元朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

餅花(新地では団子さしと言います)

餅花を作って飾りました。
新地では団子さしと言います。
f0061402_22552379.jpg

f0061402_22554517.jpg

f0061402_22561980.jpg

餅花は小正月(1月14日)の飾るのが本当ですが、我が家ではお正月の雰囲気が出るので、いつも年末に作ります。

今日はお餅を搗いて紅白にして、柳の木に飾りました。新地では柳ではなくて、ミズキに飾るのが伝統らしいです。でも、ミズキがなかなか手に入らないので、柳にしました。

飾り付けるのに2時間もかかった・・・・。大広間にお花を活けるつもりだったけど、くたびれたので明日にします。

今日は大晦日。

新地の大晦日は「お歳取り」と呼ばれます。昔は数えで年齢を数えたので、大晦日に一つ歳をとる事から、こう呼ばれるのです。

仙台辺りでは歳取り魚はナメタガレイですが、浜なのに、なぜか新地の歳取り魚は塩ジャケと納豆なんです。新地に嫁いで長年たちますが、毎年不思議に思います。そのうち、長老に聞いてみようと思います。

今さっき、年越しそばを宿泊のお客様にサービスして、大晦日の今日の仕事はこれで一段落です。

明日は早朝から宿泊のお客様のおせちとお雑煮の用意があります。
初日の出の写真を撮りに行きたいのですが、はたしてそんな時間が持てるでしょうか???

「大晦日 大忙しの 女将かな」

な~~~んてのんきに俳句などひねっている場合じゃありませんね。あ~~~いそがし!いそがし!

by asahikanokami | 2006-12-31 22:58 | 我が家の日常
<< 釣師浜の初日の出 かぼちゃ >>