朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

世界中のお母さんたちへ

前回のブログ「田中キヲさん」について書きました。その時、仲良しの歌手の美地さんの歌う「世界中のお母さんたちへ」という曲を思いました。みっちゃんがいつも世界中から紛争や戦争がなくなるようにと、祈りを込めて歌っているあの歌「世界中のお母さん達へ」。

その曲の歌詞を全部書きたいと思っておりましたが、なにせ、忘年会シーズン。
忙しくて書くことが出来ずにおりました。

忙中閑有り

今夜はご披露いたします。
美地さんは、戸川昌子さんのお店「青い部屋」でシャンソンなどのコンサートをしたり、また知的障害者の仲間と「トトロサークルコンサート」をしたり、全国の聾唖学校で手話を使ったコンサートなどの活動しながら、また、自らも障害者施設の保母さんをしています。
http://mipkikaku.at.infoseek.co.jp/

この歌をみっちゃんが歌う必要の無い、平和な地球になりますように、そんな時がいつかきますようにと、心から願わずにはいられません。

「世界中のお母さん達へ」

1 拝啓 世界中のお母さん達へ
  あなたの子どもは もう 笑いますか
  あなたの子どもは もう 目を開けますか
  あなたの子どもは 平和ですか
  こんな手紙を書く失礼を
  どうかお許しください

   けれども 私は 私はあなたに
   教えて欲しいのです
   もしも あなたが 私の子ども達の
   悲しみ救える 子守唄を 
   もしも あなたが 知っているなら
   私に 教えて ほしいのです

2 拝啓 世界中のお母さん達へ
  あなたの山は もう緑ですか
  あなたの春には もう 鳥が飛びますか
  あなたの町は 平和ですか 
  こんな手紙を書く失礼をどうかお許しください
 
   けれども 私は 私はあなたに
   知っていてほしいのです
   あれから いくつもの 冬を越えて
   いくつもの春を 越えたはずなのに
   白い森はまだ 死に絶えたままで
   小鳥もとばずに いることを

3 拝啓 世界中のお母さんたちへ
  あなたは ベトナムを もう 忘れましたか
  あなたは 戦争を もう 忘れましたか
  あなたの心は 平和ですか
  こんな手紙を書く失礼を どうかお許しください

   けれども 私は 私はあなたに
   忘れてほしくなにのです
   戦いのことなど 知らないままに
   生まれてくるはずの 子どもたちが
   瞳を うばわれ 歩くことも うばわれ
   生きることを うばわれて いることを

拝啓

世界中のお母さんたちへ
あれはもう10年もまえのことでした。私たちのタンラップ村のあたり一面が、急に真っ暗になりました。そしてその時、突然、色のついた雨が、森の上にも、林の上にも、馬や牛達の上にも、そして、私たち人間の上にも、いつまでも、いつまでも降り続けました。

拝啓
世界中のお母さんたちへ
その時でした。森の木々たちはみんな、その枝をそぎ落とされましたよ。そして、馬や牛達は、みんな泥んこ水の中に頭を突っ込んで、死んで行きました。そして、私たち人間も、私たち人間もみんな、血を吐きましたよ。

拝啓
世界中のお母さんたちへ
けれど、私は知らなかったんです。色のついた雨で、私たち皆がずぶ濡れになった時に、まさか・・・・まさかその時、私のお腹にいた、この赤ちゃんまでもが、お腹の中にいたこの赤ちゃんまでもが・・・・私と一緒に、血を吐いていたなんて・・・・。

4 拝啓 世界中のおかあさんたちへ
  あなたのこどもは もう笑いますか
  あなたの子どもは もう目をあけますか
  あなたの子どもは 平和ですか


  (詞 曲 宮沢勝之 歌 美地)

by asahikanokami | 2006-12-16 20:36 | 私のこと | Comments(1)
Commented by ずん at 2014-03-29 16:11 x
昔、聞いたことあります。
<< かぼちゃ 田中キヲさん >>