元朝日館の女将のてんてこ舞日記


東日本大震災で被災した小さな旅館の女将の日々
by asahikanokami
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

今日は娘の誕生日

今日は娘の誕生日です。

生きていたらいくつになるのかな?
私の中ではずっと27歳のままです。死んだ子の年を数えると言いますが、なぜか数えたこともなく、いつも27歳の娘のままです。

以前は闘病中のつらい思い出ばかりが浮かんで、涙が止まらなかったのですが、7回忌を過ぎたあたりから、時々、元気なころの娘の笑顔も思い出すようになりました。

そしてなんと!偶然にもおっとっとの妹が二人、お互いに相談したわけでもないのに遊びにきて、我が家で鉢合わせになりました。

二人とも、娘が生まれた時はまだ結婚前だったので家にいて、すごくかわいがってもらいました。

闘病中は、まるで自分の娘のように心配し、看病してくれました。ありがたかったです。

「今日は菜穂の誕生日なんだよ」

「えっ!じゃあ私たち菜穂ちゃんに呼ばれたんだぁ」

「そんなこと知らないのに、なぜかケーキを買いたくなって、菜穂ちゃんが大好きだったお店までわざわざ行って買ってきたのよ」

私は娘が亡くなった当座は
「あれほど毎日必死になってお願いしたのに聞き入れてもらえなかった。この世に神も仏もあるものか!!」
と、世の中すべてを恨んで暮らしていました。

しかし徐々に、神様も仏様も確かにそばにいて、ずっと私を見守っていてくださったんだと思えるようになりました。

そしてさらに最近は、娘の姿は目に見えないけれど、ずっと私のそばにいると確信して生活しています。

今日も、娘は大好きなおばちゃんたちを、自分の誕生会にご招待したようです。

by asahikanokami | 2008-02-28 20:56 | 亡くなった娘の話
<< 重曹と塩と黒酢でエステ こち吹かば~ >>