朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:私のこと( 152 )


ダイアモンドプリンセスの旅3(食事などのこと)

夕ご飯は、メインダイニングが5つあります。
最初に、どのダイニングで食べるかは決められています。時間も席も決まっています。
私たちは、インターナショナルダイニングでした。この旅行の間、夕食はここで17時半から食べることができます。
ほかの時間や、ほかのものを食べたいときは、ブッフェ(24時間)とかピザとかハンバーガーとかアイスクリームなどがあります。
ほとんどが無料で、好きなものを好きなだけ食べられます。
ただし、お寿司やステーキハウスやイタリアン、しゃぶしゃぶなど有料のレストランもあります。
ルームサービスも無料で、飲み物や果物や食事をお部屋で食べることができます。
食事が終わって、出てきたら、グランドプラザでコンサートをしていました。
f0061402_20262778.jpg
同時多発的に、船内でいろいろなイベントがあり、面白そうなものに参加しようと思うと、寝る暇がなさそうです。
今日は、第一日目ということで、おとなしく寝ることにしました。
室内では、NHKのBSと映画のビデオを見ることができます。
シャワーがついていますが、バスタブはありません。
15階にスパがあって、予約制で90分15ドルなそうです。
「二人で30ドルかぁ・・・・」
と懐勘定をしていたら、息子に出発前
「最初で最後なんだから、お金がもったいないなんて言わないで、一度は入浴して来たら」
と言われました。
そうだなと思いつつも、迷っている私です。
船は、ほとんど揺れなくて、船中にいることを忘れて熟睡しました。
f0061402_20274144.jpg


by asahikanokami | 2016-06-16 16:43 | 私のこと | Comments(0)

ダイアモンドプリンセスの旅1(はじまり)

突然ですが、今、洋上にいます。
つまり、太平洋の上です。
10年ぐらい前になるでしょうか、ドイツを旅行した時に、同じツアーに74か国を旅行したご夫婦がいました。
いろいろな旅のお話を散々聞いて、最後にこう質問しました。
「今まで行かれた中で、一番良かったところはどこですか?私たちの次の旅行地にしたいです」
「どこって・・・・どこもそれぞれ良かったです。でも、また行きたいというと・・・・」
私は、ぐっと身を乗り出しました。
「行きたいというと?」
「クルーズかなぁ・・・・。何度かクルーズ旅行をしたけど、どのクルーズも楽しかった」
クルーズかぁ。
その時
「よーし!次回はクルーズ!」
と、心に決めたのでした。
それから10年の歳月が流れ、被災したり、旅館を廃業したり、家を新築したりと、あっという間に時間が流れてしまいました。
被災直後は、旅行どころではありませんでした。家が出来上がり、引っ越し、やっと落ち着いたので、念願のクルーズ旅行です。
嬉しくて!嬉しくて!まるで遠足の前の子供のように、ルンルンで旅行準備をしました。
いよいよ、9月15日、横浜港発「ダイヤモンドプリンセス 沖縄、台湾クルーズの旅」に出発です。
横浜商船大学の高木先生が、私たちが無事に船までたどり着けるのか心配をしてくださって、東京から横浜の大さん橋国際客船ターミナルまで連れて行ってくださることになりました。
しかも、お昼をごちそうするからと誘ってくださいました。
出発前から、楽しい旅が始まりました。

by asahikanokami | 2016-06-16 16:21 | 私のこと | Comments(0)

恩送り

「恩返し」というものがあります。
恩を受けた人に、後でお返しをするものです。

同じように、恩送りというものもあります。

あの日、バック一つとお位牌を4つ持って避難した私。
まさか、あんな大きな津波が来て、何もかも持っていくとは思ってもいませんでした。
けれど、世界中から支援が届き、そのおかげでこうして生活ができています。
どんなにお礼を言っても言い足りないです。

そして、九州の地震被害。
つぶれてしまった家や、ずたずたの道路をテレビのニュースで見た瞬間に、あの日がフラッシュバックして心臓が早鐘を打ちました。
涙が止まりませんでした。
数日間は、ニュースを見ることさえできませんでした。

被災した方のお気持ちがわかります。辛さが伝わってきます。
だからといって、ボランティアに行っても足手まといになるだけです。
何かしたいと思っていたときに、友人のブログで支援物資を配ってくださる方がいることを知りました。

公的な支援団体や行政に送っても、なかなか被災者に届かないのは経験済みです。
新地町でも、たくさんの支援物資が配られないまま賞味期限が切れてしまいました。
なぜ配らないかというと、被災者全員に配るだけの数がない品物だからです。
不平等にならないように、全員に配ることができるまで、保管されています。
そのうち、賞味期限が来ます。そして破棄されます。

もったいない話です。
避難所には、物がなくて、特に食料は少なくて毎食、小さなお結びが一個とほんの少しのおかずだけでした。
調味料も少なくて、缶詰の汁も捨てないで調味料代わりに使いました。

支援物資を送ってくださった方は、ただ品物を送ってくださったのではなく
「がんばれ!応援しているからね」
という気持ちも送ってくださっているのです。
そのお気持ちを、むざむざと捨てるのは申し訳ないことでした。

千年に一度の大震災。杓子定規なことを言っていても始まりません。臨機応変に対応していかないとなりません。
采配を振る人が必要でした。いなかったけど・・・・・・。

熊本に何か送りたいと思っていました。
だれか、送ったものを配ってくれる人はいないかと探していました。
少量の荷物でも、必要としている人に配ってくれる人を探していました。

いました!
友人のブログで知りました。私がローマで独りで始めたわけというブログです。

ローマに住んでいる彼女もまた、東日本大震災の時は、あちこちで精力的に支援活動をしてくれた人です。

恩送りという言葉があります。
恩返しではありません。

受けた恩を、困っている誰かに送るのです。
恩人にお返しするのではなく、お返しする感謝の気持ちで、次の困っている人に送るのです。

あの時、たくさんのご恩を頂きました。
少しですが、熊本に恩送りしたいと思ってます。

by asahikanokami | 2016-05-03 20:47 | 私のこと | Comments(4)

再開しようかな・・・・・

ブログを書かない日が、一年以上も続きました。
書き始めると、続くのだけど、書かないでいると、ついつい億劫になってしまします。

毎日のちょっとしたことは、フェイスブックに書くので、それで満足していました。

で、今日は、ずっと、ずっと、始めようと思いながら億劫に思っていたことを二つ始めました。
もちろん、一つがブログです。
もう一つは、習いに行きたいと思いながら、先延ばしになっていた織物教室。
連休明けの教室を予約しました。

さて、我が家のおっとっと。
どう言う風の吹き回しか、突如、ガーデニングを始めました。

去年の秋に植えたチューリップ。
これは、半月ほど前の写真です。今は、すべて散ってしまいました。

f0061402_2394229.jpg


f0061402_2310770.jpg


晴れた日は、寝ていられないらしくて、早々と起きて庭にいます。
少々の雨でも、庭にいます。
ですから、どちらが裏か表かわからないほど日焼けしています。

バラもつぼみが出てきました。
咲いたらアップします。

by asahikanokami | 2016-05-02 23:10 | 私のこと | Comments(0)

完治して、それから

「完治しました」
先生に、そうお墨付きをいただきました。
しかも、右よりも左の方がよく聞こえる周波数もあるという驚きの結果です。

とりあえずこれで通院しなくても済みます。
インフルエンザが大流行中なので、病院の待合室は発熱した子供がたくさんいました。
おみやげにウイルスを貰いそうで、びくびくしながら名前を呼ばれるのを待っていました。
ちょっとホッとしています。

そして、病み上がりのくせに、しかも高所恐怖症のくせに、東京スカイツリーに登ってきました。
前日は、中学生に被災体験をし(とても熱心に聞いてもらい、涙が出そうでした)その晩は横浜に泊まり、中華街で夕食を食べました。

翌日は、スカイツリーです。

f0061402_21525094.jpg


予約していたので並ぶこともなく、あっという間にエレベーターで空の上に運ばれました。
お天気も良く、下界の様子も良く見えました。

f0061402_2154283.jpg


といっても・・・・・何しろ高所恐怖症。窓から少し離れて景色を眺めてきました。

f0061402_21553946.jpg


そしたら、上から何かが下りてきました。
何だろうと思ったら、窓ふきのお兄さんたちでした。

f0061402_21561872.jpg


この日は風もなかったから良かったけど、風が吹いたら怖いです。
見ているだけでも背中がザワザワします。
見物していた人たちがいっぱい集まってきて写真を撮っていました。

f0061402_2157109.jpg


目の前に、昨年お参りした浅草寺が。

f0061402_21582063.jpg


遠くを見ている時はまだいいのですが、真下を見ると・・・・・やはり怖いです。

f0061402_21594556.jpg


せっかく登ったスカイツリーでしたが、1時間もしないうちに下に降りてきました。
やはり、足が地についていると安心です(笑

by asahikanokami | 2013-02-01 22:01 | 私のこと | Comments(18)

聴力が少し回復しました

皆様

ご心配をおかけいたしましたが、本日の診察で、だいぶ聴力が回復していることがわかりました。
ステロイド剤が効いているらしいので、入院せずにこのまま在宅治療ということになりました。
ほっとしました。

19日に猪苗代町の小川医院(我が家のホームドクター、今田医師ご夫妻の病院です)で診察していただき、その後、会津若松市の東北治療院の森田哲矢先生にいろいろなことを教えていただき、治療していただきました。
そしたら、耳鳴りが小さくなり、聴力が少し出たのです。ほんのちょっと治療していただいただけで、手品のような効果が出たのに驚きました。
自分の体と心が、少しねじれていたのを悟りました。

20日は、湯川村の中学二年生の立志式で1時間半も(予定は1時間だったのに。ごめんなさい)お話ししてしまいました。
生徒さんが全員、真剣に聞いてくださったので、ついつい熱が入ってしまいました。身じろぎもせず、一生懸命に聞いてくれたので、とても嬉しかったです。

今日はエコたわしの活動日。顔だけ出して、あとは自宅でおとなしくしています。
皆様にご心配いただきありがとうございました。

本人は、自分が病気だと言うことが信じられないほど元気です。元気すぎて、じっとしているのがつらいです(笑
ちょっとの間、おとなしくしています。

コメントをくださった方、メールをくださった方、そしてブログを読んで心配してくださっている方、すべての方にお礼申し上げます。
ありがとうございました

by asahikanokami | 2013-01-21 16:37 | 私のこと | Comments(8)

寝耳に水

昨日から、左耳が聞こえにくい。耳鳴りもします。
今日、耳鼻科に行ったら
「すぐに入院してください。ステロイドを点滴します」
へっ!寝耳に水!聞こえない耳に薬!

実は、20日に福島県湯川村の中学生の立志式で、被災体験を語る約束をしているのです。
雪が心配なので19日に出かける予定をしていました。

「どうしても出かけると言うのでしたら、仕方がありませんね・・・・・・・。とりあえずは投薬で症状に対処しましょう。21日に改めて入院するかどうか決めましょう」
とお医者様も呆れ顔。

突発性難聴は、めまいがするそうです。しかし、私は聞こえにくいだけで、めまいはしません。どこも具合が悪いところはありません。体のどの場所も、痛くもかゆくもないのです。
めまいがしたら、即入院するという約束で帰宅して、おとなしくしています。
とりあえず、明日の予定はすべてキャンセル。20日が無事に過ぎるように祈るばかりです。

耳以外の体は非常に元気。安静と言われましたが、コタツでじっとテレビを眺めていると、何かしたくて体がむずむずする私は、困った貧乏性です。

by asahikanokami | 2013-01-17 16:50 | 私のこと | Comments(5)

緊急のお願いというか、お問い合わせというか

さっぱり更新してなくて、おまけにコメントのお返事も書かないまま、こんなお願いを書くことお許しください。

エコたわしのご注文をいただいていた人のリストを紛失してしまいました。
何人かは思い出しましたが、おひとり、どうしても思い出せない方がいます。

何度かご注文をいただいていた方で
「魚と亀のたわしを入れて40個」
という方、どなただったでしょう?????

今日、お送りしようと思い、リストを探したのですが見当たりません。
いつもこうなのよね・・・・・私・・・・・・・・。

ぼんやりしていて、うっかりもので、忘れ物の名人だからと自分にいつも言い聞かせているのに、なくしたり忘れたりする・・・・。決まった場所にきちんと置くように心がけているつもりなのに、あちこちに置いて探してばかりいる・・・・・。
この頃は、それに物忘れが加わりました。

本当にすみません。
心当たりの方は、非公開コメントでお名前をお知らせください。
40個が編み上がりましたが、明日、あさってと出かけますので、発送は18日になります。15日に発送するとお返事(たしか・・・・電話だったような・・・・・・)しましたのに、遅くなります。
本当にごめんなさい。

留守の間に、お名前がわかりますように!!

(ミシンクラブのこと、釣師地区の輪投げ大会のことなど、ブログアップしたいことがあるのですが、ちょっとお待ちください。結構忙しい毎日で

皆様、お騒がせいたしました。
解決いたしました。
ありがとうございました。


by asahikanokami | 2012-10-15 20:57 | 私のこと | Comments(6)

半額チケット

以前上京したときに、ポンパレというので半額チケットを買って、ホテルに泊まりました。
半額なのだからと、期待してなかったのですが、お部屋も広くてきれいで、お食事も半額では申し訳ないほど豪華でした。

味をしめた私。8月8日に名古屋市で小学生に被災体験をしてくれと頼まれたので、これ幸いとまた半額チケットをゲットして、お伊勢さんと鳥羽に行くことにしました。

名古屋でお話しさせていただき、翌日は念願のお伊勢さんにお参りさせていただきました。
鳥居をくぐると、とたんに雰囲気が一変し、厳かな雰囲気におっとっとでさえ口数が少なくなり、心が澄んでいくような気持ちでお参りしました。

その日は、半額チケットの二見が浦の旅館です。19800円が9800円で泊れます。ただし、ちょうどこの日から夏休み期間と言うので、一人5000円アップと言うことでした。5000円プラスしてもお得だからいかぁと思ったので、予約を取り消さずにそのまま旅館に行きました。

玄関で迎えてくれたのは、年配の男性。下足番も年配の男性です。
中居さんがお部屋まで案内してくれました。その中居さん、70代は過ぎているように見えます。腰もちょっとまがっていて、お耳も遠くて・・・・・・。荷物を持ちますと言われましたが、気の毒で持ってもらうことはできませんでした。

おっとっとが、いろいろと質問しますが

「はぁ~~??何ですかぁ~~??」

と聞き返され、お返事も頓珍漢です。とうとうおっとっとは聞くのをやめました。

お風呂は温泉だったし、海も見えてとてもよかったです。

さて、お楽しみの夕食。
大広間で宿泊者全員が食べるというシステムでした。

席に座って待っていると、お料理を運んでくる中居さんは・・・・・・どの人も70代後半か、もしくは80代と思われる方ばかり。一人も若い方がいないのです。他のお客様も、お食事会場に入るなり唖然としているのがわかります。

「老人ホームで食事をしている気分だな」

「しぃ~~。聞こえますよ」

そして、海のそばだからと選んだ旅館なのに、どれも冷凍の魚ばかり。おいしいと思った料理は一つもありませんでした。
これで19800円かぁ・・・・・・。9800円ならまあこんなものかと思うけど・・・・・・・。19800円でこの料理かぁ・・・・。デザートだって本当に小さく切った水ようかん二切れだよぉ・・・・・・。

郷土料理だと言って運んできた料理のことを聞いても

「はぁ~?何ですかぁ~?」

と言われるし、お隣のお客さんが、飲み物、ご飯、お茶と立て続けに注文したら

「あぁあ・・・・・」

とうんざりした顔。お客様には見えないように、小さなため息をついたとおもっているでしょうが、私たちにははっきりと見えてしまいました。

「まるで志村けんのコントのような旅館だなぁ」

とおっとっとが言ったので、二人で小さな声で大笑いしました。

なるほど、コントか!!

そう思ったら、コントの登場人物になった気分で、それはそれで楽しくなったのでした。

翌日、鳥羽まで足を延ばし、水族館を見て、真珠館は時間がなくてスルーして(おっとっとがホッとしてました)名古屋駅に戻ってきました。
40年ぶりに山本屋の味噌煮込みうどんをなつかしく、おいしく頂き、思い出深い旅行は終了したのでした。

f0061402_2019525.jpg


by asahikanokami | 2012-08-18 20:19 | 私のこと | Comments(24)

念願の滝桜

いつか、絶対に見に行くぞ!!
春が来るたびに、毎年そう思っていました。

しかし旅館をしている時は、この時期は忙しくて、なかなか見に行くことができませんでした。

三春町の滝桜。

夜のニュースで
「滝桜が満開になりました。明日明後日ぐらいが見頃です」
というので、おっとっとを説き伏せて、出かけました。

朝、5時に出発。三春のインターに到着したのは8時前でした。
ところがインターの出口はすでに車が並んでいて、渋滞です。下りるのに40分かかりました。
「9時過ぎると2時間待ちらしいぞ」
とおっとっとが言います。いつも大げさなおっとっとですが、この様子ではそうかもしれません。

滝桜に行くのにナビはいりません。
インターで降りた車が全部、滝桜を目指しているのですから。

前の車の後をついて走ります。
「滝桜→」
という看板もあちこちに出ていますから迷うこともありません。

信号の所ですれ違ったバスの運転手さんが、わざわざ窓を開けて
「無料駐車場に止めてバスで行った方がいいですよ。滝桜周辺の駐車場は一杯ですから」
と教えてくださいました。

そこで校庭のような広い駐車場、といってもすでにそこもいっぱいですが、に停めました。
バスに乗って滝桜のある場所の下まで行き、そこからは徒歩で坂道を登って行きます。

カッコウの鳴き声が聞こえ、風が爽やかで、滝桜までの道もとても気持ちが良かったです。

そして念願だった滝桜。

f0061402_22244245.jpg


f0061402_22263156.jpg


やっと会えました。

以前ここに来たのは、冬と夏でした。
冬の滝桜は、花はもちろん葉もなく、大きな枝を広げて立っているだけでした。
それでも十分に迫力があって、その存在感に圧倒されました。

夏は、葉が茂り、重たそうに枝を垂れていました。いっそう大きく見えて感動したことを覚えています。

そして念願の満開の滝桜。
何も言うことはありません。

この桜は、千年の間、何を見てきたのでしょう。
そして、どれだけ多くの人が、この桜に祈り、この桜から力をもらったことでしょう。

f0061402_2228637.jpg


太い幹を触りたい衝動に駆られます。

f0061402_22294641.jpg


多くの人が、桜を楽しんでいました。春を楽しんでいました。

f0061402_22312934.jpg


不意に
「命があって良かった」
という思いが込み上げてきて、涙になりました。

f0061402_22343614.jpg


10時にインターから出口を見たら、驚くほどの車が並んでいました。
ニュースで3時間かかったといっていました。早朝出かけて正解だったと思いました。

桜を見た後、いわきに行って、復旧したアクアマリンに行ってきました。
私は3回目ですが、おっとっとは初めてなそうで、いたく感激して見ていました。

その夜、桜の夢を見ました。
夢に娘がニコニコと出てきましたので、きっと、一緒に滝桜を見ていたのでしょう。

by asahikanokami | 2012-05-22 22:34 | 私のこと | Comments(12)