元朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

南イタリアの旅 21 (イタリアの親戚に出会う)

さていよいよ念願のアルベロベッロです。

「いよいよベロベロバァだよ!」
「あははは。ベロベロバァに着いたか」
二人でバスの中で大笑いしました。

おっとっとが出発前にアルベロベッロのことをベロベロバァと言ったのです。それを思い出しました。

アルベロベッロが近づくと、道端にトゥルッロ(単数形。複数形はトゥルッリ)があちこちに見えてきました。家畜小屋、農機具小屋、住居などなど。

漆喰を塗った真っ白な壁の上に、平たい石を三角に積み上げた不思議な形の家、トゥルッリ。

f0061402_1555932.jpg


ホテルの到着して窓を開けたら、目の前にトゥルッリが並んでいた時には感動で大声で
「すてき~~~!!」
と叫んでしまいました。

f0061402_15502945.jpg


f0061402_15504916.jpg


f0061402_155143.jpg


さて今夜の宿は「デイディホテル」
そこのオーナーが出てきたときに、思わず
「おっとっとの親類じゃないの?」
と聞きたくなりました。

体型といい、顔といい、歩き方といい、そっくりなのです。
翌日、一緒に写真を撮ってもらいました。

f0061402_15541872.jpg


似ていると思いませんか? そっくりですよね。

by asahikanokami | 2007-06-19 15:55 | 旅の話
<< 南イタリアの旅 22 (達磨さ... 南イタリアの旅 20 (イタリ... >>