朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ハイタッチ

昨日は新地小学校まで出前昔語りに出かけてきました。

いつもは高学年の子を相手に語っているのですが、昨日は低学年の子にもと、2年生が相手でした。

高学年なら少しはじっと聞いてくれるけれど、、低学年はおとなしく聞いてくれないという話を聞いていたので、少々緊張して出かけました。

草鞋とか、囲炉裏とか、蓑笠とか見たこともなくて知らない子を相手に昔話を話すのは大変です。

なにを話そうか悩んだ末「橋役人」という貧乏徳利が出てくるお話と「ほしい」という仕掛けのある民話絵本を読むことにしました。

「橋役人」は橋役人に買ってきたお酒を飲まれてしまったおじいさんが、飲まれないようにおしっこを徳利に入れる話です。

子供って汚いものが大好きなんです。おならの話やウンチの話などをするとすごく喜びます。

いつも取り上げられて飲まれてしまうお酒の代わりに、おしっこを徳利に入れておいたおじいさん。
「それは小便でござりやする」
って言ってもお役人さんは、お酒を飲まれたくないために嘘を言っているのだと思って、飲んでしまいます。貧乏徳利を持参で語りました。

「ポンと栓を抜いて、ぐびっと一口飲んだら・・・」
と話していたら、聞いていた全員の息が止まって、じっとこっちを見ているのを感じて、嬉しくてちょっと背中がぞくっとしました。

「ぺっぺっぺ」
とお役人さんが吐き出すと、息をつめて聞いていた子供達も
「ふぅ~」
と息を吐き、それから大爆笑になりました。大成功!!

帰りにお礼を言って教室を出ようとしたら、出口付近にいた子供が
「また来てね!」
ってハイタッチしてくれました。そしたら、他の子たちも立ち上がってそばに来てくれて、全員とハイタッチをしました。

嬉しくて嬉しくて、涙が出そうになるのを必死にこらえて全員とハイタッチをしました。

もう3年間も(年間に2,3回ですが)町内の小学校で話をしていますが、こんなことは初めてです。

昨日一日、いいえ、今日になっても思い出すと嬉しさがこみあげて来るのです。幸せだな!!

by asahikanokami | 2008-10-16 09:37 | 私のこと
<< お出かけいろいろ お昼ごはん >>