朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧


ゆだねる 手放す 力を抜く

おっとっとのサイマティック治療の後で、私もサイマティック治療を初体験しました。

ベットにうつ伏せになって、腰の疲労を取ってもらいました。

ブ~~~~ンとかすかな振動が伝わってきます。

「体の力を抜いてください」
と言われましたが、体の力ってどういう風にして抜くんだろうか。

「出来ません。どうやったら良いのかしら」
という私の質問に、先生が困惑顔。

どうやら、私はゆだねることが苦手のようです。
こだわりが強すぎる・・・らしい。
こだわりを手放すことが出来ない・・・らしい。
自分以外を信じていない・・・・らしい。


朝日館に嫁に来た時に姑に一番先に言われたのは
「めん鳥が時を告げると国が滅ぶと言うけど、朝日館は代々めん鳥が時を告げてきたんだよ。朝日館の男どもはしっかりしてないから、あんたがしっかりしないと朝日館はつぶれます。今日からあんたが時を告げなさい」
と言うことでした。

そして姑は続けてこう言いました。
「お金を男どもに見せてはだめ。家の男どもは、お金があるとあるだけ、将来のことも考えないで使ってしまうから。お金はすべて隠しておいて、いざと言う時にだけ出しなさい。普段はお金がない、お金がないといって生活しなさい。けっして通帳の残高など教えないように」

私はその言いつけを守って今日まできました。

なぜ姑がそう言ったのか、時と共に理解できました。

舅、夫、息子、いずれもお坊ちゃま。苦労知らず。お金は無尽蔵にあると思っている。欲しい物は即買う。いらなくなるとすぐに他人に呉れてやる。仕事もとりあえず目の前の仕事だけをする。将来など考えない。行き当たりばったり。

自然に私がしっかりしなくちゃと思いながら生活するようになりました。

旅館はお客様が夜中でもいらっしゃいます。いつも神経を張り巡らしていないとなりません。そして、気がついたらいつも体に力が入ったまま生活している私になってしまいました。

力が入っている状態が普通なので力を抜くと言うことが出来ないのです。

どうやら、私はリラックスしているつもりでも、神経は常に使っているらしい。では、どうしたら神経もリラックスできるのでしょうか。長年の習慣は恐ろしいもので、力を抜くことをすっかり忘れてしまったようです。

言い換えれば、誰か心から信頼してすべてをゆだねることが出来ないらしいのです。自分ではしているつもりだったのですが、自分のこだわりを掴んでいて手放せないようです。欲張りな私。強情な私。

そうなったら、きっと、出来ない自分を許せることでしょう。出来ない自分を責めることもなくなることでしょう。出来ない自分を認めて抱きしめてあげることでしょう。

そうなったら・・・素敵だなぁ・・・でも・・・すごく難しいな・・・・。

ゆだねる。手放す。力を抜く。
これからの私の人生の目標になりました。

by asahikanokami | 2006-08-30 22:28 | 私のこと | Comments(8)

メキキ百福自然農法実験会(オクラと唐辛子を収穫)

さて、今日は久しぶりに百福自然農法で育てているお野菜たちのご機嫌伺いをしました。

この間、小さな実が成ったオクラが大きくなっていました。これは、苗で植えたオクラです。
f0061402_1725894.jpg


全国の自然農法実験者が共通の種を蒔いて育てている赤オクラはこんな感じです。
f0061402_1731849.jpg

そして、地場産品店で赤オクラを売っているのを発見。
思わず買ってしまいました。
f0061402_1734883.jpg

生の時は赤いのですが、茹でるとグリーンになり普通のオクラと同じ味です。

唐辛子も赤くなってきました。
f0061402_1741055.jpg

赤いものを収穫して、日陰の風通しのよいところに吊るそうと、紐で下げてみました。

すると・・・色がきれいでなにやらオブジェ風(笑)
そこで秋山巌画伯の裸体画のそばに飾ってみました。う~~む、なかなか!!裸体の色っぽさと唐辛子の赤がマッチしましたね。うふっ!
f0061402_1743635.jpg


パプリカも先日二個収穫したのですが、またまた一個赤くなっていましたので、収穫。
f0061402_1752833.jpg

そしたら
「誰だ!勝手に断りなく収穫して行くのは!!」
と言う声がしました。あたりを見回しても誰もいません。
あれれれれ????

よ~~く見たら、パプリカの住人が私のことをにらんでおりました。
f0061402_176071.jpg


ミックスサラダも大きくなってきたので間引きました。
f0061402_1761640.jpg


今日の収穫です。
f0061402_1771345.jpg


その他、ミニトマトはこんな感じ。
f0061402_1773235.jpg

青い実ばかりなのは、赤くなるとすぐにそのまま私の口に入ってしまうので、赤い実はありません。

ゴーヤは小さい実が成ってきました。
f0061402_177468.jpg


by asahikanokami | 2006-08-26 17:08 | メキキ百福自然農法実験会 | Comments(2)

よじ?にじ?

かおるさんがお昼ご飯を作ってくださったので、ご馳走になり、午後からはおっとっとが痛む足にサイマティックをもう一度かけてもらい、帰って来ました。

福島から115号線で相馬市に入った所、急に雨が降り出しました。走っているとすぐに止みました。お日様が出てきたら虹が!!

「にじ!にじ!」
「何寝ぼけているんだ。今、四時だべ」
「違う、ほらほら、虹」

f0061402_18225654.jpg

そして、なんと虹は田んぼから出ているように見えます。
虹の端っこが見えるのです。
f0061402_18232772.jpg


「ああ~~!!シャベルを持ってくるんだったわ」
「シャベル?なにするんだ?」
「昔から虹の根元には金銀財宝が眠っているって言うでしょ」
「おまえは欲たがりだなぁ」

相馬弁解説
欲たがり→欲張りのこと。「よぐたがり」と発音する

私たちが乗った車を、虹がどこまでも追いかけてきました。

f0061402_1824220.jpg


よく見ると虹が二重に出ています。
「あっ!虹が二つになった。二重にでている」
と言ったら、おっとっとが得意げに言いました。
「虹が二つでよじ(四時)。今ちょうど4時を過ぎたところだからなぁ。ぴったりだべ」
f0061402_18241950.jpg

(薄くてよくわかりませんが、左側にも虹が出てます)

by asahikanokami | 2006-08-24 18:24 | うちのおっとっと | Comments(4)

朝ご飯は食べていない

朝早かったので、朝ご飯を食べずに出かけました。
途中でサンドイッチとお寿司を買って土湯峠の景色のよいところで食べました。

小川病院には9時半に到着。
おっとっとは最近いびきのためか、喉から血が出るというので診察の前に、喉にサイマティックをかけてもらいました。

いよいよ我が家のホームドクターにして、尊敬する今田先生の診察。

「村上さん。朝ご飯を食べてきましたか?」
「朝早かったので起きてそのまま来ました」
「じゃあ、カメラで喉を見てみましょう。カメラはかおる(奥様の美人女医さん)の方が上手だから、かおるに診てもらったらいいでしょう」
という会話が診察室の中であったらしいです。

おっとっとがニコニコして出てきました。
「かおるさんに診てもらう」
美人の女医さんが診てくれるというだけでものすごく嬉しそうです。

かおる先生がおっとっとの喉にカメラを入れました。
「村上さん。胃の消化が悪いですねぇ。夕べのご飯が消化されずにそのまま残ってますよ」
「あ、それはさっき食べたいなり寿司じゃないですか?」
と私。

「ええっ!だって村上さんが朝ご飯を食べてこないって言いましたよ」
「えっ!そんなはずはありませんよ。食べました。おすしを」
「そうでしょう。でなかったら、胃の中にこんなにもご飯粒がしっかり残っているはずはないもの。村上さん、朝ご飯を食べたの忘れたの?」

カメラをやっと抜かれてしゃべれるようになったおっとっとが言いました。

「朝ご飯は食ってない。途中で腹が減ったから寿司をつまんだだけ。あれは朝ご飯ではない!!朝ご飯っていうのは、ちゃんとテーブルについて、箸もって『いただきます』って言って食うものだべ。寿司は車の中でつまんだんだ。あれは朝ご飯でないべ。つまみだべ」

今田夫妻は涙を流して大笑いをして
「食べたのならカメラ入れなかったのに。食べてないと言うからカメラ検査したんだよ」

いなりと海苔巻きをしっかりと食べたくせに朝ご飯を食べてないなんて。あんたの食事に対する意識はどうなっているのかしら。まったく!子どもじゃあるまいし!! ねぇ!

by asahikanokami | 2006-08-24 18:18 | うちのおっとっと | Comments(0)

早朝ぶち

昨日は朝の6時半に我が家を出発。猪苗代町の小川病院へ定期診察に行って来ました。

いつもは8時ごろに出発するのですが、今日はサイマティックの予約が9時半にしか取れなかったのです。

サイマティックと言うのは周波数治療のことです。

猪苗代町に行くには、相馬市から115号線の山越えをして福島市に出ます。そこから土湯峠を越えて行きます。片道3時間かかります。

福島市から土湯に向かう途中でカーキ色のいかつい車とすれ違いました。
「おお!右翼もご出勤だな」
とおっとっと。

「右翼の車?違うでしょ!車の横に赤十字がついているよ」
「いいや、あれは右翼だべ」

と言っていると、次々と同じような色のジープが団体ですれ違って行きます。

「ほら!自衛隊でしょう!!右翼は車の横に赤十字のマークはつけないと思うよ」
「そうかぁ・・・自衛隊か。ああ!そういえば、この先に自衛隊の射撃演習場があるんだった。演習を終えて帰ってきたんだべな」

そしておっとっとが続けて言いました。
「早朝ぶちだな」
「早朝ぶちって?」
「早朝ぶちは早朝ぶちに決まっているべ。早朝、鉄砲をぶつんだべ」

ここで相馬弁の解説。
ぶつ→打つ

おっとっとよ。
「早朝練習」とか「早朝演習」とか「早朝射撃」とかは言うと思うけど、「早朝ぶち」とは言わないと思うよ。

それに戦国時代じゃないんだから、打つのは鉄砲ではないと思うよ。

by asahikanokami | 2006-08-24 18:12 | うちのおっとっと | Comments(0)

メキキ百福実験会(お野菜のお花)

ベランダでプランターで栽培している、百福自然農法のお野菜たちのお花が咲きました。

まずはオクラ。
f0061402_21265976.jpg

クリーム色の清楚なお花。朝に開いて夕方にはしぼんでしまいました。はかない命です。

ベニオクラも急に伸びだしました。
f0061402_21274559.jpg

茎の所にしっかりと花芽が出ています。2,3日したら咲くことでしょう。
f0061402_2128725.jpg



そしてゴーヤ。
黄色い小さな花です。可憐です。こちらも一日でポトリと落ちてしまいます。花の命は短くて・・・・・。
f0061402_2128307.jpg

ゴーヤはこんな状態です。
f0061402_21285394.jpg


枝豆の花も咲いてます。
紫色の小さな小さな花です。「豆」と言うと小さいことを指しますが、まさに「豆」の花です。
f0061402_21292189.jpg


がっかりしたこともあります。
一番大きなパプリカが赤く色付いてきたので楽しみにしていたら、そこのほうからなにか汁のようなものが落ちていました。
よく見たら枝についたまま腐っていました。がっかり・・・。
f0061402_21294757.jpg

こんなに大きかったのに・・・・・。
f0061402_21302061.jpg


他のパプリカも赤くなってきました。
f0061402_21312931.jpg


サラダミックスは、最初に発芽しなかった種が今頃芽を出して、またまた大きくなって来てます。まもなく二回目の収穫が出来そうです。竹パウダーを使用しなかった方は、何も発芽しませんでした。
竹パウダー使用。
f0061402_21315446.jpg

竹パウダー未使用。
f0061402_21321228.jpg


by asahikanokami | 2006-08-19 21:33 | メキキ百福自然農法実験会 | Comments(2)

迎え火

昨日はお盆の十三日。

十三日は夕方、ちょうちんに火を灯して、お墓参りに行きます。
ご先祖様はちょうちんの火を頼りに天空から降りてくるそうです。

夜になるとそれぞれの家の門口に迎え火をたきます。

今日は大忙しなので息子が迎え火をたきました。
f0061402_21554868.jpg


家督息子ですから、お墓を守るのは当然のこと。毎年、迎え火や送り火は息子の担当です。

後ろから顔が見えないように写真を撮ることを条件にシャッターを押しました。(それも一回のみという条件で)

私も忙しいから、シャッターチャンスとか、アングルとか考えている暇もありませんでしたが。

息子、後姿は若く見えますが30過ぎました。どこかに気立ての良いお嫁さんがいませんか???

by asahikanokami | 2006-08-14 21:55 | 我が家の家族と親類 | Comments(1)

遊海しんち2006(花火大会)

今日は『遊海しんち2006』というイベントがありました。

朝から釣師浜でビーチバレーやいろいろなサークルの発表会など多彩な催し物が開催されました。

一番の人気は漁船パレード。大漁旗をなびかせた何十隻もの漁船が海上を勇壮にパレードします。船には小学生が乗り込み、沖でカレイの稚魚を放流しました。

我が家は今夜は満員御礼で、徒歩三分の浜辺からはにぎやかな音楽やアナウンスが聞こえてくるのですが、一度も浜に遊びに行く余裕などありませんでした。

毎年、このような状態なので実は、漁船パレードを一度も見たことがないのです。いつも浜から流れてくるアナウンスを聞いているだけです。今年も同じでした。

夜には花火大会が行なわれます。人口9千人の小さな町に3万人近い人が花火見物に来てくださったそうです。

花火を打ち上げる場所は我が家の真東。直線距離で200メートルほどの所です。ですから花火が頭上で開きます。ドン!という音はお腹に響きます。

カメラを持ち出して息子の部屋(我が家で唯一の3階)から写真を撮りました。息子は遊びに出かけて留守だったのでちょうど良い具合でした。(ナイショナイショ)

しかし・・・・花火って難しい。シャッターを押すタイミングと花火が開くタイミングがうまく合いません。煙ばかり写っていたり、暗闇だったり。

何十枚も写してどうやら花火らしいものが写っていたのは数枚でした。あまりに距離が近すぎるからでしょうか?私の腕が悪いのでしょうか?

f0061402_2253688.jpg
f0061402_2255857.jpg
f0061402_2261561.jpg
f0061402_2263566.jpg
f0061402_2265613.jpg
f0061402_2272224.jpg
f0061402_2274285.jpg
f0061402_228731.jpg

ちなみに『遊海しんち』は『ゆかいしんち』と読みます。
名付け親は私です。

中には『ゆうかいしんち』と読む人がいてそのつど
「誘拐ではありません。ゆかいです!」
って名付け親としては抗議しています。

どうぞ『ゆかい』って読んでやってください。(ペコリ)

by asahikanokami | 2006-08-05 22:08 | 新地町の人々 | Comments(7)

メキキ百福実験会(久しぶりのご報告)

久しくアップしておりませんでした百福実感会の作物のご報告です。

先月も写真だけは撮っていたのですが・・・・・(汗)

現在はこんな状態まで育っています。先月の写真と並べてみました。
 
【ミニトマト】

7月10日のミニトマト。やっと真っ赤になりました。
f0061402_16355376.jpg

8月3日のミニトマト。毎日5,6個の収穫です。
f0061402_16364917.jpg


【枝豆】

7月10日はこんな感じ
f0061402_16373014.jpg

8月3日はこんなに大きくなりました。
f0061402_1643410.jpg


【パプリカ】

7月10日のパプリカ

f0061402_16433679.jpg

8月3日。私の手と比べると大きいのがわかります。(手が赤いのは梅を漬けた後だから)
f0061402_16441298.jpg


【唐辛子】

7月には二、三個でした。
f0061402_1645212.jpg

今は鈴なりです。
f0061402_16452166.jpg


【ゴーヤ】

f0061402_16461815.jpg

f0061402_16463685.jpg

なんだか成長が良くわかりませんね
でも庭に地植えしたもの(竹パウダーは使わなかった)は、すごい勢いで大きくなっていて、実もなっています。
f0061402_16465917.jpg
f0061402_16474356.jpg
f0061402_1648374.jpg



【サラダミックス】
今年の冷夏、長雨で竹パウダーを使わなかったものはすっかり消えて無くなりました。
f0061402_16485737.jpg

百福実験会の竹パウダー仕様のものは見事に残っています。
f0061402_1649975.jpg


【謎の種 ベニオクラ】

f0061402_16492272.jpg
f0061402_16493782.jpg


一ヶ月の成長はわずかでした。これから伸びるのでしょうかねえ。楽しみです。

by asahikanokami | 2006-08-04 16:49 | メキキ百福自然農法実験会 | Comments(2)

梅干

待ちに待った梅雨明け!!

今朝からせっせと梅を干しました。


生梅60キロ。

これを丁寧に洗い、傷があるのを捨てて、一つずつ拭いて水分を取り、さらに35度の焼酎で消毒を兼ねて洗います。あんなに丁寧に洗って、さらに拭いたのに焼酎が汚れるのに驚きます。

甕に18パーセントの塩で漬け込みます。一粒づつ塩をまぶして漬け込みます。最後に残った塩を上に振って梅の二倍の重さの重石をします。

翌日、甕のふちまで梅酢が上がっていれば成功です。上がってないのは塩が足りなかったか重石が軽かったかです。

毎日、甕を覗き込みます。白いポツポツが出たら大変ですから。白いポツポツはカビなので漬け直さないとならないからです。

しその葉が出回ると大忙しになります。60キロの梅には60束のしその葉が必要だからです。我が家ではパートさんの実家に毎年お願いしています。

しその葉を一枚一枚もぎ取り洗って水切りするのに一日かかります。特に我が家のしその葉は無農薬で作ってもらっているので青虫がいます。丁寧に洗わないと虫まで漬け込んでしまうからです。何度も何度も洗います。

しその葉を塩で揉んでアク抜きをして、さらにまた揉み込みます。その時に梅酢も一緒に揉むと真っ赤になります。しそと梅を交互に甕に入れて梅酢を入れて梅雨明けを待ちます。

今日から3日間、時々ひっくり返しながら干します。こうしてやっと梅が漬け上がるのです。

嫁に来た頃姑に
「梅や味噌など毎年作っているものは、毎年作りなさい。ほんの少しでも良いから休まないように。休んだ年は悪いことが起きると昔から良いつたえられているから」
と言われました。

姑の言葉を守って毎年、梅を漬けて来ました。

しかし、平成12年だけは梅を漬けることが出来ませんでした。6月8日に娘が亡くなり、きっとその年の私には梅を漬けるだけのエネルギーがなかったのだと思います。

あの年の夏、どうしていたのか思い出すことも出来ません。

姑の言葉は梅をつけるだけの余裕があるということは、その年の我が家は平穏だと言う証拠だと言うことなんでしょうね。

今年も梅を干すことができました。

何事もなく平穏に梅を干すことが出来る幸せを思います。感謝。


f0061402_14141985.jpg


by asahikanokami | 2006-08-03 14:14 | 我が家の日常 | Comments(4)