元朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

南イタリアの旅 41 (姉歯さんの設計???)

パレルモでの宿泊も大きなホテルです。

f0061402_22571413.jpg


私たちのお部屋は14階。
エレベーターで上がりました。廊下を歩いていると体が揺れます。車酔いでしょうか?

お部屋について荷物の整理を始めてもまだ揺れています。
「体が揺れる・・・」
と言うと、おっとっとも
「俺も・・・」

もしかして揺れているのは私たちではなくてホテル???

強風にホテルが揺れているのです。恐い!!
ベランダに出てみるとベランダとお部屋の間に亀裂が入っていて、段差が出来ていました。恐くてベランダには出ることが出来ません。

「イタリアには建築基準法なんて無いのかしらね」

「無いかもしれないな。このホテルはきっとイタリアの姉歯さんの設計だな。そうだ!姉歯さんも日本で営業しているから捕まったんだよ。イタリアで営業したら大丈夫だったんじゃないのか。今度姉歯さんにイタリアに行けと教えてやるべぇ」

そうそう。前日泊まった大きなホテルのエレベーターも
「まだ乗れるわよ」
と最後に2人乗ったら、ガクンと音がしてエレベーターが5センチほど下に下がりました。
誰ともなく
「シンドラー社製のエレベーターだ!」
と言う声がして、半分ぐらいの人はエレベーターを降りて階段を徒歩で登っていきました。

姉歯さん。あなたもおっとっと同様、どうやらイタリア向きの人のようですよ。

しかも、私たちが宿泊した部屋には、14階なのにアリが出ました。枕元に黒い点々がうごめいていたのには驚きました。きっと誰かのスーツケースの底にでもくっついてきて、ここで繁殖したのでしょう。

荷物整理もそこそこに、ティッシュ片手に、アリつぶしをしました。

by asahikanokami | 2007-06-28 22:57 | 旅の話
<< 南イタリアの旅 42 (主の手... 南イタリアの旅 40 (夕食は... >>