朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

父の浴衣

前に日記に書いた布ぞうり。 実は実家の父の浴衣でつくりました。
母の母、すなわち祖母が父に縫ってくれた浴衣です。 父はどてらの下に着ていました。

両親が亡くなり、実家を処分することになった時に、多くの家財道具を運んできました。中には古くて持って来るまでではないものも多くありましたが、おっとっとが
「お義父さんが汗水たらして働いて買った品物だから捨てられない」
と仕入れに使っている小型トラックで、何度も往復して我が家に運び込みました。

結局、持っては来たけれど使わないで捨てたものも多くあります。残りは倉庫に、いつ使うとも無くしまってあります。その中に父の浴衣がありました。どういうわけか捨てずにしまってありました。

洗おうと思い、洗濯機に入れて風呂水を入れたら、ふっと父の匂いがしました。

この11月が13回忌になります。 12年もたっているのに、しかも洗濯してしまってあった浴衣なのに、ふっと父の匂いがしたのです。 涙がこぼれました。

勤勉実直を絵に描いたような面白みの無い人でした。寡黙であまり笑わない人でした。冗談も言わなかったなぁ・・・。しつけも厳しかったし・・・。(20歳を過ぎても門限が20時だった)

そんな父でしたが私は父が大好きで、ずいぶん大きくなってからも映画を見る時は、いつも父と一緒でした。と言いますか、親以外の人と映画を見に行くのは不良だと言われていました。

「女の子はそんな所に行くものじゃない。だが社会勉強のために知っておくことも必要だ」
と、焼き鳥屋やパチンコに生まれて初めて行ったのは、父と一緒でした。

思いがけず父の笑顔が浮かび、洗濯機を回しながら泣いてしまいました。
私は可愛がられて大事に大事に育ててもらったなぁ・・・。ありがとうございます。 両親に感謝です。

おとうさん。あなたの浴衣が布ぞうりになりましたよ!

by asahikanokami | 2007-09-09 23:00 | 私のこと
<< こんにゃく番所 手作り >>