元朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

パンダ豆

舅の七回忌の買い物をしようと、新地町の地場産品のおみせ「あぐりや」さんへ出かけたら、なんともかわいい豆を見つけました。

f0061402_11513986.jpg


白と黒の豆。パンダ豆って言うんですって。

珍しいものが大好きな私。早速買ってきました。
一晩浸水ましたが、大きさは一回りおおきくなったぐらいでした。ササゲ豆は浸水するとふっくらと大きくなりますが、パンダ豆は少し大きくなったぐらいです。

f0061402_11521268.jpg


火にかけて茹でると、茹で水が薄茶色になって、どんどん豆の黒い所が茶色になっていき、反対に白い所が薄茶色になって行きました。

f0061402_11524044.jpg


な~~んだぁ、茹でたらパンダじゃなくなったよぉ~~~。

茹であがった豆を一粒つまんでみたら、大豆に比べると甘みがあります。なかなかおいしい。

さてどう料理しましょうか???
「あんこ正一」とニックネームがつくぐらいあんこと煮豆が大好きだった舅。すでにササギの煮豆とあんこは煮てあります。甘い豆はもうたくさんです。

そこで、ヒジキをさっと茹でて一緒ににサラダにしました。

f0061402_11531375.jpg


f0061402_11533854.jpg


御仏膳は、白和え、煮もの、サラダ、お浸しなどにあんこや煮豆を一緒に並べました。

f0061402_11541454.jpg


宿泊客の朝ごはんの準備で忙しかったので、器まで吟味する暇がなく、そこにあった器に入れたので、写真に撮ったら・・・・あらららら。吟味すればよかったかなと反省してます。

遺影は、舅のお友達が描いて下さった似顔絵。写真よりもずっと舅の雰囲気が出ています。

f0061402_11544319.jpg


大急ぎで準備した御法事でしたが、無事に終わってほっとしてます。

by asahikanokami | 2011-01-19 11:54 | 我が家の日常
<< 越中山(新地の昔話) 朝はどこから >>