元朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

福島県知事選挙の投票日

今日は11・12(いい ひと に)で、福島県知事選挙の投票日でした。

新地町選挙管理委員の私は朝、9時から会議。最後の選挙人名簿の確定をしました。

その後、広報カーに乗って、町内を啓発活動。
「今日は福島県知事の投票日です。忘れずに投票しましょう」
と放送しながら町内を一回りしました。

普段は通らない道を車を走らせました。(私は乗っているだけですが)

そして、気がついたことがあります。

新地町ってきれいだなぁ~~!!ということ。
山々はカエデやクヌギが錦を織り成し、杉林の緑のとコントラストが見事です。

里では柿の木や柚子の木に、枝もたわわに実がなっています。
どこのお家のお庭にも菊が咲き乱れていてきれいなことこの上もありません。

町内を廻っていて、こんな美しい所に住んでいることに気がつき、とても幸せな気分になりました。

午後も町内を一回りしました。

18時で投票は終了。
20時から開票。35分という短時間で、開票作業が終了して、票が確定し、21時には帰って来ました。

今テレビで開票速報を見たら、自民、公明推薦の森まさこさんを破って、民主、社民推薦の佐藤ゆうへいさんが当選確実になりました。

新地町では、森さんが2303票、佐藤さんが1737票で、森さんの方が得票数が多かったです。(投票数4323票。投票率62.95パーセント。投票率が悪かった・・・・)

多くの県民が期待を込めて一票を投じたのですから、佐藤さんは県民の信頼を裏切ることなく、うつくしま福島を住みよい県にして欲しいと思います。

by asahikanokami | 2006-11-12 22:59 | お知らせ
<< 焼き牡蠣を食べ損ねた・・・・ 安波津野神社のお祭り(長文です... >>