元朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

梅を50キロ漬けました

12日に50キロの梅を紫蘇漬けました。

半分は自家用。残りは漬け上がるのを待っている友人達のため。

去年
「小さめの梅を」
と農家にお願いしたら、小さすぎる梅でした。今年は
「大き目の梅を」
とお願いしたら、ピンポン玉ぐらいもあろうかという大きな梅が届きました。3分の1ぐらいは小さめのも混じっていますが。

実物を見ないでの注文なので、なかなか思うように行きません。

無農薬の梅なので、虫食いもあり、またアバタもありです。
せっかくの梅なので、塩も天然塩です。紫蘇も無農薬で栽培してもらいました。これまた、青虫がまぎれていて、何度も洗いました。

塩漬けをして2週間が過ぎ、紫蘇が届いたので、紫蘇を塩もみをして梅と一緒にして漬け直しました。漬け終わるまで丸一日の仕事でした。


「梅漬け」

* 雨なれば 梅の始末と 身支度す

* 亡姑(はは)まねて 祈るごとくに 梅漬ける

* 手の平に 梅の固さや 雨しとど

* 食む(はむ)人の 笑顔思いて 紫蘇を揉む

* 腰まげて 梅漬けし亡姑(はは)在りし日よ

* こぼれたる 梅一粒を 漬け忘る

* 紫蘇の香を 厨に広げて 梅雨さなか

* 漬け終えて 梅の香のする 指を持つ

あとは梅雨が明けて、炎天に並べて干すのを待つばかりです。
カビが生えずに美味しく漬け上がるかどうか、心配でもあり、楽しみでもあります。

by asahikanokami | 2007-07-17 16:03 | 我が家の日常
<< 知恵袋 クローズアップ現代に出演することに >>