朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧


我が家の建設状況

「ブログ読みました」
と言われる度に、これ以上小さくなれないほど小さくなって
「すみません・・・・・・更新していなくて・・・・・」
と言っていました。
だが(などと威張ってどうする、私!)いよいよ満を持して(大げさだな)更新することにしました。というより、更新しなきゃと思いました。

ブログの書き方を忘れる程のご無沙汰です。申し訳ありません。
まずは近況のご報告。
あちこちで被災体験を語る活動は、たぶん・・・・260回は超えたと思います。
口演依頼を頂けることは、本当に嬉しいことです。いつも、楽しみにして出かけていきます。
いろいろな人との出会いは、生きていてよかったという思いの確認になります。ありがたいことです。

東北お遍路は、青森から福島までの四県で120箇所近くのポイントを応募していただきました。
その応募していただいたポイントが、千年先まで語り継いでいくポイントとして、本当にふさわしいのか、その場所に出かけて行って、調査をしています。
すでに三分の二ぐらいの調査が終わりました。
そして今は、学識経験者の方を交えて、巡礼地創生委員会を開き、最終ポイントを決定するところまで来ています。
今年度中には、きめたポイントを地図に落とす作業をして、地図を完成させたいと思っています。
地図が出来上がったら、それを持って巡礼をしていただけます。

エコたわし編み隊は、今年の3月に、一旦活動を休止しました。
昨年末までに、高齢者支援住宅や、公営支援住宅が完成し、半分以上のおばあちゃんたちが仮設から引っ越していきました。会員が集まってくるのが難しくなったので、一度休止をし、このあとの活動については、全員が仮設から出て、新しい生活が落ち着いた頃に、もう一度考えようということになりました。
とりあえず、同窓会はしましょうと決めました。

今、小川公園仮設は、6割が空家になっています。
公営の住宅に移った人、自宅が完成した人が引っ越していきました。
新居でお正月を迎えたいと、代替え地は、今、建設ラッシュです。年末には、随分と空家が出ることでしょう。

我が家も、おかげさまで、12月15日に完成、22日に引渡になります。23日に大きなものを引越しさせ、1月いっぱいかかって、小物を引越しさせたいと思っています。

アトリエΣの石川社長が、とても素敵な家をデザインしてくれました。細部まで、彼のこだわりが満載の家です。施工業者が、頭を抱え、大変な思いをしながら建設しています。大工さんも、左官屋さんも、内装屋さんも、異口同音に
「いつもハウスメーカーの仕事ばかりだから、こんな大変な仕事は、したことがない。でも自分でいろいろ工夫したり、考えたり出来て楽しかった。久しぶりに達成感を感じた。家が完成したときに写真を撮りに来ます」
と言ってくれました。
f0061402_1228422.jpg

一階の窓が二つあるところが寝室です。その左隣は、お友達にとまっていただけるように作った和室です。二階は、息子の部屋です。
f0061402_12291892.jpg

玄関です。スロープで上がるように、外構とスロープの工事中です。
f0061402_12314864.jpg

石屋さんが、外構の石積みをしていました。
f0061402_12323042.jpg

コンクリートの四角い場所に、ウッドデッキができます。
f0061402_12325349.jpg
f0061402_12325631.jpg

サッシ屋さんを泣かせた、三角窓と丸窓。

by asahikanokami | 2014-11-29 12:36 | 避難生活 | Comments(11)