元朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

相馬名物???

夕べのお客様。今夜も連泊のご予定です。

夕食の時に
「明日の夕食に相馬名物の焼き魚をお願いします。なんて言ったっけ、今日のお昼に食べたあの魚の名前?」
とご家族に聞きました。

「え~~と、なんだっけ?」
「何とか言う名前・・・・」
「・・・・・鯛、なんとか鯛だよ」

「何とか鯛?・・・・あっ!ツボダイですか?」
と私が言うと、嬉しそうな顔をして
「そう、そう!ツボダイ、ツボダイ。あれを焼いてください。相馬名物と書いてあったので今日のお昼に食べたんです。美味しかったので」
と言うのです。

その後、お客様にどう言ってお断りしたら良いのか迷いました。
せっかく食べたいと言うのに・・・・。ツボダイはいとも簡単に手に入るのですが・・・。

実はツボダイって冷凍魚なんです。南氷洋で獲れたものの頭を切り落として冷凍したものなんです。相馬沖で獲れたものではありません。ダンボールに詰められて送られてきた魚です。

油っこいので、濃厚な味が好きな人は好きな魚ですが・・・。
絶対に相馬名物ではありません。

でも相馬市の松川浦に行くと、確かに大きく「相馬名物 ツボダイ定食」って書いてあるんですよね。

海のそばで売っているから新鮮な魚のような錯覚をしてしまいますが、冷凍のお魚です。(冷凍が悪いというのではありません)

我が家ではせっかくここまでおいでくださったお客様に、冷凍は出せないだろうということで、地元のお魚を使っています。お魚も塩釜漁港に上がったお魚のほうが値段が安いので、大抵の旅館は塩釜物を使っています。(美味しいです)
でも、やはり地物のお魚を使いたいですよねぇ。あえて地物にこだわっています。

それにしても、食堂のおじさんに言いたい!
「冷凍魚を相馬名物にしないでくれ~~~~!!」

お客様には気分を悪くしないように、言葉を選んで、ちょっとしどろもどろになりながら説明して、違うお魚を焼くことに納得していただきました。今夜はイシモチを焼きます。今が旬で美味しいです。

by asahikanokami | 2006-08-02 12:36 | 我が家のお客様
<< 梅干 神様がお連れ下さったお客様 >>