朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧


あらまぁ!7月も終わりだわ!!

あっという間に、6月が終わり、7月も明日を残すのみになってしまいました。

その間、何も更新しなかった私。すみません・・・・・・・・・。

もう!忙しい!忙しい!と、毎日を過ごしています。
いろいろな復興計画のプロジェクトに参加したり(三つも)あちこちに呼ばれて、紙芝居を読んだりと、ほとんど家を留守にして飛び歩いています。

その間にも、新しい家を建てる予定の代替地の造成も進んでいます。家のおおまかな設計図も出来上がりました。おっとっとは、家が建つのが待ちきれないらしく、一日おきぐらいに造成がどこまで進んだか見に行きます。

11月ごろには造成が終了する予定です。
家が建つのは来年の春ごろでしょうか?それでも楽しみです。

新地町では、100坪を30年間、無償で貸してくれるそうです。100坪よりも広い土地がほしい人は、100坪を超える分を買うようになります。私たちが希望している団地では、ほとんどの人が100坪以上を希望しています。希望通りの広さの土地をもらえるのは、ほかの市町村では考えられないことです。
どこでも、100坪までとか、場所によっては50坪までなどと制限があるのが普通なんだそうです。

新地町は、町民の中から
「困っているときはお互い様だから」
と、持ち山や畑を提供してくれる人が相次ぎました。
そのおかげで、新地町の被災した人全員が、仮設を出てこの次に住む場所が決まりました。

我が家の予定地。
今年の一月に、山の木が切り倒す作業が始まりました。

f0061402_20305196.jpg


3月には、ほとんどの木が切り倒されて、運び出されていました。
切った材木を、家を建てる材料にしたら良いのにと思ったら、原発事故の影響で使えないのだそうです。
機械で、細かいチップにして運んでいました。もったいない話です。

f0061402_20314643.jpg


6月には、山がだいぶ低くなっていました。
この山にも、たくさんの動物や鳥が住んでいたことでしょう。
私たちのせいで、住む場所を奪われて、山から追い出されてしまいました。
本当に申し訳ないと思います。いつも、造成地を見学に行くときには、手を合わせて
「ごめんなさいね」
とあやまります。

f0061402_22321116.jpg


7月になったら、どんどん低くなっていた土地が、少スピードが鈍りました。
どうやら、我が家のあたりは岩盤のようです。
地震の時に揺れないで済むかなと嬉しい反面、庭に木を植えても根を張ることができるのか心配です。

f0061402_204694.jpg


左の土の山のところあたりが、たぶん、我が家が建つ予定地です。

by asahikanokami | 2013-07-30 20:33 | 避難生活