朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:お知らせ( 7 )


開花宣言

昨日、福島で、今日は仙台で開花宣言されました。

いよいよみちのくも春満開です。

13日から21日まで旅行に出かけるので、今日は仙台まで買い物に出かけました。

午前中、国道沿いの桜の木には一つ二つ桜が咲いていたのに、暖かい日差しに誘われて、午後にはあっというまに3分咲きになっていました。

今週末はお花見でにぎわうことでしょう。

f0061402_23205525.jpg


f0061402_23213169.jpg


(写真は昨年の福島市花見山の桜)

by asahikanokami | 2009-04-07 23:22 | お知らせ | Comments(4)

福島県知事選挙の投票日

今日は11・12(いい ひと に)で、福島県知事選挙の投票日でした。

新地町選挙管理委員の私は朝、9時から会議。最後の選挙人名簿の確定をしました。

その後、広報カーに乗って、町内を啓発活動。
「今日は福島県知事の投票日です。忘れずに投票しましょう」
と放送しながら町内を一回りしました。

普段は通らない道を車を走らせました。(私は乗っているだけですが)

そして、気がついたことがあります。

新地町ってきれいだなぁ~~!!ということ。
山々はカエデやクヌギが錦を織り成し、杉林の緑のとコントラストが見事です。

里では柿の木や柚子の木に、枝もたわわに実がなっています。
どこのお家のお庭にも菊が咲き乱れていてきれいなことこの上もありません。

町内を廻っていて、こんな美しい所に住んでいることに気がつき、とても幸せな気分になりました。

午後も町内を一回りしました。

18時で投票は終了。
20時から開票。35分という短時間で、開票作業が終了して、票が確定し、21時には帰って来ました。

今テレビで開票速報を見たら、自民、公明推薦の森まさこさんを破って、民主、社民推薦の佐藤ゆうへいさんが当選確実になりました。

新地町では、森さんが2303票、佐藤さんが1737票で、森さんの方が得票数が多かったです。(投票数4323票。投票率62.95パーセント。投票率が悪かった・・・・)

多くの県民が期待を込めて一票を投じたのですから、佐藤さんは県民の信頼を裏切ることなく、うつくしま福島を住みよい県にして欲しいと思います。

by asahikanokami | 2006-11-12 22:59 | お知らせ | Comments(3)

あたるといいな

合計1000万円の旅が当たるプレゼントキャンペーン開催中!

あたるような気がする。もしあたったら・・・・何に使おうかな。

やっほ~~~、楽しみ、楽しみ。

あたりますように!!

by asahikanokami | 2006-06-02 22:08 | お知らせ | Comments(0)

齋藤研さんの新しい絵

齋藤研さんの個展がいよいよ22日から開催されることになりました。

今日は玄関に飾ってあった絵が運び出されました。
f0061402_13472987.jpg

残ったのは白い壁。
なんか・・・・淋しいな・・・・。

「研先生、絵が無くなったら淋しい玄関になってしまったよ」
「そうかい。じゃあ、出来上がったばかりの絵を運んでくるから」

さっそく、絵が届きました。
おっとっとと二人で壁にかけました。

f0061402_17474430.jpg

f0061402_17521586.jpg


作業しているうちにさっそくご近所の方たちが
「研先生の新しい絵かい?」
って鑑賞に訪れました。

やっぱり絵があるのと無いのとでは、玄関の空気も違います。

展覧会終了までこの絵がお客様をお出迎えです。

(追記)
齋藤研先生に真ん中に描いてある四角い文字について聞きました。

ラテン語で
「種を蒔く人は収穫を保有し、収穫は種を蒔く人を保有する」
という哲学的な意味なそうです。

文字は
SATOR
AREPO
TENET
OPERA
ROTAS

右から読んでも左から読んでも上から読んでも下から読んでも同じという不思議なものです。

そこで博学な友達のマンモスまさちゃんに聞きました。すぐにメールが届きました。

*********************************
SATOR  AREPO  TENET  OPERA  ROTAS

“農夫(サトール)のアレポが馬鋤(ロータス)を曳いて仕事(オーペラ)をする(テネット)”

“種まく人(サトール)のアレポが働いて(オーペラ)車輪(ロータス)を支えている(テネット)”

“神(サトール)、創造(ロータス)と人の仕事(オーペラ)と大地の産物(アレポ)とを見そなわしたまう(テネット)”

意味は色々あって・・・

オーストリアの作曲家 Anton von Webern(1883-1945)が1932年に行った講演の最後でこの言葉を「種まく人アレポはぐるぐるまわって仕事をする」の意味で引用し、音列(十二音技法)の原理は「原音列、その逆行、反行、逆反行は同価である」と説いたといいます。

SATOR
AREPO
TENET
OPERA
ROTAS

実に、美的な魔方陣です・・・☆

*********************************

博学な友人がいると、こんな時に質問して貴重な情報を教えてもらえるので嬉しいです。
まさちゃんは何でも良く知っていて、記憶力もバツグンなんです。

まさちゃん、ありがと~~~!!

まさちゃんのホームページです。
http://way6.com/

by asahikanokami | 2006-04-18 17:51 | お知らせ | Comments(4)

私の本が舞台になる・・・かも

今日、一通のファックスを頂きました。

それは福島テレビからでした。

6月4日に郡山の郡山女子大 建学記念堂で、福島テレビのアナウンサー11名で朗読会が行なわれるので、その時に私の出版した本『楽しい介護日記 まさいっつぁん』を朗読したいので、その許可のファックスでした。
f0061402_21264432.jpg


もちろん、速攻で「ぜひ朗読してください。お願いします」とお返事しました。

私の舅のまさいっつぁんは東北では名の知れた川柳作家でした。昨年一月に亡くなりました。
遺品を整理したら、膨大な量の川柳を書いたノートと、自分の川柳が載った柳誌が残されていました。

捨てるに捨てられないノート・・・。でも・・・このままにしても置けないし・・・・。
困った私は、考えた挙句、私が参加しているメキキの会に書いていたブログ『楽しい介護日記』と舅の川柳を一緒にして本にして残そうと思ったのです。

それなら、舅の川柳が永久に残ります。そして、ノートや柳誌は処分できます。

自費出版をしようと思い、出版社に原稿を送って見積もりをお願いしました。そしたら自費出版では惜しいから本屋さんに並ぶ流通出版にしませんかとお返事を頂きました。

かかる費用は同じなら、店頭で売っていただくのもいいかなと流通出版にしました。
そしたら、アマゾンなどネットでも買うことが出来るようになり、全国から読後感想などいただくようになりました。ありがたいことです。

そして新聞でも取り上げていただき、またテレビでも放送されたり、地域のミニコミ誌で取材を受けたりと、思いがけない展開になりました。

そして、今度は朗読会です。

なんて嬉しいことでしょう。夢のような話です。

私の介護日記はともかく、舅の川柳がすばらしいので、皆さんにぜひ読んでいただきたい本です。

朗読会もはっきり決まりましたら、6月4日には舞台を見に郡山に行きたいと思っています。
本の出版を応援してくださった私の友人に、改めてここで御礼を申し上げます。
ありがとうございました。

by asahikanokami | 2006-04-08 21:26 | お知らせ | Comments(8)

赤いバラ

糟谷岡崎堂さんから赤薔薇100本と赤ワイン

女性なら一生のうち一回は赤いバラの花束が欲しいのです。たとえおばさんだって。

by asahikanokami | 2006-02-05 21:07 | お知らせ | Comments(0)

どうぞよろしく

海辺の小さなお宿の女将です。

客室はわずかに七つ。私は女将をしながら中居も掃除係も皿洗いも、すなわち何もかも担当しております。普段は夫と二人の二人三脚のお宿です。

しかし、旅館としての歴史は古く、明治の始めごろの創業ですのでもう百年は越えていることになります。

夫が毎朝、浜に魚を仕入れに行ってそれを調理してお客様にお出ししております。食材は地物にこだわっています。新鮮!おいしい!安い!

泊まっていただいたお客様が又来たくなるようなお宿を目指しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

by asahikanokami | 2006-02-04 19:11 | お知らせ | Comments(3)