
このニュースをはじめてみたときはもう言葉もでませんでした。
80歳で日本一周、夢はかないませんでしたが、自分は原野さんのことを尊敬して、これから先も、原野さんのことを忘れずに、その魂に、少しでもあやかっていきたいと思います。
Commented by ATORA at 2007-06-26 22:30 x
久しぶりに心が温まる話を聞いたと思ったやさき・・・
とても悲しいです。
多分女将さんは合うべくしてこの方と出会ったのでしょう。
これも神様のお導きなのかもしれないですね。
ご冥福をお祈りします。
Commented by しお2 at 2007-06-27 18:09 x
原野さんの本当のゴールは「戦友の元」だったのではないでしょうか。

走りながらずっと考えていたのでしょうね。自分の真のゴールはどこなのかと。

出発した自宅がゴール。誰もがそう想います。

しかし原野さんの心の底から戦友を想う行動を考えると、一番良かった・・・うまい表現が見つからず、良かったなどと不謹慎なと思われるでしょう。

しかし、敢えて私はご冥福を祈ると同時に、「ゴールおめでとう!」と申し上げます。

そう想いたいです。

Commented by 朝日館女将 at 2007-07-04 20:48 x
書き込みをしてくださいました皆様

ありがとうございます。

原野さんの最後がこんな形で終わってしまって、本当に悲しいです。

原野さんももう少しでゴールだったので、どんなにか残念で無念なことでしょう。

でも、こうして多くの方に原野さんというすばらしい方がいたと言うことが伝わり、多くの方に感動を与えることが出来ました。

そう思うと原野さんの死も無駄ではなかったと思います。

80歳の青年。原野亀三郎さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。
Commented by ちかっちゃん at 2007-07-26 20:21 x
いきなり失礼致します。先程のNHKのクローズアップ現代を見て検索してここにたどり着きました。
日記拝見させて頂きました。原野さんの足跡を紹介していたエピソードそのものがこちらにあってびっくりしました。原野さんはこちらのお宿に宿泊されたのですね。
原野さんのご冥福を祈りつつ、「一歩踏み出す勇気」大事にしたいと思います。
Commented by J.Seagull at 2007-07-27 01:50 x
はじめまして。
上の方と同様、本日のNHKのクローズアップ現代を見て検索してたどり着きました。
悲報から丁度一ヶ月、今頃は、きっと戦友と再会され思い出話に花を咲かせていると思います。
私はもちろん原野さんと直接お会いしたことはありませんが、原野さんのことを知って、よき出会いが出来たと思いました。

原野さんの想いを伝えるべく、私のblogでも取り上げましたが、原野さんのお言葉の部分を一部こちらから引用させていただきました。
事後報告で申し訳ございません。
(もし、不都合がございましたら、お手数ですがコメント欄にてご連絡いただけますと幸いです)

改めて、原野さんのご冥福をお祈りいたします。
Commented by 朝日館女将 at 2007-08-02 17:05 x
【ちかっちゃん様】

お返事が遅くなりました。

原野さんの残された言葉が、今になって心に沁みます。
一歩踏み出す勇気を持って生きて行きたいです。

【J.Seagull 様】

そうですね。
きっと一刻も早く、戦友の方達に会って報告したかったのでしょうね。

ブログに使っていただくのはかまいません。むしろありがたく思います。ありがとうございました。
Commented by よね。 at 2009-02-26 21:41 x
始めまして。

鹿児島から・・・
カナリ時間が経ってからのコメントです。

ブログへの書き込みもあったようですが、
鹿児島のラジオの生放送で、直接お話を伺ったのは私です。

私事ではありますが、実は先週、奥様に会いに行って、
原野さんにお線香をあげてきました。

貴女様のお話も伺いました。

原野さんは、各地で色んな方とお話されて、
どこの地でも同じように、心に残るメッセージを残して逝かれたんですね。

私も「青春をしなさい」と言われた事を覚えています。

私がお会いしたのは、2006年10月11日。
原野さんの80歳、誕生日の翌日でした。

先日奥様に、私がお送りした中継テープを録音したCDを頂いて、
改めて聴いて、胸が熱くなった私です。

語り始めると止まらなくなりますね。

ブログを見つけたので、書き込みをさせて頂きました。
突然すみません。今日はこのへんで・・・
Commented by 朝日館女将 at 2009-02-28 14:14 x
【よね。様】

ようこそ!
書き込みありがとうございます。

そうですか。原野さんにインタビューをなさったのはよね。様だったんですね。

今でも原野さんの笑顔を思い出します。とてもお話しが楽しくて、ドイツのお話もたくさんお聞きしました。

ご家族に心配をかけるから知らせないで旅行しているとおっしゃっていました。帰り道、自宅によるのでその時に話すと。
「きっと女房は驚くだろうな」
と楽しそうに笑いました。

もしよろしければCDをコピーしていただけないでしょうか?
私も聞いてみたいです。
Commented by よね at 2009-02-28 22:08 x
私の喋りも入っていますが、よろしいでしょうか??
どちらにお送りしたら良いですか?!
Commented by 朝日館女将 at 2009-03-01 17:49 x
【よね様】

送っていただけますか?わ~~~!!嬉しです!!

我が家の住所は
〒979-27902
  福島県相馬郡新地町谷地小屋字釣師11
            朝日館
です。

楽しみに待っています。ありがとうございます。
Commented by 朝日館女将 at 2009-03-01 17:51 x
【よね様】

すみません。郵便番号が違っていました。

〒979-2702
が正しい郵便番号です。
Commented at 2009-03-01 21:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-03-01 21:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 相馬名物??? 遠野むかしばなし紀行14(終わり) >>