元朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

マイタウンマーケットはクリスマス!

24日にマイタウンマーケットが開催されました。

今回の目玉は「しんちの湯」と名付けられた足湯。
前日から大騒ぎで準備していました。
(すみません。前日は妹夫婦と日帰り温泉に出かけて留守でした。準備を手伝っていません)

想像以上の大きさにびっくりでした。でもこの大きさがくせ者。大きな電熱器二個で温めているのですが、なかなか温まりません。子供たちが待ち遠しらしく、しょっちゅう覗きに行っては手を差し込んで湯加減を見ています。

f0061402_13381189.jpg


お湯が熱くなるのを待ちかねて子供たちが入っていました。
「いい湯だよ~~」

f0061402_1340215.jpg


それから次の目玉は、チョコレートショップ。手作りチョコのお店です。М&Aと言うショップの名前は、みくちゃんとあずさちゃんの頭文字なそうです。

f0061402_13412922.jpg


f0061402_13421956.jpg


チョコフォンデュやトリュフはおいしかったし、大きなハートのちょこに可愛らしくデコレーションをしてくれたものはもったいなくて食べることができませんでした。しばらくはお部屋に飾っておこうと思います。

f0061402_13433464.jpg


そしてもう一つ。おやしきと言う建物。この謎のテントの中はお化け屋敷でした。
写真と取るのを忘れたのでアップできませんが、中は迷路のようになっていて、生首があったり、突然に壁から手が出てきたり、こわ~~~いお化け屋敷でした。小さい子供が泣いていましたから、その怖さをご想像ください。

その他におでん屋さん。大きな具材が二個で50円。100円分食べたらおなかがいっぱいになりました。
お出しの味がすごくよかったです。

f0061402_13444047.jpg


あたたかくておいしいおでんはあっという間に売り切れ。そしておでんが無くなって、出し汁だけが残りました。
そこは、主婦歴何十年のお母ちゃんたち。
玉うどんとねぎを入れていっぱい10円で売り始めました。うどんもあっという間に売り切れ。すると今度はお餅とみず菜を入れてお雑煮にしました。これもあっという間に売り切れ。
結局、お鍋はお出しもすべて無くなり、すっからかんになりました。恐るべし!お母さんたちのアイディア。

ロケットストーブも大活躍。暖房として、又焼き芋を焼いたりしてストーブの周りに人が集まっていました。

f0061402_1346583.jpg


夕方からは、クリスマス会を兼ねて反省会です。
ハワイからサンタさんもやって来ました。この竹林さんと言う方は、ハワイから8回も炊き出しに来てくださっています。ありがたいことです。

f0061402_13474337.jpg


鎌倉市から、毎週(皆さん、毎週ですよ!)瓦礫撤去のボランティアと物資援助に来てくださっている岡野さんからの玩具のプレゼント。大きな玩具に子供たちの喜びようはすごかったです。

そして同じように毎週(この方も毎週ですよ!すごいですよね)南三陸町などの被災地にロケットストーブを配りながら、支援活動をしている、南極越冬隊だったheeさんがくださった南極の氷。大人も子供も何億年も前の空気が入っている氷を飲み物に入れて、太古のロマンに思いをはせました。

f0061402_13482576.jpg


お料理もいっぱいあって、お酒もいっぱいあって、大人も子供も楽しい時間を過ごすことができました。

f0061402_1349319.jpg


f0061402_13501048.jpg


いつもマイタウンマーケットを支えてくれているボランティアの北澤さんと西川さん。そして新地高校の生徒さん達。元気な仮設のお母ちゃんたち。裏方を一手に引き受けてくれるお父ちゃんたち。

本当にありがとう!!とても楽しかったです。また来年も楽しみにしています。次回も期待しています。

by asahikanokami | 2011-12-28 13:50 | 避難生活
<< ありがとうございました しゃがみこんで >>