元朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

南イタリアの旅 32 (やっぱり!!)

あまりの雨でギリシャ劇場で解散となりました。一本道なので迷子になることはないから、下の広場に1時間半後に集合と言うことになりました。

f0061402_218128.jpg


とりあえずトイレに入ってからと思い、トイレに直行しました。すると先に入った方が
「女性のトイレが故障していて、中が大変なことになってますよ。使えないです」
と言います。

おっとっとは男性用を無事に使用できたみたいで、涼しい顔で帰ってきました。

「女性用が故障で使えないんだって・・・・」

「ほんでは(それなら)見張ってやるから男性用に入ったら良いよ」

おっとっとは見張りしてくれたので、女性が順番に男性用を使用しました。私が最後にトイレに入りました。すると外が騒がしいのです。怒鳴り声が聞こえます。恐くなって大急ぎでトイレから出ました。

すると女性用のトイレの所に一台の車が止まっていて、車の中のおじさんと、トイレ修理に来たらしいおじさんが口論していました。

いや、あれは口論とは言わないでしょう。お互いが相手の話を聞かないで一方的に自分の主張をしています。相手の言うことは全然聞かないで、自分の言いたいことを怒鳴りあっています。

イタリア語が理解できないので間違っているかもしれませんが、雰囲気からするとお互いに同じ事を言い合っているようです。

するともう一人が現れて仲裁に入りました。言い合っていた二人はお互いに同じ事を言っているのがわかったようで、ニッコリして握手をして、それから車の人が手を振って帰って行きました。

f0061402_2185275.jpg


「ねえ、あの二人、同じ事を言い合っていたんじゃないの」

「お前もそう思ったか?俺もそう思った。俺はもしかしたら前世はイタリア人かもしれない。まるで自分を見ているようだった」

ぐふっ。やっぱり!
人のはなしを聞けないおっとっと。友人達はおっとっとに話を聞いてもらいたい時には
「てっちゃん。まず黙って最後まで俺にしゃべらせろ。てっちゃんの話しはそのあと聞くから。まずは俺にしゃべらせて、てっちゃんは黙ってろよ」
と念を押します。

それでも
「話中ごめんな」
と相手の話を聞かずに自分の話を始めます。悪い癖です。

そこぬけに明るい所といい、いい加減なところといい、人のはなしを聞かずに自己主張するところといい、あなたは典型的な南イタリア人です。

f0061402_741216.jpg


     * 旅先は マフィアの国とて サングラス

     

by asahikanokami | 2007-06-22 21:09 | 旅の話
<< 南イタリアの旅 33 (本場の... 南イタリアの旅 31 (ギリシ... >>