朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


Blue Moon

今日はBlue Moonなそうです。 一か月の中で二回目の満月をBlue Moonというそうです。
そして満月にお願いすると叶うのですが、とくにBlue Moonの時にお願いすると良くかなうらしいです。

そんな素敵な日だとも知らず、今日は猪苗代のホームドクターの所に、定期診察に行ってきました。

私はどこも悪くないのですが(おっとっとに言わせると、顔と根性は悪いらしいです)血圧の下の値が高いのです。上と下の数値に差が無いので脳溢血になる確率が高いらしい。

それで薬を飲んでいます。その薬が無くなったので貰いに行ってきました。

郡山から猪苗代方面に向かう途中から雪がちらつき始め、トンネルを抜けたら吹雪。そしてそこは雪国。

小川医院の庭はこんな感じでした。

f0061402_055685.jpg


f0061402_061728.jpg


診察してもらったら今日は血圧も正常値。前回採血してもらった結果の数値もすべて正常値。悪い所なし。やはり悪い所は顔と根性だけみたいです。

今田先生にお昼を誘われたのですが、雪が降っているのでもし積もったり、凍結したりしたら怖いから早々に猪苗代を脱出することにしました。

そのまま東北道を北上。仙台まで出てお昼は牛タンを。そしておととし南相馬市で見たときにすごく感激した高橋まゆみさんの展覧会が仙台駅前のイービーンズで開催されているので、それを見てきました。

私は以前見たのですが、おっとっとは初めて。
「なにぃ・・・人形・・・・興味ないなぁ」
と最初は渋っていたのですが、強引に誘いました。

お人形は昭和の懐かしい世界。お年寄りと子供の愛情あふれる作品ばかり。ふと見るとおっとっとの目に涙があふれていました。

「おばんちゃんとおじんつぁんの事思い出した・・・・」
幼い日の事、祖父と祖母に可愛がられて育った日々を思い出したようです。

帰宅後、友人のブログでで今夜がBlue Moonと知り、あわてて外に出たらまん丸なお月さま。

f0061402_08341.jpg


時々薄い雲に隠れるけれどなんてきれいなお月さまなのでしょう。
すべての人に幸多かれと祈りました。

by asahikanokami | 2010-01-31 00:08 | 私のこと | Comments(6)

甘酒仕込み中

少し残っている古米(もち米)、捨てるのももったいなから甘酒にすることにしました。

甘酒を仕込むのは難しいと思っている人が多いのですが、これが実に簡単に作れるのです。

お米1カップに(もち米でもうるち米でもどちらでも良い)お水2カップでおかゆを炊きます。

このおかゆを60度になるまで冷まし、米麹250~300グラムを加えて良く混ぜます。60度のお湯で好みの硬さに調節します。

60度以上の温度になると発酵しません。必ず温度計で確かめてください。

これを炊飯ジャーを保温にして、ふたをしないで(ここがみそ)タオルをかけて保温します。2,3時間に一回ぐらいかき混ぜます。これは発酵を均一にするためです。

今日のお昼に仕込んだ甘酒。さっきちょっと味見をしたらすごく甘くなっていました。

だいたい一日か30時間ぐらいで、あま~~~い甘酒が完成します。
あとは冷やして冷蔵庫に保存。なるべく早く飲むこと。飲むときはもちろん温めてね。

ただし発酵時間が長いと酸っぱくなりますから気を付けてください。

晩年の舅。食が細くなったときにお医者様が
「甘酒は点滴に匹敵するぐらい栄養があります」
とおっしゃたので、せっせと作って飲ませたのを思い出します。

「んめぇなぁ~~~」
って言った舅の笑顔も。

by asahikanokami | 2010-01-27 23:29 | 我が家の日常 | Comments(5)

今夜はへそ大根

さて昨日の夜にお水に浸しておいたへそ大根。
どうなっているのでしょうか????

一昼夜お水に浸して戻したへそ大根はこんなに大きくなっていました。

f0061402_22403848.jpg


f0061402_22404876.jpg


これをお出しでコトコト煮込みます。おだしは昆布と鰹節でも良いのですが、へそ大根が切干大根のようなお日様の匂いがするので、私はいつも煮干しでだしをとります。

f0061402_22413550.jpg


へそ大根のクセが、煮干しのクセで消えるんです。

今夜は厚揚げや油揚げが無かったので、がんもどきと煮込みました。

f0061402_22415541.jpg


そして今夜は他にはワカサギの南蛮漬け、きんぴらごぼう、寒縮みほうれん草のおひたし(寒さで葉が縮んだほうれん草。甘くておいしい。今が旬)豚の角煮、そしてめかぶとろろ。

f0061402_22421573.jpg


めかぶと言うのは昆布の根っこ。見た目はこんな感じです。

f0061402_22422768.jpg


それを細かく切って

f0061402_22424264.jpg


お湯をかけると、アラ不思議!!褐色のめかぶがきれいな緑色に変わって粘りが出ます。トロトロネバネバ。

f0061402_2243412.jpg


そして選択干し場のへそ大根はこんな感じになってます。最初と比べると小さくなっているのが良くわかります。

f0061402_2243287.jpg


f0061402_22434095.jpg


ピンチと同じぐらいの大きさだったのに、ピンチの4分の1ぐらいに小さくなりました。

by asahikanokami | 2010-01-26 22:43 | 我が家の日常 | Comments(3)

さぁ!へそ大根を料理しますよ!!

お待たせいたしました。
へそ大根を料理します。

まずはお水に浸して戻さなければなりません。

へそ大根がどのぐらいにふやけるのか見てほしいと思ったので、筒状の入れ物に入れて写真を撮ってみました。

f0061402_2261977.jpg


このぐらいの量です。

f0061402_2263675.jpg


お水を入れました。さて明日の朝はどのぐらいに増えているのでしょう。楽しみです。

f0061402_2264879.jpg

 (テーブルの色とへそ大根の色が似ているので、見やすいように下に白いタオルを敷きました)

by asahikanokami | 2010-01-25 22:06 | 我が家の日常 | Comments(2)

へそ大根その後

コメントをいただいた方、お返事を少々お待ち下さい。20日に経理事務所の定期監査があるのを忘れていました。ねじり鉢巻きで、11月からの(あらまぁ!!)データーをパソコンに打ち込んでいます。

でもいくら忙しくてもこれだけはご報告しなきゃ。

今日のへそ大根はこんな感じ。

f0061402_2343087.jpg


だいぶ乾いてきているのがわかるでしょうか?

f0061402_23431430.jpg


で、夕方、お買い物に地場産品のお店「あぐりや」さんによったら、へそ大根を売っていました。これが完成品です。

f0061402_23432775.jpg


大きさがわからないかと、私の白魚のような指(大爆笑)のお手々に上げてみました。

f0061402_2343451.jpg


いかがですか?おへそに見えますか??

f0061402_2344799.jpg


by asahikanokami | 2010-01-18 23:44 | 我が家の日常 | Comments(4)

へそ大根の写真


細大根の写真です。昨日のブログのお返事は今夜いたします少々お待ちを。

さて、昨日干したへそ大根。良い塩梅に凍みていました。
「へそ大根」と言っても、実物を見ないと想像できないと思い写真をアップします。

こんな風に茹でた大根を、園芸用のプラスチック竹に突き刺して干しています。もちろん昔は本物の竹に刺して干しました。

f0061402_125558.jpg


凍み具合はと言うとこんな感じです。凍っているのがわかるでしょうか?

f0061402_12552133.jpg


今日、近所のおばあちゃんに聞いたら、茹でるのはさっとで良いらしいです。硬めで良いんですって。知らなかったので、私はしっかりと柔らかく茹でてしまったので出来上がりがちょっと心配です。

f0061402_1255422.jpg


大根三本でこんな感じの物が二本できました。
干しあがるまで十日ほどかかるらしいです。

「そべぐっても(失敗しても)、干しあがらなくても、水で戻して煮てけば(喰えば)大丈夫、うめぇがら(おいしいから)」
とおばあちゃんのアドバイス。

うまく行っても、失敗しても、それなりに出来上がりが楽しみです。

by asahikanokami | 2010-01-16 12:55 | 我が家の日常 | Comments(5)

へそ大根

昨日今日と寒い日が続いています。

こんな日は、コトコトと煮たおかずが恋しくなります。
ちょうどストーブもあることだし。

今夜はおでんにしました。午後から茶の間のストーブの上にお鍋をかけてコトコトと煮ていたので、茶の間は夕食が終わってもおでんの香りでいっぱいです。

昨年は白菜と大根が豊作だったらしく、暮れから昨日までにたくさんの大根と白菜をいただきました。

白菜は漬けものにしたり、お鍋にしたり、八宝菜やらロール白菜やら、と使い放題(笑
気がつくとここのところずっと白菜料理が続いています。

一方で大根はといえば、お客様に出すお刺身のツマに使うでしょうからと、何十本といただきました。(こんなにたくさんの大根をどうしようと思案するほど)

ビニール袋にきっちりと包んで保存しているのですが、それでも少しづつスが立ってきました。真中がスカスカになってきました。

なんとかしなきゃもったいない。

そこで思い出したのが「へそ大根」。

切り干し大根の輪切り版と言ったらいいのでしょうか。皮を剝いて輪切りにした大根を、茹でて凍らせながら干します。

夜に少し凍った大根は、昼に少し溶け、また夜に凍り、昼に溶けを繰り返しながら、寒風で乾燥してカチカチに干しあがります。

自然のフリーズドライ。保存食です。

飴色に干しあがったへそ大根は、一晩、水で戻して油揚げなどと一緒にコトコトと煮込むと、生の大根とは違うサクサクとした歯触りがあり、しかもお日様のおかげで、大根の甘さが生の時よりも何倍も増しています。

それはそれはおいしい!!

いつもは買ってくるへそ大根。これが結構高いのです。手間暇がかかるので当たり前と言えば当たり前なのですが。

そこで今日は、へそ大根を作ってみようと大根を茹でて外に干しました。

ここ二、三日は寒さが続くらしいので、きっとおいしいへそ大根が出来ると期待しています。

ちなみに「へそ大根」という名前の由来は、干しあがった大根がおへそのようだから。

そのうち写真もアップしたいと思います。自己流で作り始めたへそ大根。うまく出来上がるといいなぁ~~~。

by asahikanokami | 2010-01-15 12:56 | 我が家の日常 | Comments(2)