元朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

やっと脱稿

昨年の夏から始めた新地の昔話集の原稿が、やっと脱稿しました。

ずいぶん力作のように思われると思いますけど・・・・・、実は・・・・・、それはほら、私のことですから・・・・気が向いたときにぽつぽつと書いていたので、こんなにも時間がかかってしまいました。

お話は30話。原稿自体は10月には出来上がっていたのですが、昔話の舞台になった場所の写真を撮ったり、誤字脱字やら新地弁のおかしい所を直したり、昔話を教えていただいている川辺先生や新地語ってみっ会のメンバーに、あちこちを添削してもらったりしていたので、こんなにも時間がかかってしまいました。

今日は天気も良かったので、最後の写真を撮りに水神神社(安波神社)と大槻神社に行ってきました。

f0061402_23193274.jpg

(水神神社)

f0061402_23211037.jpg

(大槻神社)

水神神社は我が家から歩いて10分ぐらいなのに、いつでも行けると思ってなかなか腰が上がらなかったというのも、いかにも私らしいです。

大槻神社は、秋に一度カメラを持って出かけたのですが、一本道を間違って違う所に出てしまいすごすごと帰ってきてしまいました。

我が家からは鹿狼山のふもとに通じる一本道の途中にある大槻神社。間違うはずがないのに、方向音痴の私は、自分が住んでいる町内でさえ迷ってしまいます。自分でもあきれてしまいます。

そして
「あ、今日はお参りに来なくていいよという事なんだわ」
と、方向音痴を棚に上げて、自分勝手に解釈してさっさと帰ってきてしまいます。まったくねぇ!!

明日は語ってみっ会の練習があるので(30日の生涯学習フェスティバルに出ます)会員の皆さんに最終確認をしてもらって、いよいよ冊子に仕上げたいと思っています。

楽しみです!!

by asahikanokami | 2011-01-12 23:24 | 昔話
<< えっ!!七回忌?? やっと >>