元朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

お汁粉の思い出

前の日記のコメントに、お友達のmamiちゃんが、支援物資の中に入っていたコーヒーを飲んだ時に、震災後に余裕もなく必死に生きてきたことに気が付き、ほっとした瞬間に涙が出たことを書いてくれました。

それを読んで思い出したことがあります。

3月20日のこと。厨房で食事の用意をしていたお母さんたちから
「今日はお彼岸のお中日だどな」

「家族を亡くした人はせめておはぎぐれぇ(ぐらい)はあげでど(あげたいと)思ってっぺな」

「砂糖もあまり無いし・・・・・第一小豆が無いべ」

「待ってろ、待ってろ(待って、待って)〇〇ちゃんに電話かけてみっから。あそこは流されてないから小豆があっかもしんね(あるかと思う)」

そして

「〇〇ちゃんが残っている小豆を全部くれるって!!」

という返事に歓声が上がりました。しかしもらってきた小豆では、おはぎをこしらえて全員に配れるほどの分量がありませんでした。

「ほんでは(それなら)お汁粉だ。誰か役場に行って交渉して砂糖をもらってきて」

「交渉係はてっちゃんしかいないべ」

こうして、もらった小豆と、おっとっとが支援物資置き場から探し出してきたお砂糖二袋で、お汁粉作りが始まりました。

まだまだ寒かった避難所。その時も120人ぐらいはいたでしょうか。白玉の小さな、ほんとうに小さなお団子が一つ入った甘みも足りなくて薄くてシャバシャバしたお汁粉が全員にふるまわれました。

「今日はお中日です。おはぎとまではいきませんが、亡くなられた方をしのんでお汁粉をいただきましょう」

あちらこちらからすすり泣きが聞こえました。涙でお汁粉をいただきました。

ある人が
「じいちゃん(ご主人)が流されて、それでも涙も出なくて・・・・・。なんて薄情なんだべって自分を責めてきたけど、今日、初めて泣いた・・・・・・・。ありがとう・・・・・・」
って、そっと言いました。

それまできっと、気持ちが張り詰めていて、自分の素直な感情を出すことができなかったのだと思います。
毎朝
「元気?大丈夫?」
と聞くと
「元気だよ。大丈夫」
と答えて、時にはおっとっとの下ネタに大笑いしていた明るい方なのに、辛いと言ったら、泣いたら、そこで折れてしまう、くじけてしまう自分がいたのでしょう。

体は食べ物で作られているのだから食事をおろそかにしてはいけないと母から教えられました。何をどう料理して食べるかで自分の体が違ってくると。

今回感じたのは、心も食べ物で作られているのだということです。

命とは、心と体の合わさったものだとするなら、命を育むのは食べ物。食べ物は体と心をつくているのだと、この身を持って感じることができました。

甘みも足りなくて薄いお汁粉でしたが、作る人の気持ちと食べる人の気持ちが重なったとき、それは大きなエネルギーとなって疲れ果てた体と心を満たしました。

愛などという言い古された言葉を使いたくないのですが、もし、なにか食べたときに愛を感じることができたなら、そこから元気が生まれ、そして元気があれば一歩踏み出せます。希望も持つことができます。

3月11日の夜。寒かったけれど夜空には満天の星が出ていました。
多くの方があの星明りを頼りにして、迷うことなくお空に昇っていかれたことでしょう。

そしてあのお汁粉が、亡くなられた方にも、残された私たちにも、何よりの供養のお汁粉になりました。



      *彼岸とて  温き汁粉の 配らるる

      *命まで   流されし人  春彼岸

      *抱き合いて 無事を喜ぶ 給水所

      *春寒の   体育館に   遺体百

      *わが町は 瓦礫となりて ツバメ待つ

      *避難所の 凍てつく窓に 春の月

      *被災者と 呼ばれし我よ ツバメ来よ

by asahikanokami | 2011-06-29 11:20 | 避難生活
<< 奇跡の本「新地の昔話」 美地ちゃんの歌声に包まれて >>