元朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

南イタリアの旅 19 (ドラゴンボール)

16時ごろ、やっとマテーラに到着しました。

ここは「サッシ(単数形だとサッソ。複数形がサッシ)」と呼ばれる洞窟住居があります。

f0061402_15412012.jpg


f0061402_15413782.jpg


石器時代にさかのぼると言われる岩山に掘られた洞窟住居。
11世紀ごろには、イスラム教徒の迫害から逃れたキリスト教徒が住み、教会を作り、その後は貧民が住み込み、スラム化しました。

不便さと不衛生という理由でゴーストタウンになったのを、最近は文化財としての価値が認められて、芸術家などが住むようになって復興しつつあるそうです。

f0061402_15415938.jpg


以前にトルコのカッパドキアに行った時も、同様の洞窟住居がありました。

またここで映画「パッション」が撮影されました。
キリストが十字架を背負って鞭打たれながら坂を登っていく場面は、ここで撮ったそうです。

f0061402_15422570.jpg


マテーラ。セピア色の街。見ているだけで感動します。

f0061402_15425137.jpg


サッシが一望できる共有スペース(ビチナート)で、観光に来ていた美女と一緒に写真を撮りました。

f0061402_15431194.jpg


子供たちも遊んでいました。私たちが日本人だとわかると
「ドラゴンボール!ドラゴンボール!」
と言って、なにやらポーズをとるのですが、ドラゴンボールを知らない私は、そのポーズが何を意味しているのかわからず残念でした。

もしわかっていたら、一緒に遊べたのになぁ。
きっとドラゴンボールは、イタリアでも放映されていて子供たちに人気なのでしょうね。

ちょっと前までは、イタリアの子供の人気者はピカチュウだったと添乗員さんから聞きました。日本のアニメの質の高さを思いました。

それにしても・・・ドラゴンボール・・・一度ぐらいは見ておくべきでした。残念!!



     * シエスタの 街踏み迷う 風青し   (シエスタ:午睡)

     * 蝶迷う 路地裏 我は 異邦人


by asahikanokami | 2007-06-19 15:43 | 旅の話
<< 南イタリアの旅 20 (イタリ... 南イタリアの旅 18 (6月1... >>