朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

手話で生活

花見山に行く前に、じつはおっとっとと「日光鬼怒川温泉ツアー」に行ってきました。

初日は雨。華厳の滝は霧に煙っていました。外も寒かったのですが、観光バスの車内も寒かったのです。暖房を入れてほしいとお願いしたのに、窓が曇るからとエアコンは少ししか入れてもらえませんでした。

ホテルの中は反対に暖房が効いていて、夜中に暑くて目が覚めました。

そしたらてきめん。風邪をひきました。

帰ってきたらなんと!声が出ない!!
「うるさいやつがおとなしいから、世の中は平和だなぁ」
とオットットに言われました。

ちょっと良くなったので、友人と花見山に出かけたのです。

で・・・・・風邪がぶり返しました・・・・・。

熱も少し出ましたが、なにせ、せきが止まらない。声が全然出ない。
電話に出ることもできません。オットットを呼ぶのにも困りました。

手話(というよりもジェスチャー)と筆談で生活していました。

今日やっと、ハスキーながら声も出るようになり、食欲も出て、咳もおさまりました。

いまならちょっと色っぽい声の私がお相手いたします(笑)皆様お電話をくださいませ(大笑)

by asahikanokami | 2008-04-23 22:36 | 私のこと
<< 道路が渋滞 花見山 >>