朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


ひころの里へ

宮城県南三陸町志津川にある「ひころの里」という所に、昔話を聞きに行ってきました。

一緒に出かけたのは新地語ってみっ会の仲間たち。

普段は国道六号線と農道の半径30キロぐらいしか運転しない私。おっとっとが運転してくれることになっていたのに、うっかりと前日の宿泊客の予約を入れてしまいました。

まさかお客様に朝8時に出かけるからそれまでに出てくれとは言えず・・・・結局、おっとっとが家に残って、私の運転で出かけることになってしまいました。

我が家から15分のところに山元インターができたので出発点から終点の登米までの高速道路の運転。一直線だから私にでも運転できそうです。

なんとか高速も無事に降りて(運転する私も緊張したけど乗っている皆はもっと緊張したかも)ひころの里には予定よりも50分も早く10時10分に着いてしまいました。

昔話の語りの予約は11時。

そこはおばちゃんたちのこと。なんと駐車場でコーヒータイムです。駐車しているのは私たちだけなのを幸いに、持ってきたお菓子やコーヒー、お漬物や果物などを広げてお茶をしました。

雨の予報だったのに、晴れ女の私の運転ですもの、晴れるに決まっています。良いお天気になり風も気持ち良く、紅葉も始まっていてなんと良い日なんでしょう!!

今日はどんなお話を聞くことができるのでしょう。楽しい期待で皆にこにこわくわくです。

f0061402_22502947.jpg


            (つづく)

by asahikanokami | 2009-10-27 22:50 | 昔話

ダンディな御一行様

「今、道の駅を通過しましたから間もなく到着します」
とお客様からお電話をいただきました。

相馬市の道の駅からはだいたい20分ぐらいです。

ところが30分過ぎても40分過ぎても到着しません。
「道に迷っているのかしら」
と心配していたその時、重低音の爆音が響いてきました。

ドッドッドッドッ!!

どうやら御一行様がご到着のようです。お出で下さったのはハーレー6台。

すてき~~~!!かっこいい~~~!!

バイクとかオートバイとか単車とかと呼びたくありません。ハーレーはハーレー!!

f0061402_20474189.jpg


翌朝、ご出発前に写真を撮らせていただきました。どのハーレーもピッカピカに磨きあげられています。それなのに出発前に全員がさらに磨きをかけていました。

嬉しそうに、愛しそうに、まるで少年のような顔で磨き上げています。

f0061402_2048334.jpg


前面にCDプレーヤーも付いていて、運転中は好きな音楽を聴くこともできるんですって。すてきだなぁ~~。

そのライダーの面々。全員が楽しくて和やかで穏やかな渋いおじさまでした。ハーレーもかっこいいけれど、ライダーもハーレー以上にダンディでした。

f0061402_20482710.jpg


by asahikanokami | 2009-10-21 20:48 | 我が家のお客様

焼きそばを食べに行く旅(その3 温泉の秋)

さてお腹が一杯になった一行を連れて次に行ったのは、ご先祖のお墓。

ちょっとパートさんたちには申し訳なかったのですが、せっかくここまで来たからとお花とお線香をあげてお参りしてきました。ご先祖さんたちも、大勢でお参りしてくれて驚き喜んでいることでしょう。

それから次に向かったのはお隣の岩手県湯田町の温泉です。

湯田町に入って間もなく「結」というお店があります。ここは湯田牛乳公社という所が運営しています。

だからこのお店の牛乳はもちろんチーズやヨーグルト、プリンは絶品なんです。お店のショーケースにクレームブリュレを見つけて皆で食べることに。

濃厚なプリンとパリパリの飴が口の中で混ざり合って、ほっぺが落ちました。

そしてここに来ると、なぜか女性はお店の外の鹿島様(地域に疫病が入ってこないように結界を張っている藁人形)の前で写真を撮りたくなるります。な~~~んでかな??

f0061402_2136096.jpg


それから湯田町の「砂湯っこ」(槻沢温泉)に行き、皆で砂風呂に入りました。

15分間、砂に埋まって大汗をかき、デトックス。気のせいかお肌はつるつる。ちょっと若返って帰ってきました。

温泉のお陰で、2,3日限定の美人中です。4日目からは元の黙阿弥ですが。

by asahikanokami | 2009-10-08 21:36 | 我が家の日常

横手焼そばを食べに行く旅(その2 食欲の秋)

横手市長のがちゅうさんも先輩ですが、実は横手焼そばの麺を作っている石谷製麺工場の石谷修治さんも横手高校演劇部の先輩です。

「しゃじ」と呼ばれていた石谷先輩は、私が入学した時にはすでに卒業していました。しかし、合宿のたびに、いつも大量の麺を持ち込んで私たちに焼きそばを作ってくださいました。

何年か前、再会したときに、横手市内で一番おいしい焼きそば屋さんはどこか聞いたら、すぐに
「一番うめぇのは家の女房が作る焼きそばだべナ。横手で一番だ」
と答えてくれました。

だからといって、しゃじ先輩の奥さまにごちそうになるわけにはいきません。
今回はしゃじ先輩の奥さまの次においしいと評判の「ふじわら」に行くことにしました。

ここは車が二台しか置くことができません。ミクシーの横手市のコミュで近くの駐車場を教えてもらいました。

お店に到着したのが13時頃でしたが、まだお店の前には数名並んで順番待ちをしています。

待つのが嫌いなおっとっとを説得して待つこと10分。10名ぐらいしか入らない小さなお店のテーブルに着くことができました。

メニューは焼きそばのみ。普通盛り(麺が1玉)中盛り(1.5玉)大もり(2玉)を選び、あとは目玉焼きを乗せるか載せないかの違いだけ。

横手焼そばは太い麺に具はひき肉とキャベツのみ。

f0061402_21401080.jpg


横手で焼きそばと言えばひき肉なので、わが同級生はよそでは焼きそばにひき肉が入らないことにカルチャーショックを覚えたらしいです。

そしてなんといっても目玉焼き。半熟の目玉焼きを崩して黄身を麺にからめて食べます。

ソースはさらさらで甘め。そしてちょっとお皿の底に残るぐらいの多め。そしてなぜか紅ショウガではなくて福神漬がトッピング。

普通盛りを頼んだのですがぺろりと平らげました。おっとっとと同じ中盛りを頼んだほうが良かったかな。

f0061402_21394870.jpg


懐かしい思い出の味。おいしかったです。一人分の料金は目玉焼きを乗せたものでも500円という庶民の味方の名物です。

by asahikanokami | 2009-10-06 21:40 | 我が家の日常

横手焼そばを食に行く旅(その1 芸術の秋)

7月、8月、9月と忙しかった時に手伝ってくれたパートさんを連れて横手まで焼きそばを食べに行ってきました。

朝8時に出発して、先日開通したばかりの山元インター(我が家から15分)から高速に乗りました。途中トイレ休憩やらコーヒーブレイクやらあって、横手に11時に到着しました。

まずは横手インターのすぐそばの「秋田ふるさと村」へ。ここには過去何回となく来ているのですが、いつも帰り道でしかもお土産を買うためだけでした。

今回は芸術の秋ということで隣接している「秋田県立美術館」に立ち寄ってみました。

秋田県出身の武術形の作品が多数展示されていてなかなかの見ごたえ。しかも常設展は無料!!

福田豊四郎の屏風や

f0061402_2136093.jpg


f0061402_21362036.jpg


それから平福百穂の屏風や掛け軸など

f0061402_21363777.jpg


f0061402_2136546.jpg


すばらしい作品の前で身動きできないほどでした。

美術館の6階からわが故郷の横手市を眺めて、ふと目線を下に移したら、なんとそこにも作品が!!

f0061402_21371620.jpg


市内の幼稚園児が遠足のお弁当を食べていました。ちょっと見たところはまさに芸術作品です。

それからふるさと村(物産館とレストラン)でお買い物をしていよいよ食欲の秋。横手焼そばを食べに行きました。

by asahikanokami | 2009-10-06 21:37 | 我が家の日常

横手焼そば

今日の日経新聞の「遠みち近みち」というコラム欄に特別編集委員の野瀬さんというかたが「市長の涙」という文を書いていらっしゃいます。

先日行われたBー1グランプリが横手市で開催され、10万人の来場と見込んでいたのに、なんと、26万7000人が来場したそうだ。

秋田県の中央の盆地。新幹線のルートから外れた地方都市。そこに大勢の人が来て笑顔を残して行った。そのことが嬉しくて市長が涙を流したという記事です。

横手市長の五十嵐忠悦さんは、横手高校で私の二つ上の先輩です。そして横手高校の演劇部の先輩でもあります。私が一年生の時に三年生でした。

皆から「がちゅう」と呼ばれていたこの先輩は優しくて後輩の面倒見の良い方でした。がちゅうさんは繊細なところと、おおらかな実に器の大きいところを併せ持つ人です。

今年のBー1グランプリには横手焼そばが選ばれたそうです。

高校時代、放課後に良く友人たちと焼きそば屋に食べに行ったものです。横手の焼きそばはひき肉とキャベツが入っていて、目玉焼きと福神漬が乗っています。(ひき肉と目玉焼きが無いシンプルなものもあります)

学校の近くにも小さな焼きそば屋さんがあって、お昼休みにそこで食べるのは禁止されていました。

ある日、こっそりと食べに行ったら、なんと先客がいて、それは怖い、怖い、生活指導の先生でした。先生も
「しまった・・・・」
というような顔をされて
「誰さも黙ってれ(誰にも黙っていろ)」
と焼きそばをおごってくださいました。なつかしい思い出です。

その思い出の焼きそばを明日、横手まで食べに行きます。
祖父母のお墓参りをしながら、夏の忙しい間手伝ってくれたパートさんを連れて焼きそばを食べに行こうと思っています。

先輩の市長が頑張っているふるさと。友人たちが頑張っているふるさと。

あ~した、天気にな~~~れ♪

by asahikanokami | 2009-10-04 20:51 | 私のこと