朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


しんちまち生涯学習フェスティバル

1月29日、30日の二日間、新地町農村改善センターと新地町保健センターでしんちまち生涯学習フェスティバルが開催されました。

新地町の公民館活動のグループと地域で活動しているグループやサークルが60団体集まって、年一回の交流と発表の場です。

人口がわずか8500人ほどの小さな町に、60ものグループが活動しているのは驚きです。

舞台では、民謡、よさこい、社交ダンス、3B体操、太極拳、日舞、カラオケ、大正琴、コーラス、手話、詩吟、マジック、ハーモニカ、アルプホルン、フラダンスなどのグループと一緒に、新地語ってみっ会も昔語りをしました。

毎年開催されるこのフェスティバル。出演団体が多いので語ってみっ会が貰った時間はわずか10分です。今年は私が出演する番でした。

毎年、三人が当番で語っているので、一人3分の持ち時間です。私は新地町福田に伝わる悲恋の話をしたいと思いましたが、実はこの話は長いのです。普通に語ると6分かかります。

さてどうしたものか。他の話をしようかとも思ったのですがどうしてもこの話を語りたかったのです。この話には、福田に住んでいる人達の優しさがあふれているのです。

あちこちを削除。ストーリーの部分だけを残し、会話や説明の部分はすべて削除しました。それでも早口で語って4分かかります。どうしたものか・・・。

まぁ、何とかなるだろうと高をくくって舞台のそでに行きました。そしたら、司会の方が
「村上さん、少しゆっくりと話をしてください。プログラムが予定よりも早く進んでいるんです」
と言うではありませんか。

しめた!!

おかげで、会話の部分を復活させ、思う存分に間をとることもでき、思いを込めて語ってきました。

私が語っている写真。出来上がってきたら・・・・ぎゃぁ~~!!なんという猫背!!自分でもがっかりしてしまいました。まるで昔話を語るお婆さんです。若いつもりしてたのになぁ・・・・・。それなりに写ってしまった・・・。

f0061402_21392982.jpg


f0061402_21395177.jpg


それはさておき、他の会場でも作品が所せましと並んでいて、新地町には趣味人が多いことを誇らしく思いました。

絵手紙、川柳、短歌、俳句、フラワーガーデン、絵画、書道、アクセサリー、エコクラフト、パッチワーク、いけばな、押し花、吊るし雛などのサークルのすばらしい作品が並んでいました。

f0061402_21402327.jpg


なにはともあれ、無事に語り終えてほっとしました。

by asahikanokami | 2011-01-31 21:40 | 昔話 | Comments(3)

今年の雪

高校時代の同級生から電話がかかってきました。私の母校は秋田県立横手高校です。

「今年は雪が多くて大変だってニュースで言っていたけど、どうなの?」

「屋根の上に二メートルあるよ。雪下ろししないと家がつぶれるから、雪下ろしするんだけど、下ろしているうちにまた降って来て積もる。腹立つよ。今年に入ってからだけでも二回下ろしたのよ」

「うわぁ!大変だね」

「横手の駅に降りた観光客が『まぁ!真っ白!!ロマンチックだわ』なんていうのを聞いた時には、ぶっ飛ばしてやろうかと思ったわ」

「あはははは」

「来月はかまくら祭があるけど、もうすでに町中がかまくら状態になってるよ。雪下ろしの時に落ちて亡くなる人も多いし、雪で家がつぶされたとか、雪下ろしができない一人暮らしの高齢者がいっぱいいるとか、毎日雪のニュースばかり。今年はお彼岸のお墓参りはできないかも」

そうなんです。雪が多い年には、お彼岸でもお墓の上にはまだ雪が残っていて、お墓を雪の中から掘り起こさないとお参りもできません。今年は掘り起こすこともできないぐらい積もっているんですって。

観光で雪を見に行く観光客にとっては素敵な雪景色も、半年間、雪に埋もれて住んでいる地元の人間にとってははなはだ迷惑な大雪です。

高校時代に夜中に除雪車が何度も通る音などを思い出しました。朝起きると玄関口に除雪された雪の山ができていて、それを片づけないと家から出られませんでした。

秋田では車や列車や飛行機などが通ることを「走る」とか「飛ぶ」とか言わないで「歩く」って言うんですよ。

「今日は除雪車が頻繁に歩く晩だな」
「この雪では列車は歩かないべな」
などと言います。

最初聞いたときは、除雪車はゆっくり走るから歩くと言うのかと思ったのですが、速いスピードの車も列車も飛行機も「歩く」と言うことを知った時には、驚くやら、おかしいやらでした。

今の子供たちは方言を使わないから、きっと「歩く」とは言わないでしょうね。

今日も一日中、除雪車が歩いていることでしょう。
早く春が来てほしいです。

「は~~るよ来い!!」

by asahikanokami | 2011-01-24 14:25 | 友人のこと | Comments(7)

越中山(新地の昔話)

昔々
冬の寒い日のことだったと。

ちらちらと雪が舞う中を、一人の薬売りの娘がやってきたと。
はるばる越中富山から、薬箱背負って、薬を売り売り歩って来たんだべな。一軒の家が快く娘を泊めてくれたと。

ところがそこ家のひとり息子、ひと眼で娘のことを好きになってしまった。娘を帰したくない息子は、次の日も、その次の日も
「この大雪の中、急いで帰っこともないべ。そのうち雪もやむべからもう一晩、泊ったらいいべ」
と引き留めたと。娘も息子のことがまんざらでなかったんだべな。引き止められるままに三日ばかり厄介になったと。

ほだどもいつまでも、こうして厄介になっているわけにはいかねぇ。雪がやんだのを潮どきに、娘はその家を発つことにしたと。
「また来てけろな」
「はい。来年の冬にまた来るがら」
「必ず来てけろよ。待ってがらな。必ずだど。その時は・・・・・・・・その時は、おれの嫁になってけろ」
「・・・・・・はい・・・・・・」
娘は消え入るような声で、嬉しそうに返事をしたと。

春が来て、夏が来て秋が来て、やっとこ冬になって、娘は飛ぶように山を下ってきたと。もはや離れることができなくなった二人は、息子の親たちに結婚させてくれと頼んだと。ほだども父親は
「どこの馬の骨だかわからねぇ流れ者を、大事な一人息子の嫁に迎えるわけにはいかねぇ。出て行ってけろ。すぐに出て行ってけろ」
と、かんかんになって、娘を追い出してやったと。

娘は、泣き泣き出て行くしかなかったと。
「月日がたてば、いつか親たちの気持ちも鎮まっぺ。それまで待っているしかないべな」
娘は山の中腹で、息子の家を眺めながら泣いたと。

残された息子は、飯も食わなくなって笑らわなくなったと。ふさぎ込む日が多くなり、やがて重い病気になって寝込んじまったと。

父親は娘を恨んだと。
「あの娘のせいで、大事な息子が寝込むようになってしまった。あの娘さえ来なければ・・・・・・。あの娘さえ泊めなければ・・・」
父親は、すべての不運を娘の責任になすりつけて、薬売りの娘を恨んでいたと。

次の冬も薬売りの娘はやってきたと。
ほだども父親は
「よくも、どの面下げて来られるもんだ。お前のせいで、おら家の息子は重い病気になってしまって、明日をも知れぬ命だ。息子にもしものことがあったら、一生お前のことを恨むからな。おぼえていろよ」
と、カンカンにごしゃいだと。

息子が病気だと聞いて、娘は一目でいいから会わせてくれと頼んだど。ほだども、父親に蹴飛ばされるように追い返されてしまったと。

息子が死にそうだと知って、娘は心配で、心配で、気が狂いそうだったと。そばで看病してやりたくてもそれもできねぇ。どうすることもできねぇ。
娘は泣きながら、山を這い登り、息子の家が見える所まできたと。

ちらちらと降り始めた雪は、あたりが夕やみに包まれる頃から、やがて大きな牡丹雪に変わったと。

のんのんと雪は音もなく一晩じゅう降り積もったと。

翌朝、里の人が山道を通ったら、まるで祈るような格好で、薬売りの娘が雪にすっぽりと包まれて死んでいったっけど。息子も後を追うように亡くなったと。

里の人たちは、もごいと思ったんだべな。娘の亡骸を、懇ろに葬ってくれたと。そしてその山を、越中富山の薬売りの娘にちなんで、今でも『越中山』って呼んでいるんだと。

f0061402_20372071.jpg


(1月29日、新地町農業環境改善センターで行われる生涯学習フェスティバルで、この話を昔語りします。猛練習中です←うそです。さぼってます。練習しなきゃ)

注:もごい→かわいそうとかあわれだとか言う意味です。

by asahikanokami | 2011-01-21 20:37 | 昔話 | Comments(4)

パンダ豆

舅の七回忌の買い物をしようと、新地町の地場産品のおみせ「あぐりや」さんへ出かけたら、なんともかわいい豆を見つけました。

f0061402_11513986.jpg


白と黒の豆。パンダ豆って言うんですって。

珍しいものが大好きな私。早速買ってきました。
一晩浸水ましたが、大きさは一回りおおきくなったぐらいでした。ササゲ豆は浸水するとふっくらと大きくなりますが、パンダ豆は少し大きくなったぐらいです。

f0061402_11521268.jpg


火にかけて茹でると、茹で水が薄茶色になって、どんどん豆の黒い所が茶色になっていき、反対に白い所が薄茶色になって行きました。

f0061402_11524044.jpg


な~~んだぁ、茹でたらパンダじゃなくなったよぉ~~~。

茹であがった豆を一粒つまんでみたら、大豆に比べると甘みがあります。なかなかおいしい。

さてどう料理しましょうか???
「あんこ正一」とニックネームがつくぐらいあんこと煮豆が大好きだった舅。すでにササギの煮豆とあんこは煮てあります。甘い豆はもうたくさんです。

そこで、ヒジキをさっと茹でて一緒ににサラダにしました。

f0061402_11531375.jpg


f0061402_11533854.jpg


御仏膳は、白和え、煮もの、サラダ、お浸しなどにあんこや煮豆を一緒に並べました。

f0061402_11541454.jpg


宿泊客の朝ごはんの準備で忙しかったので、器まで吟味する暇がなく、そこにあった器に入れたので、写真に撮ったら・・・・あらららら。吟味すればよかったかなと反省してます。

遺影は、舅のお友達が描いて下さった似顔絵。写真よりもずっと舅の雰囲気が出ています。

f0061402_11544319.jpg


大急ぎで準備した御法事でしたが、無事に終わってほっとしてます。

by asahikanokami | 2011-01-19 11:54 | 我が家の日常 | Comments(0)

朝はどこから

御法事の準備のために買い物に出かけました。カーラジオから聞き覚えのある曲が流れてきました。

ギター演奏だけで歌は無かったのですが、自然に歌が口を衝いて出てきました。


『朝はどこから 来るかしら

 あの空越えて 雲越えて

 光の国から 来るかしら

 いえいえ そうではありません

 それは希望の家庭から

 朝が来る来る 朝が来る

 「お早よう」 「お早よう」』

母がいつも歌ってくれた懐かしい歌。

父は歌が上手でしたが、母はちょっと音痴でした。私は母の血を引きました。

それでも何かにつけて母は歌っていたような気がします。寝起きが悪い私を起こす時はいつもこんな歌を歌ってくれました。

『起こされたら飛び起きよ

 ぐずぐず言わず機嫌よく

 朝は今日の始めです
 
 よわ虫毛虫はさんで捨てろ』

こんな歌があったのでしょうか?それともこの歌は母の創作でしょうか? 今となっては真相を聞くこともできません。

ラジオから流れてきた曲は、一瞬のうちに、私をあの岩泉の国鉄官舎の我が家へ連れて行ってくれました。そこにいたのは、割烹着を着た若い母。

母は機嫌よく歌いながら洗濯物を軒先の竿竹に干しています。

「朝はどこからくるかしら♪」

ちょっと音程の外れた母の歌。

「おかあさん!」

思わず母に呼び掛けて、はっと我に返り、そしてちょっと涙が出ました。

by asahikanokami | 2011-01-16 20:57 | 私のこと | Comments(2)

えっ!!七回忌??

それは15日のことでした。

はがきが一枚届きました。菩提寺からのお知らせです。
「正一様の七回忌です」

なに!!えっ!!七回忌???うっそ~~~!あと3日しかないじゃないの!!

18日は舅の命日なので義妹たちと私たち夫婦でお墓参りするつもりではいました。

そしたらなんと七回忌だって!!

暢気な嫁は舅が亡くなって6年も過ぎたなんて思ってもいなかったのです。
ひゃぁ~~~~。大変!大変!御法事の準備をしなきゃ。

日にちもないので今回はほかの親類には知らせずに、義妹と私たち夫婦だけでこじんまりと供養することにしました。(知れたら叔父や叔母に叱られるかも・・・・・しぃ~~内緒、内緒)

菩提寺に卒塔婆や法事の読経をお願いして、お墓を掃除に出かけました。さむっ!
雪がちらつく中での掃除は大変。さいわい草ははえていなかったので、ささっと掃除してきました。(暖かくなったらきちんとお掃除しますから、ご先祖様ご勘弁を)

今夜は大雪との予報。雪が積もったら明日は買い物に出かけられません。今日のうちにと仏膳や直会の料理の材料やお花やお供物などを買いに行ってきました。

甘いものが大好きだった舅。特に煮豆が大好きでした。明日はササゲ豆を甘~~く煮ましょうね。

それにしても月日がたつのは早いものです。舅が亡くなってから6年もたったとは・・・。
ついこの間のような気がします。

だからうっかり者の嫁は七回忌なんてすっかり忘れていました。
おじいちゃんごめんね。

さて、明日は仏膳の仕込みです。直会は舅の好きなホッキご飯にしようかな。忙しや、忙しや。

by asahikanokami | 2011-01-16 18:53 | 我が家の日常 | Comments(2)

やっと脱稿

昨年の夏から始めた新地の昔話集の原稿が、やっと脱稿しました。

ずいぶん力作のように思われると思いますけど・・・・・、実は・・・・・、それはほら、私のことですから・・・・気が向いたときにぽつぽつと書いていたので、こんなにも時間がかかってしまいました。

お話は30話。原稿自体は10月には出来上がっていたのですが、昔話の舞台になった場所の写真を撮ったり、誤字脱字やら新地弁のおかしい所を直したり、昔話を教えていただいている川辺先生や新地語ってみっ会のメンバーに、あちこちを添削してもらったりしていたので、こんなにも時間がかかってしまいました。

今日は天気も良かったので、最後の写真を撮りに水神神社(安波神社)と大槻神社に行ってきました。

f0061402_23193274.jpg

(水神神社)

f0061402_23211037.jpg

(大槻神社)

水神神社は我が家から歩いて10分ぐらいなのに、いつでも行けると思ってなかなか腰が上がらなかったというのも、いかにも私らしいです。

大槻神社は、秋に一度カメラを持って出かけたのですが、一本道を間違って違う所に出てしまいすごすごと帰ってきてしまいました。

我が家からは鹿狼山のふもとに通じる一本道の途中にある大槻神社。間違うはずがないのに、方向音痴の私は、自分が住んでいる町内でさえ迷ってしまいます。自分でもあきれてしまいます。

そして
「あ、今日はお参りに来なくていいよという事なんだわ」
と、方向音痴を棚に上げて、自分勝手に解釈してさっさと帰ってきてしまいます。まったくねぇ!!

明日は語ってみっ会の練習があるので(30日の生涯学習フェスティバルに出ます)会員の皆さんに最終確認をしてもらって、いよいよ冊子に仕上げたいと思っています。

楽しみです!!

by asahikanokami | 2011-01-12 23:24 | 昔話 | Comments(3)