朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


トイレの謎

昭和23年のちょうど今頃だと思います。
両親はそれまで住んでいた黒沢尻町(現北上市)から岩泉町へ引っ越してきました。

最初住んだのは岩泉の町はずれ、尼額というところ。地元の人たちは「あまびたい」と言わず「あまぶでぇ」と言います。

官舎が出来上がっていなかったので、尼額の農家の離れを借りての仮住まい生活でした。

まず最初に驚いたのが水道が無いこと、電気が無いこと、お店が無いこと。飲み水は井戸から、そして洗い物、洋服でも食器でも食材でも近くの川でした。買い物はバスで町まで行って買い出しです。

トイレはもちろん水洗などというものはなく、ポットントイレで庭に別にありました。

両親はそのトイレで不思議なものを見たそうです。

木の箱に川砂が入っていて、その砂に竹でできたへらのようなものが刺さっているのです。さらにトイレの壁には結び目のある縄がぶら下がっています。

毎日、あれはなんだろうと不思議に思っていて、ある日、大家さんに尋ねました。

「あれは何に使うのでしょうか?」

すると大家さんのほうが、それを知らないことにびっくりして
「奥さんは用が済んだ後に、何を使うんでござんすべぇ(何を使うんですか)」
って聞かれたそうな。

なんと、ヘラと縄はトイレットペーパーだった!!

使用後は川に行って洗ってまた使用するという、誠にエコな(?)物だったのです。

f0061402_22222381.jpg


郷に入っては郷に従えと言いますが、さすがに両親は使えなかったそうです。新聞紙を切ったものを使っていたら
「そんな物でよく手に付かないごど(手に付かないものですねぇ)」
と反対に驚かれたらしいです。

お風呂もなくて、町の銭湯に行くか、行水するかでした。そこで父がドラム缶を持ち込んで五右衛門風呂を作りました。

ドラム缶のお風呂、。庭でしかも脱衣所もなく、シーツなどで目隠しをしただけなのに、近所に住んでいる娘さんたちにとても喜ばれたとか。

f0061402_22232668.jpg


終戦後まもなくのことで、日本中が何もなかった時代とはいえ、あまりのへき地に母は3日で帰りたいと泣いて父を困らせました。

その岩泉も13年も住むと日本の中で一番良いところになるから不思議です。住めば都と言いますが、岩泉の人たちは温かくて本当に良いところでした。

by asahikanokami | 2009-09-30 22:23 | 私のこと

月見草

前の日記に鼠入り川のことを書き、川辺で見つけた月見草の写真を最後にアップしました。

今日、その日記を読み返したら、突然に忘れていた記憶がワァ~~っと沸き起こってきました。

それは私が小学一年生の夏。

夕ご飯を食べながら母が
「月見草って咲くときにポンって音がするらしいよ」
と言い出しました。

父が
「俺はしょっちゅう雑魚(岩手ではざこではなくざっこと言います)を釣りに行くが、ポンなんて音は聞いたことが無い」
と言い、それなら皆で確かめに行こうということになりました。

次の日、家族4人で鼠入り川のほとりまで行き、河原に生えている月見草の、今にも咲きそうな蕾の前に陣取り、観察会が行われたのです。

f0061402_22173595.jpg


空は茜色から紫になり、群青色にと変わっていきます。やがて藍色になるころ、一つ二つと星がまたたき、川風は一段とひんやりしてきました。

しかし待てども待てども月見草は咲きません。

弟が飽きてぐずり出しました。私も飽きて石を拾い川面をめがけて投げて遊びだしました。

遠くで
「ケ~~~ン」
と狐の鳴き声がします。

あきらめて帰りかけた時、ふわりと月見草の花びらが少しだけほどけました。音はしませんでした。

f0061402_22182135.jpg


両親も若かった。30代になったばかりだったことでしょう。
お互いに頼れるような実家ではなかったので、二人で力を合わせて生きて行くしかなかったのだと思います。

ふわりと音もなく花びらがほどけた月見草。

生真面目で正直だった父と、朗らかで優しかった母。
その両親からいっぱいの愛情をもらって育てられた私は幸せです。

おとうさん。おかあさん、ありがとう。

by asahikanokami | 2009-09-27 22:18 | 私のこと

一家団欒

「家族団欒」という言葉を聞くと思いだす光景があります。

私の家族団欒は、家族そろってテーブルを囲んでいる場面ではありません。
小さい弟を手押しのサークルがついた三輪車に乗せてそれを父が押し、私の手を母が引いて家族4人で散歩をしている場面なんです。

同級会の会場のホテルは、私が住んでいた国鉄バスの官舎から徒歩5分ぐらいのところにありました。

朝ごはんを少し早く食べて、住んでいた所まで散歩することにしました。

子供のころはもっと広い道路のような気がしていたのに、今見ると車がすれ違うのがやっとの狭さです。子供の目には広い道路に見えていたのでしょう。ガリバーになった気分です。

道路から少し低いところにあったはずの官舎はすでになくて、盛り土されて道路と同じ高さになっていて、そこにはアパートが建っていました。

f0061402_2241123.jpg


5軒あった官舎のうち1軒がまだ残っていて誰かが今でも住んでいる様子でした。

f0061402_2244366.jpg


父が勤めていた国鉄バスの営業所は面影もなく、かろうじて倉庫が昔のままに残っていました。

f0061402_2251416.jpg


f0061402_2253333.jpg


そこから、惣畑というところを通って、家族4人で散歩した鼠入り川のほとりを歩きました。

f0061402_2264318.jpg


あの時、母は体調を崩し長いこと伏せっていて、あの朗らかな人があまり笑わなくなってしまったのです。

仕事人間で、朝は早く出勤し、残業でなかなか帰ってこなかった父。日曜日さえ仕事に出かけるような父だったのに、その時は時々早く帰ってきました。

そして母を誘って弟を三輪車に載せて散歩に出かけたものです。

父はとても歌がうまかったので、歩きながら「南部牛追い歌」や「沢内甚句」などを歌ってくれました。時には両親と私と3人で「里の秋」や「ふるさと」などを合唱したりもしました。

あまり家に居ることが無かった父と一緒に歩くのが嬉しくて散歩するのがとても楽しみだったのです。そして母が元のように笑顔になったのもすごく嬉しかったのです。

そういえば、鼠入り川(そいりがわ)とうまく言えない弟は
「そうれんがわ」って言っていたっけ。弟も可愛かった。

f0061402_2271883.jpg


鼠入り川のほとりを歩きながら、不意に熱いものがこみあげ、父の歌声、母の笑顔がなつかしく思い出されました。

両親にとっても、私にとっても、岩泉での家族団欒の生活は、人生の中で一番楽しかった時期かもしれません。

f0061402_2274231.jpg


by asahikanokami | 2009-09-26 22:07 | 私のこと

・・・だったのにぃ・・・・・

同級会の会場であちこちから
「美保子ちゃん?美保子ちゃんなの?」
と聞かれました。

私は小学生の時の面影が無いみたいです。自慢じゃないけど、私こう見えてもけっこう美少女だったのです。細くて背も高かったし、お勉強も出来るほうでした。優等生タイプのおしゃまでおませな女の子でした。

f0061402_0121094.jpg

(6年生の私。右隣は母)

宴会が始まり、各自1分間スピーチすることになりました。すると、隣の席に座ったN君が
「今日、偶然隣に美保子ちゃんが座りましたが、実は美保子ちゃんは憧れの人でした」
と言ったのです。

ええっ!!

すごく驚きましたがそれよりも何よりも、そんなこと言ってもらえるなんて飛び上るほど嬉しかったのです。この言葉を聞いただけで、同級会に参加した甲斐があるというものです。

宴会がたけなわとなり、アルコールが回ってきたら、今度はТ君がそばに来て
「本当に美保子ちゃん?」
と念を押しに来ました。そしてまじまじと私を見て
「初恋の人だったのに・・・・」

「人だったのに」って!!「だったのに」って何よ!!

そしてまた一人、私の顔をしげしげと眺めて
「美保子ちゃんは俺たちのアイドルだったのになぁ・・・・」

だ・か・ら!!「だったのになぁ」ってなんなのさ!!

こうして驚くことに、いずれも酔っ払ってはいたけど、4人もの男性から好きだったと打ち明けられたのに、どいつもこいつも
「だったのにぃ・・・・」
って言った!!!!

だ・か・ら!!「だったのに」の後に続く言葉はなんなのさ!!
私は素直に喜んでいいの??それとも淡い思い出を48年目にぶっ壊してしまったの??

ふん!!

f0061402_0123318.jpg

(記念写真撮影の1分前のスナップ)

by asahikanokami | 2009-09-25 00:12 | 私のこと

48年ぶりの再会

還暦同級会に行ってきました。

20日、岩手県岩泉中学校丑寅会還暦同級会がありました。
実は私は岩泉中学校の卒業生ではありません。

私は岩泉小学校卒業後すぐに岩手県の遠野市に引っ越してしまったので、中学校には一日も通ったことが無いのです。それなのにお誘いを受けました。

参加者のほとんどが小学校の同級生です。嬉しくて嬉しくて、シルバーウィークで超忙しいのに、仕事を放り投げて行ってきました。転校生って同級会の案内が届かないんですよ。(住所が転々としたから、たぶん不明人になっていると思われます)

盛岡駅まで会場となるホテルのバスが迎えに来ていました。

ドッキドキ。

今、NHKで
「BS はたち ドキド~キ♪」
というコマーシャルをしていますが、まさに
「わ~たし 60 ドキド~キ♪」
という感じでした。

なにせ48年ぶりに同級生に会うのです。転校生の私のことを覚えていてくれる人は、はたして何人いるのでしょう?????皆に忘れられていたらどうしよう・・・・・。

バスの入り口で、どこか見覚えのあるような、ないような顔の幹事さんが名簿を持って待っていました。名前を告げるとそっけない顔で
「はいどうぞ!乗ってください」
と言います。

やはり・・・・・忘れられてるのかなぁ・・・・。

心配を吹き飛ばそうと、思い切って大きな声で
「お久しぶりです。齊藤美保子です(私の旧姓は齊藤です)」
と言ってバスに乗り込みました。

すると!!
「美保子ちゃ~~ん!」「美保子ちゃ~~ん、久しぶり!!」「美保子ちゃん、私のことわかる?」
とあちこちから声をかけてもらうことができました。

48年ぶりの再会。

可愛い小学生は、還暦のおじさん、おばさんになっていました。

by asahikanokami | 2009-09-25 00:10 | 私のこと

「はずれ」の茶碗蒸し

知り合いのところに右京くんと京吾くんというかわいい兄弟がいます。

うっちゃんは一年生。京ちゃんは幼稚園生。そろって茶碗蒸しが大好きなんです。
そこで我が家でお客様に茶碗蒸しを作るときには、少し余分に作って二人に届けます。

日曜日。ご法事のお客様があったので茶碗蒸しを作りました。5つほど余分に作って二人に届けました。

夜、京ちゃんから電話がありました。
「おばちゃん!はずれだったよ」

「はずれ?はずれって何が?」

「茶碗蒸しだよ。全部外れだったの」
っちょっと悲しそうな声です。

はて?はずれって????おいしくなかったのかな???
頭の中ではてなマークがぐるぐる回りました。

「はずれって何がはずれだったの?」

「ぎんなん・・・・。ぎんなんが入ってなかったの。全部に入ってなかったんだよ。京ちゃん、ぎんなんが大好きなのに、どれにも入ってなかったの。ぜんぶはずれだったの」

私が作る茶碗蒸しにはどれにもきちんと一個づつぎんなんが入ります。でもおっとっとが作ると一個入っているもの、二個入っているもの、全然入っていないものなどバラバラなのです。

いつも届く茶碗蒸しには、一個入っていたり、入ってなかったり、二個入っていたりだったので、ぎんなんが大好きな京ちゃんとうっちゃんはそれぞれ、あたり、はずれ、大当たりと名前をつけていたらしいのです。

なんと、日曜日の茶碗蒸しにはぎんなんを入れるのを、おっとっとが忘れました。お客様にもはずれの茶碗蒸しを出してしまいました。

あらまぁ・・・・。

京ちゃん!うっちゃん!この次は3個づつぎんなんを入れた特製の茶碗蒸しをつくってあげるからね。、

by asahikanokami | 2009-09-14 20:56 | 我が家の日常

豆っこ話の続き

もともと私はお調子者なんです。
すぐに調子に乗って、言わなくてもよいことまでしゃべって、時には顰蹙を買い、時には人を傷つけてしまい、後で自己嫌悪で落ち込みます。

その後、しばらくは失敗を肝に銘じていて慎重に行動しますが、喉元過ぎればなんとやらで、またまた元の黙阿弥と失敗してしまいます。

この繰り返しで、少しは学習能力があればいいのに、持って生まれた気性といいますか、性分といいますか、懲りもせずに同じような失敗をしてしまうのです。

この時も、お嬢ちゃんがあまりにも大喜びしたものだから、ついつい調子に乗ってしまいました。

お嬢ちゃんが5歳だということもあって気を許してしまったのです。ご両親に向かって話を続けました。
「ここまではお子様向けのお話です。実はこの後大人向けの続きがあるのです。

バフラっと飛んだ黄粉は、なんとお婆さんの大事なところに皆くっついてしまったと。お爺さんは
『いだましぃ、いだましぃ(もったいない、もったいない)』
とペロペロとなめたと。
おしまい」

そしたら後日、じゃらんに書き込みがありました。
『先日はお世話になりました。5歳の娘に奥様が方言を交えた昔話をしてくださり、ありがとうございました。やさしく丁寧にお話してくださったので、娘も理解していたようです。翌日、幼稚園が参観日だったんですが、友達に昔話を教えていました(しかも、きな粉がおばあさんにくっついたというくだりまで話していました) 』

ぎゃぁ!!

子供だからわからないだろうと思って調子に乗りすぎました・・・・。

申し訳なくて穴があったら入りたいと思いました。
これからは品の良い昔語りをするように心がけます。
ごめんなさい・・・・・・・。

by asahikanokami | 2009-09-12 09:09 | 昔話

豆っこ話

じゃらんの朝日館のページに「ご希望があれば女将が昔話をします」という旨を書いてあります。
しかし、今まで昔話を聞きたいと言われたのは4回しかありません。
その4回目は今年の夏でした。

5歳のお嬢ちゃんに昔話をしてくれというのです。
困ってしまいました。いままで一番小さい聞き手は小学二年生です。それでも3分ほどのお話を聞いてもらうのは大変でした。

まず方言が理解してもらえない。いろりとかわらじとか、昔の日常用具を見たことが無いので、名前を聞いても想像できない。したがって、お話の内容を理解してもらうのが大変なんです。

一度は(というか二度も三度も)丁寧にお断りしたのですが、どうしても聞かせてほしいといいます。しかたがないなぁ、やってみるか!!

たくさんあるお話の中から、わかりやすくて短めのお話を選んでみました。

「むか~~し、むかし。ある所にお爺さんとお婆さんが住んでいたったと。ある日の朝、お爺さんは戸の口を掃いていて豆っこをひとつ、見つけたと。

『婆さんや、婆さんや。この豆っこ、なじょにすっぺ』
『お爺さん。炒って石臼で引いて黄粉にすっぺ』

お爺さんは大きな鍋に豆っこ入れて、ガァラガァラと炒ったれば、豆っこは鍋いっぱいに膨れたと。それを石臼でズゥリズゥリと引いて粉にしたと。

さてこれを粉と皮とにふるい分けなくてはなんねぇ。あいにくふるいが無かったと。

『婆さんや、隣さ行ってふるい借りてこ』
『隣の家の前に犬がいて吠えられるから、おっかなくて(怖くて)行かれね』
『ほんでは後ろから行ってこ』
『後ろにはべごがいてモ~と鳴くがら、おっかなくて行かれね』
『ほんではなんでふるうべ』

するとお婆さんが
『爺さんのふんどしでふるうべ』
と言ったのでお爺さんのふんどしの端でふるって黄粉にしたと。

『婆さんや、この黄粉、どこに置くべ』
『上の棚に置けばネズミがなめるし、下の床に置けばネコがなめる。ほだ!ほだ!寝床の爺さんと婆さんの間に置いて寝ることにするべ』
ということになって、お爺さんとお婆さんの間に置いて寝たと。

そしたら夜中にお爺さんがおっきな屁を
『ボン!』
とたったもんだから、黄粉が全部バフラっと飛んで行って無くなってしまったと。
おしまい」
とここまで話したら、そのお嬢ちゃんはとても楽しそうに大笑いをしてくれたのでした。

良かった。

とほっとして・・・・実はこの後、大失敗をしてしまったのです。

                   つづく

by asahikanokami | 2009-09-12 09:05 | 昔話

連れ出し成功

引きこもりのおっとっとを連れ出すのに成功しました。

前夜からそれとなく説得。当日はポットにお湯を入れて、コーヒーを持って、お菓子なども持って、もしかしたら温泉に寄るかもとタオルも積んで・・・と準備万端整えて後は運転手を待つばかり。

その運転手、なかなか腰を上げません。やっとのことで出発したのが10時。車を走らせながらさてどこに行きましょうか???

とりあえず高速に乗ることに。我が家から高速のインターまでは約1時間かかるので、その間に地図を広げてさてどこにしょうかしら???

高速の入口でとりあえず上りにすることにしました。新潟も良いなぁ。酒田に行こうか、それとも・・・・。

と言っているうちに郡山jジャンクションを過ぎてしまい、那須についてしまいました。那須に降りることに。 なにせ出発が遅かったので、あまり遠くまで出かけては帰りが大変です。那須は手ごろかも。

あてもなくドライブしていると那須サファリパークの看板発見。
しゃれたレストランを見つけたので、そこでお昼御飯を食べた後で行ってみることにしました。

動物園は行ったことがありますが、サファリパークは初めてです。いい年をした大人が行ってもいいのかな?楽しめるのかな?頭の中でいろいろと疑問が浮かんでは消えますがとにかく行ってみることにしました。

動物園に行ったのはいつのことだったでしょう?
34歳の息子がまだ小さいときですから30年近く前のことです。

園内は自分の車か、代車か園のバスで回ります。自分の車は動物が傷をつけても保証なしなそうで、代車は傷だらけです。動物に襲われたら怖いなぁ。バスにしょう。(入園料2600円プラスバス代1000円。ちょっと高い)

うきうきしながら園内を循環する見学バスに乗り込みました。

真っ先にやってきたのはキリン。動物園で見るキリンは柵の中なのでちょっと距離があります。しかしサファリパークのキリンはすぐそばで見ることができます。

いえ、そばどころではありません。金網だけでガラスのない窓から、ヌゥーっと口を入れt来て餌をねだるのです。

f0061402_2058425.jpg


そばで見るキリンさん。けっこう大きな顔でびっくりです。
餌タイムが終了してバスが動きだすと、もう餌がもらえにことを知っているのでとっとと帰っていきます。

f0061402_2059613.jpg


そのほか、ダチョウやヤギ、ライオン、トラ、水牛、バッファー、シカなどを近くで見ることができて、けっこう楽しかったです。

f0061402_20593385.jpg


f0061402_20595652.jpg


f0061402_2103370.jpg


f0061402_211086.jpg


f0061402_2111897.jpg


最初は
「えぇ・・・・・大の大人が・・・・サファリパーク・・・・・」
と思っておりましたが、それが思いのほか楽しかったのです。侮るなかれ!サファリパーク!!

by asahikanokami | 2009-09-10 21:02 | うちのおっとっと

引きこもり

我が家に引きこもりが一人います。

ほとんどパソコンの前から動かず、一日中ゲームをしています。

「御飯だよ~~~!!」
と呼んでも来やしない!まったくもう!お料理がさめた頃、やっと来たかと思うと、3分で食事を終了して、またいそいそとゲームを始める。


8月29日は期日前投票所の投票管理の当番だったので一日町役場でした。なんと一日に492名も投票に来ました。忙しかった!!

翌日は投票日。9時の会議に始まって開票がすべて終了した23時半までいろいろと忙しかったのです。

31日。起きようと思っても体がくたくた・・・・・。ということで一日休業にして日帰り温泉に行くことにしました。

「温泉に行こう」

「行かない。俺はゲームのほうがいい。お前一人で行ってきたら」
と、マウスから手も離さずに言った・・・・。

まあね、ずっと忙しかったからちょっとゆっくり好きなことしてもも良いけどね、でもちょっとゲームやりすぎじゃないかなぁ。

起きてから寝るまでほとんど動かずにパソコンの前に座っています。夜中に電気がついているから覗いてみたら、マウスを握りしめて椅子に座ったまま寝ていました。

どんだけぇ~~~~~!!

土曜日からまた忙しいので明日は何か理由をつけて外に連れ出そうと思います。31日からずっと座りっぱなしなんですから。

さぁ、鼻先にぶら下げた人参に喰いつくことを期待しよう!!っと。でもちょっと心配。喰いつくかなぁ・・・・・・・。作戦を練らなきゃ。

by asahikanokami | 2009-09-03 12:09 | うちのおっとっと